【illustrator初心者必見!】クリッピングマスクの解説









① クリッピングマスクとは

クリッピングマスクとは、オブジェクト(画像)内の任意の箇所を限定的に見せる方法です。例えば、正方形の図形を星形でクリッピングマスクします。すると、もとの■を☆でくり抜いたように編集され「★の形だけ残る」というような加工が完成します。
慣れるまで、仕組みを理解するのが難しいかもしれませんが、実践で覚えていきましょう!

2 3

a. どんなときに使う?

図形や写真の中で、「ここを見せたい!」「この部分だけ切り取りたい!」という時に使います。例えば、「全身じゃなくて顔の部分だけ使いたい!」といった時にクリッピングマスクの登場です。

4 5

b.どんな仕組み?

 仕組みを理解するときには、「レイヤーの構造(=レイヤーというシートの重なり方)」を考えることをお勧めします。

6

レイヤー1は、森の写真です。
レイヤー2には、星型のオブジェクト(=図形や写真)が配置されています。
二枚のレイヤーを上から見ると、森の写真に星の図形が重なっているように見えますね。
マスク処理を行うと、これらの写真と星型との「重なっている部分」が表示されるんです。

7 8

つまり、レイヤー①=森の写真に、レイヤー②=画用紙(星形が切り抜かれている)をかぶせて見ることで、「切り抜かれた星の部分から下の絵が見えるようになった」ということです。
「クリッピング(=切り抜いたもの)+マスク(=覆いかぶせる)」という言葉を理解すると、よりわかりやすいかもしれません。

c.なにができる?

 
くどいようですが、クリッピングマスクを使うと…
*「見せたい部分だけを見せる」ことができる!
*さらにそれは「好きな形で見せることができる」!
ということです。

②クリッピングマスクを作る

前置きが長くなりましたが…、ここから作り方を見ていきましょう!
(※実践の説明として「マスクする」「マスクをかける」「マスク処理をする」という言葉が頻出しますが、これらはクリッピングマスクで加工を行うという意味です。またPhotoshopでも同様、「マスクする」という言葉を使います。)

a.マスクをかけたいオブジェクトの準備

 初めに、レイヤー1にマスクをかけたいオブジェクトを用意します。ここで言う、オブジェクトとは、「図形ツールで書いたもの(■や▲)」でも「パスで書いた図形」でも、「写真/画像」でも構いません。

9

b.マスクオブジェクトの準備

 次に、レイヤー2にマスクオブジェクト(切り取りたい形/最終的に見せたい形)を用意します。ここでいうマスクオブジェクトとは、図形はもちろん、「写真の中の切り取りたいものをペンツール等でなぞったパス」でも構いません。

10

c.レイヤーの確認

 では、クリッピングマスクを!と言いたいところですが。マスク処理をかける前に、レイヤーの順番を確認しましょう。

11

「上のレイヤーで、下のレイヤーをマスクする」ので、順番が違えばうまく編集がされませんので注意してください。

d.クリッピングマスクを作成

ここで、ようやくマスク処理に入ります。まず、編集するオブジェクトを全て選択します。そして、メニューバーから「オブジェクト/クリッピングマスク/作成」で加工します。

12 13

ここでレイヤーパネルを確認してみます。マスク処理する前の「レイヤー1/レイヤー2」はなくなり、「クリップグループ」という1つのレイヤーにまとまりました。以前のレイヤーには情報が入っていない状態なので、削除しても問題ありません。

また、クリッピングマスクは複数のレイヤーにも適用できます。例えば、複数の図形の任意の部分を表示することができます。レイヤー1(=正方形)とレイヤー2(=円形)とレイヤー3(=三角形)を、レイヤー4(=星形)の形でマスクをかけます。すると、以下のように処理されます。

111 14

この際、処理をかける全てのレイヤーを選択しなければいけないので、お忘れなく。そして、マスクオブジェクトが含まれるレイヤーが、レイヤーパネルの最上位にあることも確認しましょう。

③クリッピングマスクの応用

a.マスクオブジェクトの移動と変形

 レイヤーの中からクリッピングパスを選択します。ダイレクト選択ツールに持ち替え、オブジェクトの中心となる基準点をクリックし、ドラッグすることで移動させることができます。
また変形したい時は、ダイレクト選択ツールでクリッピングパスを任意の形に変形できます。

15 16

 

b.マスクオブジェクトの塗り線

 マスクオブジェクトをダブルクリックすると、編集ができます。カラーパネルで塗りの加工や、線の編集も可能になります。

④クリッピングマスクの解除

レイヤーパネルの「クリップグループ」を選択します。メニューバーから「オブジェクト/クリッピングパス/解除」でマスク処理の編集は元の状態に戻ります。

⑤おわりに

以上がクリッピングマスクの機能になります。Illustratorには、まだ他にもたくさんの機能があります。とにかく、触って覚えていくことが一番良いかと思われます。あれこれ触っているうちに新しい発見があることも、また楽しみの一つです。気長に頑張りましょう!









この記事をかいた人

みほこ

とあるWeb制作会社でデザイナーをやっています。趣味は部屋中を埋め尽くしている観葉植物たちの葉の様子を順番に眺めていくことです。