【比較】債権管理システムのおすすめ12選!日頃の管理をしっかり行いミスを防止

債権管理システムとは、債権管理を円滑にして日々の業務ミスの防止を実現するツールです。後払い決済が多くなっている現代において、代金の回収債権管理はミスが許されない作業で、確実性と効率化を実現したい企業も多いのではないでしょうか。

しかし「債権管理システムが多くてどれが自社に適しているかわからない!」と思っていませんか?

そこで今回は、そんな疑問を解消するため「債権管理システムのおすすめ」やメリット・注意点について紹介・解説をします!



債権管理システムのおすすめ12選!

クラウドERPZAC

公式サイト:https://www.oro.com/zac/

クラウドERPZACの特徴とメリット

ZACは、クラウド型の統合型業務システムで案件プロジェクト別の収支管理を中心機能にしています。カバーしている業務は、プロジェクト管理・販売管理・購買管理・工数管理・勤怠管理・経費管理など多種多様。

インターネット経由でソフトウェアを利用するためクラウドSaaS型によるサービスの提供を行っています。

導入に関してはデータセンサーの利用により、新たな設備投資や設備の購入は不要。利用したぶんだけの費用が発生するため初期コストの大幅な削減につながります。

また、クラウドサービスによって高度なIT知識は不要。

さらに、OSを問わない手軽な利用も可能で、社内はもちろん社外でも業務効率化を実現できます。もちろん機能は幅広いだけではなく十分な活用ができます。

プロジェクト収支管理や個別原価計算の自動化・売上利益の正確な予測に加えシステム統合による業務効率化を実現。

データの重複入力といった無駄を省き、管理部門の人的コストの大幅な削減や月次決算の早期化までできるのです

データ保持も万全で、災害を見据えたデータバックアップや、システム環境の監視サポート対応といった高いレベルの保守と運用も実現しています。

クラウドERPZACの料金

クラウドERPZACは完全個別見積もりとなっているため、問い合わせが必要です。

クラウドERPZACの口コミ

プロジェクト管理が本来あるべき姿に変わりました。何か異変が起きていればいち早くそれに気付けるし、手を打てる。しかも管理者だけでなく、現場の社員同士がお互いのプロジェクト進捗を閲覧できるので、黙っていてもすぐに異変が分かるようになりました。

引用:https://www.oro.com

OBIC7会計情報システム

公式サイト:http://www.obic.co.jp/erp_solution/accounting_info/

OBIC7会計情報システムの特徴とメリット

OBIC7会計情報システムは、業務改善とそのプロセスの可視化や予算統制マネジメント・会計基準・制度改正にも迅速に対応できる一元管理を可能にしています。

業務プロセスの標準化と非属人的な業務継続性の確保といった、ERPの活用による効率的な業務を実現。非会計情報から部門業績評価など、さまざまな角度視点から管理会計や予算統制マネジメントを実現し、経営の意思決定にも役立ちます。

また、財務会計システムでは、複数会社管理や本支店会計に対応し仕訳から決算報告までトータルサポート。債務支払管理システムとしても、売掛・金未払金情報を集約し旅費経費ワークフローシステムとも連携が可能です。

さらには、手形の管理から固定資産の管理まで、十分に活躍できるシステムです。

OBIC7会計情報システムの料金

OBIC7会計情報システムは完全個別見積もりとなっているため、問い合わせが必要です。

OBIC7会計情報システムの口コミ

プロジェクト物件ごとの収支管理が可能となり、また管理会計機能を合わせて活用することで、事業別・部門別・ブランド別など、さまざまな切り口による「売上・収益の実績」や「予算管理」などが行えるようになった。

引用:http://www.obic.co.jp/erp_solution/accounting_info/

ACT-NetPro(アクトネットプロ)

公式サイト:http://www.actnetpro.jp/

ACT-NetProの特徴とメリット

ACT-NetProの提供元であるBBSは、1987年から500社を超えるさまざまな企業に会計パッケージ開発導入会社の老舗です。この豊富な経験とノウハウを活かして、多くの企業の体制や要求スピードに応じた導入を可能にしています。

もちろん、そのシステムは自社の業務にフィット。パッケージ機能の活用プランを自社に合わせて提示しており、システムの導入効果を最大限にしています。

利用者に合わせた抜群の操作性も特徴で、経営トップから現場の担当者経理の担当まで会計データを扱う全ての業務を意識した操作性が好評です。

その秘密は充実したインターフェースと自動仕訳エンジン。自動仕訳エンジンは業務システムデータをそのまま会計システムデータとして取り込むことができ、経営管理に必要な細かい情報まで把握しながら柔軟な対応も可能にしています。

また、プランニングから運行運用定着まで一括支援も行っています。

ACT-NetProの料金

ACT-NetProは完全個別見積もりとなっているため、問い合わせが必要です。

ACT-NetProの口コミ

短期間・低コストで導入可能で、必要に応じてカスタマイズや将来の拡張が容易な会計パッケージソフト「ACT-NetPro」を有していたことも、BBSさんを選んだ理由の一つです。

引用:http://www.actnetpro.jp

V-ONEクラウド

公式サイト:https://www.r-ac.co.jp/v-one-cloud/

V-ONEクラウドの特徴とメリット

V-ONEクラウドは、入金の取り込みから債権管理督促業務までワンストップで対応できるシステムです。
入金回収業務に特化した業務システムとして数多くの実績があり、安価で安定したクラウド環境上でのサービスを提供しています。

各金融機関からの流れは正確でスムーズ。入金データの取得や複数工場の入金管理・残高の確認・入金仕訳までスムーズに行うことができるのです。

接続可能金融機関は3,000サービスを超えており、多くの金融機関に対応出来ることも魅力のひとつです。機能として機械学習を実装しており、詳細な自動照合ロジックの設定によって高精度の自動照合率も実現しています。

サポートも万全で、専属スタッフが稼働前のコンサルティングから稼働後までを担当。専属スタッフは数多くの経験と専門知識を持っており、必要であれば業務の改善に関する提案も実施してくれます。

V-ONEクラウドの料金

V-ONEクラウドは完全個別見積もりとなるため、問い合わせが必要です。

V-ONEクラウドの口コミ

大規模システムでの効率化より、業務特化したV-ONEクラウド選択した同社。V-ONEクラウドの導入によって作業時間が1/3になり、浮いた時間をより頭を使う業務に活用できるようになりました。

引用:https://www.r-ac.co.jp/v-one-cloud/

GLOVIAきらら

公式サイト:https://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/services/application-services/enterprise-applications/glovia/glovia-kirara/

GLOVIAきららの特徴とメリット

GLOVIAきららは、販売・会計・人事給与の3つの業務をラインナップしたクラウド型の債務管理システムです。

自社の業務や要望に合わせた機能を選択できるので、業務の効率化とコスト削減を両立が可能。中堅市場導入社数シェアナンバーワンとして、幅広い業種業務の企業活動をサポートしています。

最も特徴的なのは、やはり機能が選べることです。従来のパッケージ型ではありがちだった「使わない企業があるのに費用が高い」や「機能が多すぎて使いこなせない」といった、無理と無駄を徹底排除。低コストでのサービスを実現しています。

販売・会計・人事給与の連携も可能でボタンのクリックのみでシームレスな連携を実現。導入段階でも業務間のデータの整合性を持たせることも可能です。

提供元が富士通ということもあって、サーバー管理や法改正バックアップは充実しています。導入前のアドバイスから導入後のフォローまで、徹底サポートしている点も安心のポイントと言えそうです

GLOVIAきららの料金

GLOVIAきららは完全個別見積もりとなっているため、問い合わせが必要です。

GLOVIAきららの口コミ

他社のソフトも検討したのですが、やはりサポート面が不安でした。特に会社の立ち上げ時期だったので、売り切りのソフトでは十分にサポートしてもらえないのでは?との不安がありました。その点、富士通はサポート体制がしっかりしていて、当社で新しい製品を作っても、すぐに相談にのってもらえるのが他社と大きく違いました

引用:https://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/services/application-services/enterprise-applications/glovia/glovia-kirara/

T-CHECK

公式サイト:https://www.toukei.co.jp/market/manufactur/t-check

T-CHECKの特徴とメリット

T-CHECKは確実な検収を行え、さまざまな業務で利用ができる低コストで短期間導入が可能な検収総合専門システムです。動作が非常に素早く、10万件の称号であれば1分で完了。

照合パターンも豊富で明細単位と伝票単位の照合が可能です。照合は出荷と返品といったさまざまなケースにも対応しています。

さらに、照合済・未回収・過回収・単価差異の自動振り分けも。データのリスト化やアンマッチの滞留数の把握も可能で、請求先へのスムーズな最速数値も実現しています。

加えて、自社の売上データをエクセル出力することもでき「検収データの取り込み後自動照合をかけるだけ」といった簡単操作も魅力です。

もちろん、セキュリティも万全で24時間365日対応。災害時の停電や外部からの攻撃にも、強固な設備とセキュアな環境で情報システムを守っています。

T-CHECKの料金

T-CHECKは完全個別見積もりとなるため、問い合わせが必要です。

T-CHECKの口コミ

T-CHECKの口コミは見つかりませんでしたが、豊富な実績と迅速な導入スピードが好評なサービスです。

Victory-ONE

公式サイト:https://www.r-ac.co.jp/victory-one/

Victory-ONEの特徴とメリット

Victory-ONEは、入金取り消しと債権管理業務に特化した国内でも数少ないシステムです。この分野に特化した製品は数少なく、独立型の製品だからこそ実現できる独自のノウハウを強みとしています。

既存システムや汎用オプションでは対応できない、入金取り消し・債権管理の課題を解決しており、数百社の債権管理業務を効率化してきた実績があります。

また、特徴としてはピンポイントでスムーズな導入が挙げられます。周辺システムや業務フローをなるべく変えないような、柔軟なインターフェースと連携機能を実現。

さらに、特化型システムだからこそのメリットとして、ユーザーの意見を反映したニッチで豊富な機能も搭載しています。

まさに、入金債権関係の業務をワンストップで効率化したいときにはうってつけのシステムと言えるでしょう。

Victory-ONEの料金

Victory-ONEは完全個別見積もりとなるため、問い合わせが必要です。

Victory-ONEの口コミ

入金消込の自動化という一点に特化している点を評価しました。またパッケージ製品でありながら、R&ACはインターフェースのカスタマイズ等の面できめ細やかな対応をしてくれました。マニュアルもわかりやすく、電話などのサポート体制もしっかりしていて、まさにかゆいところに手が届く対応でしたね

引用:https://www.r-ac.co.jp/victory-one/

支払管理の達人

公式サイト:https://www.tatujin.co.jp/products/tatsujin_shiharai/

支払管理の達人の特徴とメリット

支払管理の達人は、取引先ごとの支払い条件で債務額を自動振り分け、取引別・支払方法別・支払日別での帳票作成が可能なシステムです。

レイアウトは自社に合わせてカスタマイズ可能で、各財務会計ソフトにも連携可能。業務が属人化しがちだった、債権管理の手間や担当者の負担を効率的にしています。

毎月の支払い業務の簡素化が特徴的で、自動振り分けしたデータはリアルタイムに反映。クラウド版も提供しており、メンテナンスやサーバー管理の手間を省くことが可能です。

もちろん、各メーカーの財務会計ソフトにも対応しており、担当者の負担や手間を大きく削減できるような債務管理システムとなっています

支払管理の達人の料金

支払管理の達人は個別見積もりとなるため、問い合わせが必要です。
また、5日間の無料体験オンライン版と、インストール後90日間有効な無料体験セットアップ版があります。

支払管理の達人の口コミ

『手形の達人』で入金データを作成することができ、基幹システムとの連携がスムーズになりました。サポートセンターがあるので、疑問点があればすぐに質問でき安心して運用できます。銀行マスタ情報の最新版を常に入手できるので、自分で調べる手間がかかりません。

引用:https://www.tatujin.co.jp/products/tatsujin_shiharai/

MJSLINKNX-Ⅰ財務大将

公式サイト:https://www.mjs.co.jp/company/software/mjslink_nx1/module/accounts/

MJSLINKNX-Ⅰ財務大将の特徴とメリット

MJSLINKNX-Ⅰ財務大将は、会計業務の効率化に柔軟性と迅速性を発揮した経営基盤の中心として経営戦略に欠かすことができないシステムです。

勘定科目の自由な設計や、伝票入力データ検証の効率性も充実。帳票出力もPDFやExcelといったファイル出力が可能で、予算対比しやすい高度な比較資料も作成できます。

さらに、部門会計や本支店会計はもちろん、セグメント管理やプロジェクト管理といったさまざまな管理も可能。

予算の作成と対比も実施できるので、決算シュミレーションはもちろんそれに応じた予算の修正もできるます。

まさに、債務管理から経営基盤までトータルサポートしてくれる債務管理システムとなっています。

MJSLINKNX-Ⅰ財務大将の料金

MJSLINKNX-Ⅰ財務大将は個別見積もりとなるため、問い合わせが必要です

MJSLINKNX-Ⅰ財務大将の口コミ

ベースとなる資産情報のインポートはカスタマーサービスの方にお願いしました。今では必要な情報のインポート・エクスポートは私にも簡単で、導入時から初めてにもかかわらず、スムーズに操作できました

引用:https://www.mjs.co.jp/company/software/mjslink_nx1/module/accounts/

SMILE V会計

公式サイト:https://www.otsuka-shokai.co.jp/erpnavi/product/smilev-accounting/

SMILE V会計の特徴とメリット

SMILE V会計は、SMILE Vシリーズとの連携が可能な債務管理システムです。「SMILE Vワークフロー」や「SMILE Vドキュメント管理」などとの連携ができ情報の活用化を促進しています。

業務負荷の軽減として、データ連携や自動作成機能で日々の仕訳入力からスムーズに実施。その入力されたデータはリアルタイムに管理帳票へ反映されスピーディーな経営判断にもつなげることができます。

さらに、財務会計資料はもちろん、資料作成にも役立つ機能を搭載。セグメント別の実績資料も作成でき、多角的な分析が実現しています。

仕訳データの修正や削除履歴の保存も可能で、万が一誤った修正を行った場合であっても確認が簡単より正確なデータの維持が可能。

数々のデータはExcelに出力可能。予算や過去の実績を基にしたシュミレーションもでき一目で会社の状況把握も可能になっているのです。

また、消費税改正に対応している点も特徴の一つ。経過措置や複数税率に対応しておりより手間少なく確実な債務管理が可能になっているのです。

SMILEV会計の料金

SMILEV会計は、個別見積もりとなっているため、問い合わせが必要です。

SMILEV会計の口コミ

IT管理の専任担当者として当社に入社して1年半が過ぎましたが、大塚商会の担当者にはこちらの状況をよく理解いただいていて、何事も相談しやすいです。トラブルがあっても当日中に確実に対応してくれるスピード感に大変満足しています

引用:https://www.otsuka-shokai.co.jp/erpnavi/product/smilev-accounting/

GRANDIT(グランディット)

公式サイト:https://www.grandit.jp/

GRANDITの特徴とメリット

GRANDITは、ユーザー系SI企業を中核として作られた、コンソーシアムの事業会社として設立されたGRANDIT株式会社が提供しています。

コンソーシアムの最大のメリットは、複数社のノウハウを活かした商品開発。パートナー企業はさまざまな業種をサポートしており、各社が全く異なるノウハウを持っているのです。そのノウハウを集結させ、多くのユーザーにとって使いやすいERPパッケージの構築を実現しています。

幅広い企業規模や業種に対応できる柔軟性があり、無駄がないのでカスタマイズも最小。

債務管理としては、銀行振込・手形電子・記録債権といった多くの決済方法に対応しており、売上・仕入・請求・回収・支払いといったサイクルや外貨建取引にも対応可能です。自動の回収消し込みやスケジューラーによる支払い処理によって、決済業務の効率化を実現しています。

また、マルチブラウザマルチデバイスへの対応しており、企業の働き方改革の実現をサポート。多言語と他通貨にも対応可能で、生産拠点に止まらないリアルタイムな連携も実現しています。

クラウドでの提供になるので、システム構築の初期コストといった導入に関わる費用をグッと抑えることも実現しています。

GRANDITの料金

GRANDITは完全個別見積もりとなるため、問い合わせが必要です。

GRANDITの口コミ

手作業だった業務は『GRANDIT』の標準業務フローや機能を参考に見直しが図られ、システム導入後は、伝票起票から決算書作成、納税までが一連の業務として統合・標準化され、ミスもなくなり大幅な業務効率化が達成できました

引用:https://www.grandit.jp/

URIHO(ウリホ)

公式サイト:https://uriho.jp/

URIHOの特徴とメリット

URIHOは、取引先の突然の倒産や経営悪化による未入金リスクの解消や、売上拡大業務・効率化も実現している債務管理システムです。取引代金の未入金時に支払いを行い、売掛保証サービスとして累計12万社以上の保障を引き受けている実績があります。

保証の対象は小規模起業家から個人事業主にまで及ぶので、質の高いリスク管理が可能。倒産に加え支払い遅延も対象となっており、督促や回収にかける手間が削減できます。

非常に利用がしやすい点も魅力で、なんと月額利用だけで何社でも保証可能。初期費用や審査料といった費用もかからず、導入がしやすい点も魅力です。

URIHOの料金

URIHOの料金は以下の通りです。
30日間の無料トライアルがあります。

プラン名 月額 合計補償額 1社あたりの保証額
Aプラン 9,800円 1,000万円/月 ~50万円
Bプラン 19,800円 2,000万円/月 ~100万円
Cプラン 29,800円 3,000万円/月 制限なし

 

URIHOの口コミ

URIHOを利用し始めてからは新規のお客様に対しても積極的に掛売りをご案内できるようになったため需要にしっかりと応える事が可能になりました。また、既存取引先についてもこれまで後払いが難しかった先へ掛売りをご案内する事で取引が円滑に進み売上拡大に繋がっています。

引用:https://uriho.jp/

債権管理システムを導入すべき企業

債権管理システム導入すべき企業は、売掛金や入金などを一括で管理したい企業です。
取引先によっては購入日と入金日が異なることも多く、入金も分割で行われるケースもあります。そうなると、エクセルや会計ソフトでの管理が手間になってしまい、時にはミスに繋がってしまうことも。

債務管理システムによる一括管理を行えばミスも防止でき、自動で行う部分を増やせば手作業によるミスも軽減されるでしょう。

また、回収効率の上昇も見込めるようになります。債権管理で問題になる点として、未回収や入金の延滞があります。

その場合も債務管理システムを導入すれば、ひとつひとつ調べるといった手間から解放され、回収タイミングを逃すことがなく効率的になります。

このように債権管理に時間がかかっていたり、手作業が多かったりする企業は、債権管理システムを導入すべきでしょう。

債権管理システムを導入するときの注意点

債権管理システムを導入するときの注意点は以下の2つです。

  • 債権管理システムを使用するユーザー
  • どこに付帯する製品か

ひとつずつ解説していきます。

債権管理システムを使用するユーザー

債権管理システムは企業によってユーザー部門が異なるもの。大きく分けると経理財務部門と営業部門ですが、どちらが利用するかに言ってシステムも考えなくてはなりません。

たとえば、営業部門が使う場合は経理知識を持たないユーザーの使用を考慮する必要があります。

さらに、ユーザー数も多くなってしまうので、ライセンス費用体系のサービスの場合は注意が必要です。

加えて、入力画面が貸方・借方といった勘定科目ベースの場合は、非常に使いづらいシステムになってしまうでしょう。

どこに付帯する製品か

債務管理システムは、販売管理に付帯した製品と会計システムに付帯した製品があり、その特徴はそれぞれ異なります。

販売管理に付帯された製品は、営業活動の延長として債権管理があるようなイメージなので、得意先のマスタ管理や与信管理に強いシステムとなるでしょう。

一方、会計システムに付帯した製品の場合は、債権の形状や入金決済においてさまざまなパターンに対応可能です。債権管理への専門性も必要となるため、会計知識がない場合は使い勝手が悪くなってしまうケースもあります。

このように、導入する部署を明確にした上でシステムを検討しておかないと、かえって効率が落ちたり手間が増えてしまったりということもあるようです。

まとめ

このように、債権管理の効率化を期待できるシステムが多い債権管理システム。

しかし、各サービスの特徴や費用もさまざまです。債権管理にプラスして多くの機能が付属しているサービスもあり、どのような機能を重視するかがサービス選定の重要なポイントとなります。

債権管理の効率化と確実な処理を目指して、この記事を参考によく検討して活用しましょう!