ネガティブな言葉をポジティブに変換する方法

公開日:2012/12/30
更新日:
学び

word

こんにちは。 

「今どきの若者はネガティブ思考だ」などと言われます。

ただ、ネガティブな言葉もとらえ方によっては良く聞こえたりもするものです。ということで今日はネガティブなワードをポジティブにする一例をご紹介いたします。

もしも、ネガティブな言葉を思いつきそうになったときは、ぜひ右側の言葉に言い換えてみてください。

きっと集まってくる人も明るくポジティブな人が多くなり幸せになること間違いなしです。

  • 「変態」⇒「ある種の知識に精通している」
  • 「悪趣味」⇒「自分の世界を持っている」
  • 「臭い」⇒「フェロモンが溢れ出ている」
  • 「愛想が悪い」⇒「媚(こび)を売らない」
  • 「愛想笑い」⇒「空気を読める」
  • 「飽きっぽい」⇒「気持ちの切り替えが早い」
  • 「浅はか」⇒「行動を起こすのが早い」
  • 「いい加減」⇒「おおらか」
  • 「意地っ張り」⇒「意志が強い」
  • 「内気」⇒「おしとやか」
  • 「おこがましい」⇒「威勢がいい」
  • 「ガラスのハート」⇒「繊細」
  • 「気が弱い」⇒「優しい」
  • 「キモい」⇒「存在感がある」
  • 「きれやすい」⇒「素直」
  • 「暗い」⇒「落ち着いている」
  • 「オンチ」 ⇒「誰にもマネできないアレンジ」
  • 「計画性がない」⇒「行動力がある」
  • 「愚痴を言う」⇒「スッキリする」
  • 「孤独」⇒「自立している」
  • 「寂しがり」⇒「優しさに敏感」
  • 「舌ったらず」⇒「愛嬌がある」
  • 「緊張感がない」⇒「肩の力が抜けている」
  • 「ぐうたら」⇒「自分の気持ちに正直」
  • 「睡眠不足」⇒「趣味をたくさんもっている」
  • 「ずるい」⇒「頭がいい」
  • 「短絡的」⇒「決断が早い」
  • 「デブ」⇒「おいしく食事をできる」
  • 「泣き虫」⇒「感情を素直に表現できる」
  • 「能天気」⇒「前向き」
  • 「ばか」⇒「素直」
  • 「悲観的」⇒「想像力豊か」
  • 「不公平」⇒「人間らしい」
  • 「プライドが高い」⇒「誇り高い」
  • 「利己主義」⇒「合理的」
  • 「ルーズ」⇒「リラックス」
  • 「わがまま」⇒「自分のことが好き」
  • 「ヲタク」⇒「ある種の知識に精通している」

ネガティブな言葉を発しそうになったら、この勢いで変換してみてください!


もっと知りたい人はアプリをダウンロード【ネガポ辞典】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me