【業界最安値】SaaSの比較・リード獲得サービス掲載はコチラ

【2022年1月最新】CRMツールおすすめ9選!顧客管理で売上を最大化しよう!

売上の最大化には顧客管理が必須。

しかし、いまだにExcelを使って顧客管理をしている企業もあるのはないでしょうか。Excelでの管理は、運用や共有が面倒・抜け漏れも生じやすいといったデメリットがあります。

今回はそんな悩みを解決するCRMツールについてお伝えします!

CRMとは?SFAとの違いって?

CRMとSFAは両方とも顧客情報の管理をメインとしたシステムのため、違いが分かりにくいという方もいらっしゃるかもしれません。

このため、まずCRMとSFAについて簡単に説明しますね。

名称 日本語訳 目的 特徴
CRM
Customer Relationship Management)
顧客関係管理 顧客を中心に事業戦略・プロセスを含めたビジネス戦略を考えること(売上の底上げを図る) 顧客情報を一元管理できる
SFA
(Sales Force Automation)
営業支援システム(営業活動自動化) 営業生産性の向上や売上予測・分析などを行い組織として営業力の底上げをすること 商談情報を一元管理できる

CRMとは、カスタマー・リレーションシップ・マネージメントの略。その言葉通り、顧客との関係を管理するマネジメント手法を意味しています。購入履歴や商談履歴など自社とのコミュニケーション情報をベースとして顧客ごとの情報を一元管理することができます。

一方、SFAとはセールス・フォース・オートメーションの略。組織としての営業力の底上げを目的としており、商談に関するデータを網羅して管理できます。

CRMとSFAには密接な関係があり、互いが融合することで売上の最大化につながります。

CRMツール導入のメリット

従来は製品重視のプッシュ型マーケティングが主流でしたが、現在は顧客中心のマーケティングへ移行してきており、企業の継続的な成長には顧客情報の管理が非常に重要となっています

このため、現在多くの企業でCRMツールの導入が進められています。

CRMツールとは顧客管理を支援するツールで、顧客とのやりとりや取引履歴、ToDoなどを楽に一元管理することができます。

CRMツールを導入し活用していくことで、

CRM導入のメリット
  • 顧客と良好な関係を保つのに役立つ(顧客満足度の上昇)
  • 関係部門各所で迅速に情報共有ができる
  • 営業担当者が効率的に業務を進められる
  • 営業部門全体のパフォーマンス向上(売上増加)

といった数々のメリットが享受できます。

顧客との関係性を良好に保ち顧客満足度を上げ、業務の効率化や売上増加につなげられるのは大きなメリットですね。

また、最近ではCRMツールにSFAの機能を取り込む、逆にSFAツールにCRMの機能を追加する事例も増えています。

POSシステムを導入していればCRMツールは不要?

従来のPOSシステムは既存の顧客情報のみ収集可能ですが、CRMツールは見込み顧客の行動履歴といった細かいデータまで管理できるツールです。

企業として勝ち残るために時代に合ったマーケティングを行っていくにはPOSシステムだけでは不十分で、CRMツールは必要不可欠と言えます。

CRMツールの料金プランは大きく2種類

CRMツールを導入しようと調べ始めると、その数の多さや各機能の違いなどに戸惑ってしまうかもしれません。

自社に合ったCRMツールを選びやすいように、ひとまず料金プランに焦点を当てて説明しますね。

現在、様々なCRMツールが世の中に出回っていますが、CRMツールの料金プランは大きく分けて2つあります。

  1. ユーザー毎課金型(ユーザー数によって料金が変動するプラン)
  2. ユーザー数無制限型(ユーザー数に制限がない固定料金プラン)

①ユーザー毎課金型

ひとつめの「ユーザー毎課金型」は、CRMツールを使用するユーザーの人数分だけ料金を支払えばよいという料金プランです。

使用人数があらかじめ決まっている場合や、CRM導入開始時の費用をなるべく抑えたい企業におすすめの料金プランです。

②ユーザー数無制限型

ふたつめの「ユーザー数無制限型」は、ユーザー数にかかわらず月額固定の料金を支払うプランです。

CRMツールを利用するユーザー数(アカウント数)が増えても一律料金で済むので、人数によっては「1.ユーザー毎課金型」より割安になるケースもあります。

「事業に携わる、なるべく全員で顧客情報を共有したい」という企業におすすめの料金プランです。

各ツールの特徴が比較しやすいよう、このあと「①ユーザー毎課金型」と「②ユーザー数無制限型」の2つに分けておすすめのCRMツールをご紹介しますね!

ユーザー毎課金型のおすすめCRMツール5選

まず、ユーザー毎課金型(利用ユーザー数によって料金が変動するタイプ)のおすすめCRMツールを5つご紹介します。

月額価格が低い順番に紹介していきますね。
最も安いプランの1ユーザーあたりの月額価格を基準に並べているので、選択されたプランやオプション、利用ユーザー数によって最終的な支払い価格は変動しますが、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Kintone – フルオーダーメイド型のCRMツール

公式サイト:https://kintone.cybozu.co.jp/

おすすめポイント
  • フルオーダーメイドで自社に最適な機能を搭載できる
  • ドラッグ&ドロップで簡単にカスタマイズ可能
  • 東証一部上場企業の4社に1社が導入済み

Kintoneは、フルオーダーメイドで自社業務フローへの柔軟な対応ができるビジネスアプリ作成クラウドサービスです。

一般的ではないニッチな要望にも対応できるほか、運用開始後の改修や追加も可能。

アプリの設計や作成の手間はあるものの、「ドラッグ&ドロップ」、「エクセルを読み込む」、「サンプルアプリから選ぶ」といった操作だけで簡単にカスタマイズできます。

東証一部上場企業の4社に1社が導入済みという実績からも、システムの信頼性がうかがえます。

自社の他システムとの連携も可能で、自動でデータのやり取りができるため、データ作成・情報共有・コミュニケーションがKintoneひとつで行えますよ。

Kintoneの料金

Kintoneの料金は、ライトコース・スタンダードコースの2つのプランから選べます。

初期費用は無料。1ユーザー単位での契約形式で、5ユーザーから契約可能となっています。

今なら30日間じっくりと無料でお試し利用できますよ!

プラン名 月額価格 備考
ライトコース 780円〜 アプリ数:〜200個
スタンダードコース 1,500円〜 アプリ数:〜1,000個

Zoho CRM – 低コストでCRMツールが活用できる

公式サイト:https://www.zoho.com/jp/crm/

おすすめポイント
  • 月額1,440円〜の圧倒的低コストで導入できる
  • シンプルでわかりやすいユーザーインターフェース
  • Outlook、office365、各種SNSなど他社サービスとの連携可

Zoho CRMは、基本的な標準機能を備えつつ、他CRMと比較して利用料金が安価に設定されているのが魅力のひとつ。

1ユーザーから利用可能かつ、費用は月額1,440円〜。低コストでCRMツールを導入したい企業におすすめです。

シンプルでわかりやすいユーザインターフェースで、導入後に「難しくて使えない…」とならないよう設計されています。

Outlook、office365、各種SNSなど他社サービスとの連携もできて便利です。

Zoho CRMの料金

無料・スタンダード・プロフェッショナル・エンタープライズ・アルティメットの5つの料金プランが用意されています。1ユーザー単位で契約でき、必要な人数分だけ費用を支払えばOK。

どのプランも初期費用やオプション料金は発生しません。

無料アカウントを作成すれば、エンタープライズプランを15日間無料でお試し利用できます。

プラン名 月額価格 備考
無料 0円 まずはお試しで使いたい方向け
スタンダード 1,440円〜 シンプルに始めたい方向け
プロフェッショナル 2,400円〜 本格的に活用したい方向け
エンタープライズ 4,200円〜 使い倒したい方向け
アルティメット 5,400円〜 より大容量で活用したい方向け

ちきゅう – 定着率99%!操作性の高さに定評あり

公式サイト:https://chikyu.net

おすすめポイント
  • 必要な機能だけのシンプル設計
  • 定着率99%
  • アラート機能つきで対応漏れのリスクを防げる

ちきゅうは、本当に必要な機能だけをシンプルに設計した管理画面が特徴で、使いやすさに定評があるCRMツールです。

「設定」「入力」「分析」が誰でも直感的にでき、チーム全体での有効活用が可能です。ストレスなく運用できる結果が、定着率99%という数字に結びついています。

データベースに持たせた「最終対応日」や「最終取引日」などの日付データからe-mailやChatWorkにアラートを送ることができ、対応漏れを防げるのも嬉しいポイントです。

ちきゅうの料金

ライト・スタンダード・プロ・エンタープライズの4つの料金プランが用意されています。

1ユーザー単位で契約でき、最低10ユーザーから契約可能。最低利用期間は1年となっています。

15日間の無料トライアル期間があるので、導入を迷っている方はまずお試し利用してみてはいかがでしょうか。

プラン名 月額価格 備考
ライト 1,480円〜 レポート数:〜30個
スタンダード 2,980円〜 レポート数:〜100個
プロ 4,980円〜 レポート数:〜300個
エンタープライズ 9,800円〜 レポート数:無制限

SugarCRM – カスタマイズ性が高い!

公式サイト: https://www.sugarcrm.com/jp/

おすすめポイント
  • オープンソース型のCRMソフト
  • 国内外合わせて1万社以上で採用
  • ニーズに合わせてカスタマイズできる

SugarCRMは、米国SugarCRM Inc.が開発したオープンソースCRMソフトで、国内外の1万社以上に採用されているという実績があります。

マーケティング・グループウェア・ワークフロー・帳票作成などの顧客管理・営業支援機能を網羅し、ニーズに合わせたカスタマイズが可能。

希望や要望に合わせた柔軟な利用方法が選べるようになっています。

SugarCRMの料金

SugarCRMは、チームの規模に合わせて5つのプランが用意されています。

料金はドルベースで計算されるため、詳細はSugarCRM公式サイトからお問合わせください。

1 ユーザーごとの料金形式となっていますが、例えば「Sugar Professional」プランの場合、利用ユーザー数が1〜 3人までといった制限があるので、プラン選択の際は利用予定人数をしっかりとご確認ください。

プラン名 月額価格 備考
Sugar Professional 月額 $52〜 急速に成長する小規模企業のニーズを満たす
Sugar Sell 月額 $80〜 カスタマーエクスペリエンスを改善
Sugar Serve 月額 $80〜 顧客が必要とするサポートをすばやく確実に提供
Sugar Enterprise 月額 $85〜 柔軟性が高い高機能のオンプレミス CX アプリケーション
Sugar Market 月額 $1,000〜 有望な見込み客の興味を惹ける

Senses – 操作性の高さが魅力!スタートアップ支援プランもあり

公式サイト:https://product-senses.mazrica.com/

おすすめポイント
  • 操作性が高い
  • 企業名を入力するだけで企業概要や財務情報などを自動で取得
  • 過去データから効果的なアクションを自動でおすすめしてくれる

Sensesは、操作性が高いと評判のクラウド型CRMツールです。

メールから直接、案件・アクション・取引先・コンタクト情報を登録でき、グループウェア連携も可能。グループウェア連携をすれば、メール送信の際に自動でデータを取り込んでくれます。

企業名を入力するだけで住所・従業員数などの企業概要や財務情報などを自動で取得できる企業データベースも備えています。接点のない取引先でも5秒で登録でき、カード形式で顧客情報を管理でき使い勝手が良いのが魅力。

過去の類似案件から効果的なアクションを自動でおすすめしてくれる機能もあります。

Sensesの料金

Starter・Growth・Enterpriseの3つの料金プランから選べ、どのプランも初期費用はかかりません。

StarterプランとGrowthプランでは、無料トライアル期間が設けられており、実際に使い心地を試してから本格的に利用開始できます。

別途「スタートアップ支援プラン」も用意されており、設立5年以内といった諸条件を満たす場合はお得な価格でSensesを利用することもできますよ。

プラン名 月額価格 備考
Starter 25,000円〜 ユーザー数5人を超える場合は1人追加毎に5,000円
Growth 100,000円〜 ユーザー数10人を超える場合は1人追加毎に10,000円
Enterprise 300,000円〜 ユーザー数20人を超える場合は1人追加毎に15,000円

ユーザー数無制限型のおすすめCRMツール4選

おすすめCRMツール(ユーザー数無制限型)
続いて、利用ユーザー数に制限がないおすすめCRMツールを4つご紹介します。

月額価格が低い順番にそれぞれ紹介していきますね。
現在提供されている中で最も安いプランの月額価格を基準としているので、初期費用やオプションによって最終的な支払い価格は変動しますが、比較検討の参考にしてみてください。

Customa! – ユーザ数無制限かつ低コスト


公式サイト:https://customa.jp/

おすすめポイント
  • 中小企業の実情を踏まえた必要機能が使い勝手よく搭載されている
  • 月額費用9,980円〜でユーザー数制限なし
  • 24時間365日優秀なエンジニアがセキュリティ管理

Customa!の運営元は中小企業専門の経営コンサルティング会社。中小企業の実情を深く知っているため、必要な機能が使い勝手よく搭載されているのが特徴です。

月額費用9,980円〜と低価格ながら、ユーザー数の制限がないので追加コストなしで全員での情報共有が可能なのが大きな魅力。

顧客管理や営業管理、請求書や見積書の発行、日報などのレポート発行、顧客対応履歴のデータベース化といったCRMに必要な機能を網羅しています。

セキュリティ対策にも力を入れており、24時間365日優秀なエンジニアがセキュリティを管理しています。

毎日自動的にバックアップをとるためデータ消失のリスクがゼロに近く、万が一社員が間違って顧客情報を削除してしまっても復旧の保証までついていて安心です。

Customa!の料金

ライトプラン・プレミアムプランの2つの料金プランが用意されており、ユーザー数の制限なしで月額9,980円から利用できます。

初期費用については公式HPからお問い合わせください。

無料お試し期間はないものの、デモサイトが用意されているので使い勝手を試すことができますよ。

プラン名 月額価格 備考
ライトプラン 9,980円 十分な必要機能を搭載
プレミアムプラン 要問合わせ 機能性を高めたい場合におすすめ

Knowledge Suite- SFAやグループウェア機能も付随!


公式サイト:https://ksj.co.jp/knowledgesuite/

おすすめポイント
  • CRMに限らないビジネスに必要な機能がオールインワン
  • 情報共有がしやすい
  • 操作性に優れている

Knowledge Suiteは、CRMに限定せずビジネスに必要な機能をオールインワンで備えたクラウド型の統合ビジネスアプリです。

グループウェア、メールなど様々な機能が連動してひとつになることで、同様の製品群を利用するよりも社内の情報・コミュニケーションの可視化ができます。

情報共有がしやすいのも特徴のひとつです。「Knowledge Suite」というひとつのアプリの中にグループウェア・SFA・CRMの3機能が備わっているため連携しやすく、システム間の情報共有がスムーズに進むというメリットがあります。

操作性も優れており、各機能がタブ切替えで使用できるので、まるでインターネットを使って様々なサイトを閲覧するかのような手軽さで利用可能。使いやすさが徹底されています。

Knowledge Suiteの料金

Knowledge Suiteの料金は、グループウェア・スタンダード・プロフェッショナルの3プランあり、ユーザー数に制限なく利用することができます。

初期費用が必要ないのも嬉しいポイント。

無料トライアルが可能なので、気になった方は気軽に使い心地を試してみてくださいね!

プラン名 月額価格 備考
グループウェア 10,000円〜 容量:〜5GB
スタンダード 50,000円〜 容量:〜3GB
プロフェッショナル 80,000円〜 容量:〜50GB

Synergy – 高度な顧客分析機能を備えている

公式サイト:https://www.synergy-marketing.co.jp/cloud/synergy/

おすすめポイント
  • 様々な接点を持つ顧客情報を一元管理できる
  • 狙いを絞った自由自在なメール配信
  • アンケート結果をデータベースに紐づけ高度な分析が可能

Synergyは、多彩なマーケティングを1つのシステムで実現できるCRMツールです。

店頭、Web、メール、アプリ、SNSなど、さまざまな接点を持つ顧客の情報を1つのデータベースに集約して一元管理が可能。

メルマガのクリック、店舗でのクーポン利用、購買履歴といった細かな顧客の行動データが蓄積できるので、メール配信のタイミングの見極めなどにデータを有効に使うこともできます。

また、Synergyでは、集めたアンケート結果をデータベースに紐づけられます。アンケート結果に顧客の基本情報や属性情報や履歴情報を掛け合わせることで、高度な分析が可能となっています。

Synergyの料金

Synergyの基本料金は月額15,000円から。メール配信やアンケート機能の利用には別途料金が発生しますが、必要な機能のみを組み合わせて利用できます。

初期費用が118,000円必要となりますが、売上の最大化に向けて高度な分析結果を活用できるのは大きなメリットです。

プラン名 月額価格 備考
基本プラン 月額15,000円〜
  • メール配信:月額10,000円〜
  • アンケート:月額15,000円〜

InfAjast ES3 – レポート機能が充実!


公式サイト:https://www1.aspcom.co.jp/infajast/

おすすめポイント
  • 直感的に操作できる
  • 多彩なオプションの中から必要なものを選べる
  • レポート機能が充実

InfAjast ES3は、ドラッグ&ドラッグなどの直感的な操作で入力が楽々行えるのが特徴のCRMツールです。

使う機能だけ選んで導入できる選択型システムの採用で、多機能と低価格を実現しています。

必要最低限の機能のみにすれば導入コストを削減できるほか、多彩なオプションが用意されているので多様なニーズにも対応できます。

レポート機能が充実しているのも特徴。状況を多角的に可視化できるグラフで簡単出力してくれるので、業務改善に大いに役立ちますよ。

InfAjast ES3.5の料金

「InfAjast クラウド(Cloudest)」、「InfAjast クラウド(ECL2.0)」、「InfAjast オンプレミス」でそれぞれ料金体系が異なるので、詳しくは公式サイトをご参照ください。

一例を挙げると、「InfAjast クラウド(Cloudest)」の場合は月額15,730円で利用可能です(ユーザー数が5人を超える場合は価格が変動します)。無料トライアル期間が30日間あるので、じっくりとお試し利用しながら使い勝手を試すことができますよ。

CRMツール使用時の注意点

CRMツール使用時の注意点は、目的を明確にして導入することです。例えば、SFA・CRM間の連携は可能ですが、それぞれについて導入の意図を明確にする必要があります。

また、自社の主要システムと連携できるツールを選ぶ必要があります。
SFAやCRMは、営業部門・マーケティング部門・コールセンター部門など他部署との連携によってさらなる導入効果を期待できます。そのため自社の主要システムと連携できる機能が必要なのです。

導入後、システムが定着するか見極めることも必要。CRMツールは定性的な顧客データをもとにニーズを可視化できるツールです。高度な分析データを社内で共有しても、実際に現場で定着しなければ意味がなくなってしまうので注意が必要です。

CRMツールの選び方

管理画面が見にくかったり操作方法が難しかったりすると定着しにくくなるため、CRMツールを選ぶ際には、まず無料トライアルやデモサイトを利用して実際の使い勝手を試してみることが大切です。

CRMツールは、顧客データを可視化・管理・共有し、顧客満足度の向上を目指したもの。「機能性が高く、誰もが扱えるもの」を選びましょう。

誰もが簡単な操作で顧客の詳細情報や営業活動の状況が確認できれば、顧客満足度や売上向上の体制づくりが行いやすくなります。

まとめ

CRMツールは顧客管理や顧客満足度の向上に必要不可欠です。

ツールによって機能や費用は様々ですが、実際に扱う社員の操作性も考えた上で自社に合ったCRMツールを導入しましょう!