名刺管理サービスのおすすめ・比較12選!営業効率アップと人脈構築をしよう

名刺管理サービスは人脈構築や営業効率の向上には欠かせないサービスとなっています。
近年、多くの中小企業が活用しており、事業の成長にあたって導入が必須のツールです。

しかし「名刺管理サービスが多くてどれが自社に適しているかわからない!」と思っていませんか?今回はそんな疑問を解消する「名刺管理サービスのおすすめ」や、名刺管理サービスの特徴・種類についても紹介・解説をします!



名刺管理サービスのおすすめ12選!

Sansan

公式サイト: https://jp.sansan.com

Sansanの特徴とメリット

Sansanの特徴とメリットは、中小企業や大手企業まで多種多様な業種・業界から導入されていることです。名刺管理サービスとしてのシェアは82%で利用企業は6,000社以上。スキャンだけで名刺を自社の資産に変えるサービスが魅力です。

名刺をスキャンするだけといった簡単な操作が好評で、その情報は高度なAI技術とオペレーターの手入力でデータ化。データ化の精度も高く、ほぼ100%を誇っています。

さらに、会社・人物単位の自動集約によって、全社員の人脈を手間なく共有できフル活用できます。

AIによる自動レコメンドで次に会うべき人物のリストアップも可能です。直近の名刺交換の傾向をAIが分析してくれるので、効率の良い人脈開拓ができます。

もちろん、セキュリティも万全で、メガバンクといった金融機関でも採用されている高度なセキュリティ水準を実現。リスクを最小に抑えた、安全な情報活用が可能になっています。
アプリもあるので、社内・社外を問わないアクティブな活用もできると評判です。

Sansanの料金

Sansanは、完全個別見積もりとなるため問い合わせが必要です。

Sansanの口コミ

社員の異動があった際には、Sansanを確認させることで異動先の商流を早期に理解させることが可能になりました。また、マネジメントをする側としても、各現場がどれだけお客様と接触しているのかを把握できるようになりました。

情報収集の効率化だけでなく、教育コストの削減にもつながっており、現場とマネジメントの双方にとってメリットがあるツールだと思います。

引用: https://jp.sansan.com

Eight

公式サイト: https://8card.net/

Eightの特徴とメリット

Eightの特徴とメリットは、名刺を写真で撮るだけの簡単な操作です。最高水準の技術によって素早くデータ化します。

それだけではなく、相手の近況通知が届く機能も。転職や昇進なども素早く把握できます。検索機能も優れており、名前・会社名・部署・役職で名刺情報にアクセス可能です。

さらに、メッセージ機能もついており、気軽な連絡によってビジネスをスムーズに展開できます。

PCやアプリ版もあるので欲しい情報をすぐに確認できることも強みのひとつです。

また、自分のプロフィールをweb上に表示できるので、オンライン名刺としての活用も可能。有料版では、名刺のおもて面・うら面の全項目をデータ入力でき、画面メモや連絡先アプリと連携といった機能もあります。

Eightの料金

Eightは無料で利用できます。
有料版の場合、さまざまな特典追加されて、月額480円または年額4,800円で利用できます。

Eightの口コミ

ファイリングやエクセル入力の手間がなく、名刺のデータ化ができるので便利です。
出先でもすぐ確認できるので、相手の住所や連絡先がわからないといったトラブルもなくなりました。

CamCard

公式サイト: https://www.camcard.jp/

CamCardの特徴とメリット

CamCardの特徴とメリットは、圧倒的なデータ化速度です。その時間はたった5秒で、鮮明なデータ化ができます。

利用はPCやスマートフォンなどマルチデバイスに対応しており、外出先でも欲しい情報をすぐに確認できます。範囲を細かく設定できる共有機能もあるので、社内の名刺情報を活かした営業も実現可能です。

ほかにも、スキャナでデータをまとめて読み込んだり、簡易SFA機能で商談やタスク情報を紐付けたりといった機能もあります。

セキュリティは端末制限ができ、SugarCRMやGoogle Contactなどとの連携も可能。メールマガジンや公開された異動情報の配信もできます。

このような機能がある中でCamCard最大の特徴は、外国語対応に優れていることです。その種類は17ヶ国語にのぼっており、日本語だけではなく中国語やフランス語・ポルトガル語などに対応できるのです。

CamCardの料金

CamCardの料金は以下の通りです。

プラン名 名刺登録枚数 ユーザー数 校正枚数
スタンダード 無制限 5ユーザー 各ID月20枚
プロフェッショナル 無制限 5ユーザー 各ID月50枚

CamCardの口コミ

名刺情報の管理は、基本的に個々人に任されていました。今回のCAMCARD BUSINESSを導入したことで自社システムと連携できましたし、名刺データの入力がスマートフォンで名刺を撮影するだけになり、大幅に業務工数の軽減につながりました。

引用: https://www.camcard.jp

筆まめ名刺管理

公式サイト: https://fudemame.net/products/hagaki/meishi/

筆まめ名刺管理の特徴とメリット

筆まめ名刺管理は、会社名や氏名などのデータ化と同時にクラウドにアップできることです。クラウドにアップできるので、ほかのデバイスからでもすぐに閲覧できます。

また、筆まめと言えば宛名入力。季節の挨拶や書類の宛名も一括印刷できます。
入力の手間なく宛名の印刷ができるので、顧客とのやり取りが多い営業職にはうってつけのサービスです。

筆まめ名刺管理の料金

詳細は問い合わせが必要です。

筆まめ名刺管理の口コミ

当社では筆まめを活用し、年賀状や暑中見舞いはもちろん、定期的な点検のご案内も手作りでお出ししています。住所録の出受記録でご案内をお送りしたかどうかを把握できるので、とても役に立っています。

引用: https://fudemame.net

Wantedly People

公式サイト: https://people.wantedly.com/

Wantedly Peopleの特徴とメリット

Wantedly Peopleの特徴とメリットは、複数名刺を瞬時にデータ化できることです。10枚なら1回の撮影で同時に読み込むことができ、連絡帳に追加します。

名刺のスキャンをすれば、相手の関連情報まで検索可能です。名刺にない相手の情報を超えた理解ができ、関係構築に役立ちます。

さらに、繋がりのある相手に転職・昇進・異動をきっかけにプロフィールの更新も、アプリですぐに把握できます。

また、利用は無料ですが、セキュリティも万全です。人工知能によって全てのデータは処理されているので、情報漏えいのリスクはなし。

通信もTLS プロトコル v1.2 による暗号化と送信データは、データセンターの信頼とセキュリティに優れた環境のもと厳重に保管されるのです。

Wantedly Peopleの料金

Wantedly Peopleは全て無料で利用できます。

Wantedly Peopleの口コミ

今までは、枠に名刺を合わせて一枚一枚読み込まないといけなかったため、煩わしさを感じていたが、Wantedly Peopleは机の上に無造作に追いて、そのまま画面内に収めるだけでいいのでストレスフリーだし、何より新しい体験だと感じました。あと、読み込みの際のUIもおしゃれだと思います。

引用:https://www.wantedly.com

WorldCard Mobile Lite

公式サイト: http://www.penpowerinc.com/product.asp?sn=392

WorldCard Mobile の特徴とメリット

WorldCardは文字認識に特徴があるサービスです。世界に定評があるPenpowerの文字認証エンジンを採用しており、その認識率は好評。多くの導入実績があり、なんと世界194カ国で使用されているサービスなのです。

利用料金も安く、ダウンロード時の840円のみ。名刺登録が50枚できるお試しのようなプランもあるので、使用感を確認してからの導入もできます。

また、2016年には大幅なバージョンアップが行われているため、従来の問題点やバグといったものも改善しています。

オペレーターの目視確認はないものの、それに近い文字認識を可能にした画期的なサービスと言えるでしょう。

WorldCard Mobile の料金

WorldCard Mobileは、通常プランの他にライトプランがあります。
ライトプランは無料で利用できます。
データエクスポートはどちらのプランでも可能です。

プラン名 ダウンロード料金 名刺枚数
WorldCard Mobile Lite 無料 50枚まで
WorldCard Mobile 840円 無制限

WorldCard Mobile の口コミ

認識率、拡張性、データ管理、操作の無駄のなさ、検索やグルーピングなど、とても満足しています。国内だけの利用でも十二分に活躍してくれますし、海外物のちょっと操作とかしにくいところも全くないです。

引用: http://applion.jp/iphone/app/337702869/review/

myBridge

公式サイト: https://jp.mybridge.com/home

myBridgeの特徴とメリット

myBridgeの特徴とメリットは、顧客管理ツールを導入していない企業でも、無料で安全な情報管理ができることです。

データ化も正確で文字認識技術と人の手によって、スマホによる撮影だけでデータ化します。直接修正や、入力の手間が必要なくなります。

LINEの名刺アプリらしく、円滑な情報共有が可能です。この共有機能は優れており、登録情報や名刺情報に関連したメモ・顧客ステータスなども簡単にできます。部署異動や退職といった場合でもスピーディーな引き継ぎを実現しています。

検索も簡単で、名前や会社名・部署・役職といったキーワードの指定で必要なときにすぐ。Excelファイルにエクスポートする機能もあるのでさまざまなシーンでの活用ができます。

セキュリティも万全で、入力の時点から名刺情報を項目別に分けて入力しています。これによって、個人の特定のリスクも減らしています。もちろん、データは全て暗号化しているので安全な管理も実現しているのです。

さらに、ほかの名刺管理サービスに登録したデータもmyBridgeへ簡単に移行できます。

myBridgeの料金

myBridgeは全ての機能を無料で利用できます。

myBridgeの口コミ

LINEの安心感もあり、登録したが良かった。優れた名刺管理ツールを格安で手に入れることができた。

メイシー

公式サイト: https://maysee.jp/

メイシーの特徴とメリット

メイシーは使いやすさを追求したサービスです。その操作性は、Google感覚で検索や閲覧・メール送信が可能です。今後の改良も見込まれており、より使いやすいサービスを目指しています。

スマホでの操作も可能で、顧客への電話や地図の確認など外出先でも便利。加えて、複数アカウントとの共有もできるので、社内の人脈を降る活用できます。

Sales forceやmisocaなどのソフトや営業・経費ツールとの連携も可能です。名刺の送付が面倒な場合は別料金で出張スキャン対応もしてくれます。

もちろん、セキュリティも安心。名刺データはISMS取得のデータセンターに保存しており、通信はSSLでの暗号化をしています。

メイシーの料金

メイシーの料金は以下の通りです。

プラン名 月額 ユーザー数 備考
基本プラン 1,980円 無制限 データ入力料金 25円/枚・スキャン料金 10円/枚

送付した場合は、別途返送料金がかかることがあります。

メイシーの口コミ

昔みたいに携帯の電話帳に登録することが少なくなった今、特に連絡先が自動的に出来て手元からすぐ見れるというのは便利ですね。たまに出張先で時間が空いた時にメイシーで近くの方を名刺検索して連絡し、お会いすることもありますよ。

引用:https://maysee.jp

名刺ファイリングCLOUD

公式サイト: https://mediadrive.jp/products/meisi/

名刺ファイリングCLOUDの特徴とメリット

名刺ファイリングCLOUDは無料で利用でき、PCソフトウェアやモバイルアプリといったプラットフォームで利用できます。システム構築やメンテナンスの必要もなく、コストパフォーマンスも良いサービスです。

名刺データは自社の利用環境にあわせて、登録名刺枚数やユーザー数の設定・共有できます。権限の付与は、社内全体・部・課といった範囲で自由。入力も機械認識なので、データ化に時間がかかりません。

セキュリティも万全で、閲覧した端末にデータを残さず、固体認証の採用によって不正なデータの閲覧を防止しています。

また、CSV出力もできるので、年賀状やDMといった宛名作成に活用できます。
顧客管理・営業支援システムへのデータ移行も簡単なので、担当者の負担を減らすことも可能です。

名刺ファイリングCLOUDの料金

名刺ファイリングCLOUDは無料で利用できます。

名刺ファイリングCLOUDの口コミ

訪問先の名刺をすぐに見つけられ、現在地からの経路探索で訪問先の経路が分かって、とてもいいです!色々な名刺管理のアプリを試したけれど、これが一番使いやすいと思います。

Cardful

公式サイト: https://www.sourcenext.com/product/ios/use/i_use_000832/

Cardfulの特徴とメリット

Cardfulは、名刺管理iPhoneアプリケーションで、Evernoteでの情報編集ができるサービスです。名刺データは全てEvernoteに自動でアップロードされ、数千枚規模の登録もiPhoneの容量や速度の低下が気になりません。

操作も直感的にできるので、探している名刺がすぐに見つかります。メモ機能はiPhoneのカレンダーやFacebookと連携しているので、日付による検索も可能です。

データの登録はカメラ撮影のみで可能で、文字認識による登録。薄い・乱れているといった場合でも、画像補正によって自動で見やすくしてくれます。

さらに、連絡先への登録もコピーするだけといった使用者の手間を大きく減らしたサービスと言えるでしょう。

Cardfulの料金

無料で利用できますが、1,400円かかるアップグレードをすると、名刺の読み取り枚数が無制限になります。

Cardfulの口コミ

Evernoteと連携しているのでアプリのないandroidやPCからも検索できるのがとてもいいです!文字読取機能はそこそこですがPCからEvernote経由で編集すればいいのでそれほど苦になりません。検索もEvernoteからするのでソート機能などなくても全く問題ありません。

引用:http://applion.jp/iphone/app/623785908/review/

スマート名刺管理

公式サイト: https://www.justsystems.com/jp/products/smartmeishi/

スマート名刺管理の特徴とメリット

スマート名刺管理は名刺読み込み速度が、1枚約0.3秒という早さを実現しています。そのスキャンはパソコンの場合は専用スキャナが必要ですが、スマートフォンアプリならカメラ撮影のみでデータ化可能です。

さらに、Windows版では日本語・英語・中国語など23カ国24言語に対応。スマートフォン版でも日本語と英語の対応ができます。これによって、あらゆるフィールドでの働き方に対応しているのです。

もちろん、データはパソコン・スマートフォン間の共有が可能。共有したデータは、カテゴリー別に仕分けや編集・検索もできます。

さらに、名刺一覧は目的に応じて「リストモード」「ラベルモード」「画像モード」「デュアルモード」の4つから選択可能です。

スマート名刺管理の料金

スマート名刺管理のスマートフォンアプリは無料で利用できます。

スマート名刺管理の口コミ

スマート名刺管理の読み取り機能は、思っていたより正確でした。ほとんどの記載は正確にデータ化してくれるので助かっています。

アルテマブルー

公式サイト: https://ultimablue.jp/

アルテマブルーの特徴とメリット

アルテマブルーはCRM市場をけん引するキヤノンエスキースシステムが提供しています。キヤノンエスキースシステムの経験とノウハウによって、欲しい機能と使いやすい操作性の実現をしているのです。

他社にはないサービスとして、名刺取り込み後の文字修正機能を自社の希望と状況に合わせて柔軟に選択できること。

「ゼロモード」であれば、自社で入力・修正を行うので補正費用は無料とコスト面が抑えられます。「フルモード」であれば、オペレーターによる修正なので1枚50円で可能。このように、1枚ごとにモードの使いわけができることも特徴です。

kintoneとの相性が非常に良く、名刺データの蓄積と案件管理や顧客管理にも活用できるので営業成果への期待もできます。

さらに、2週間の無料トライアルや導入前のきめ細かいコンサルティングのサポートもあり、安心して活用できるサービスといえるでしょう。

アルテマブルーの料金

2週間の無料トライアル期間があり、初期費用は無料。月額2,500円で利用できます。また、専用のオペレーターによる文字補正は1枚50円で利用できます。

ただし、オプションといった機能が必要な場合は、問い合わせが必要です。

アルテマブルーの口コミ

アルテマブルーは最低ID数で、取込み専用としての利用が可能です。
しかも、各々のkintoneアカウントに振り分けて連携ができるため、誰が名刺交換したのかがkintone上にも明確に残る点ですね。コストパフォーマンスがものすごく良いです。

引用:https://ultimablue.jp

名刺管理ツールを導入すべき企業

名刺管理サービスを導入すべき企業は以下のような企業です。

  • 名刺管理に手間をかけたくない企業
  • 人脈の共有をしたい企業
  • 情報がタイムリーに欲しい企業

これらの課題は名刺管理サービスの導入によって解決できるものも多いでしょう。

ひとつずつ解説していきます。

名刺管理に手間をかけたくない企業

名刺交換のあと手入力でデータ化するのは、時間と労力が多くかかってしまいます。特に、人手不足が深刻な問題になっている中小企業であれば、本来の業務を差し置いて優先的に行うのは難しい側面もあります。

名刺管理サービスの導入はこのような手間を省き、本来業務に注力できる環境作りにも役立ちます。

人脈の共有をしたい企業

名刺管理サービスのメリットのひとつは、自社社員が築いた人脈を全社で共有できることです。人脈の共有ができれば、個に依存したゆえに起こる業務の停滞を防止可能です。

たとえば、担当者がいないから顧客に連絡ができないといった時間のロスを極力減らすことにも繋がります。社外に多く出る機会のある営業マンを抱える企業にとっては、ある程度の効果が期待できます。

情報がタイムリーに欲しい企業

名刺管理サービスには、顧客の昇進や異動といった情報の更新ができたり、関連ニュースの配信ができたりする機能があることも。これによって、常にタイムリーな情報を得られるので、営業力の強化にも繋がるでしょう。

さらに、SNSとの併用や連携で名刺1枚から大きく人脈を築くことも可能です。

名刺管理ツールを導入するときの注意点

名刺管理ツールを導入するときの注意点は以下の点です。

  • 定期的にバックアップをとる
  • セキュリティ対策は万全か
  • 操作性は良いか
  • 無料と有料の選択

定期的にバックアップをとる

名刺管理サービスのリスクのひとつとして、データの喪失があります。クラウドサーバーといった格納方法であれば、バックアップサーバーがあることも多いもの。

しかし、自分のPCやスマートフォン・社内サーバーであれば、サーバーの破壊でデータが全て消滅してしまいます。そのようなリスクは理解しておき、こまめにバックアップを取る習慣はつけておくべきでしょう。

セキュリティ対策は万全か

名刺は個人情報のかたまりなので、セキュリティ対策は最も重要視される部分です。

サービス自体のセキュリティ管理への取組みや、自分でもパスワードの設定をしっかり行うといった対策は必須です。サービスとしてのセキュリティは万全か、自社でのセキュリティ管理への取り組みは十分か、といった部分は確認しておきましょう。

もちろん、PCやスマートフォンの紛失は論外で、そういった社員の意識の向上のため、研修といった機会を作っておきましょう。

検索性・無料と有料の選択

名刺管理サービスはさまざまなサービスがあり、操作性も異なります。口コミなどによる、各サービスの精度や使い勝手の調査は行っておきましょう。

また、そのような調査の一環として、無料または無料期間のあるサービスの導入を検討するといいでしょう。積極的にそれらを活用すれば、自社にマッチした名刺管理サービスの導入に繋がります。

まとめ

いまや、海外企業とのコミュニケーションに欠かせない存在となった名刺管理サービス。サービスによって対応可能言語やその機能はさまざまです。

無料で利用ができたりトライアル期間があったりと、導入ハードルの低いサービスも多いですね。

各サービスの特徴を良く検討して上手に活用しましょう!