営業職の副業の始め方とおすすめのサービスサイトを徹底リサーチ!

最近は営業職の方でも会社に勤めながらクラウドソーシングサイト等を利用し、副業代行として本業とは別に稼ぐ人が増えてきました。

年々増えるフリーランス需要と比例するかのように、現在は副業するのが当たり前といっても過言ではないぐらいその割合が増えてきていますが、今回はそんな営業職が副業する際に役立つサービスサイトや副業の始め方等を詳しくご紹介しています。

今現在、営業職の方で副業しようか悩んでいる方は、是非ともこの記事を参考にして頂き効率よく今以上に稼げる方法を見出してくださいね。

<この記事はこんな人におすすめ>
  • 営業職で副業を始めようかと悩んでいる方
  • 営業職で副業の始め方が分からない方
  • 会社の営業職からゆくゆくは副業から初めて、フリーランスを目指す方



営業職に副業がおすすめな理由

営業職に副業がなぜおすすめなのかその理由は簡単で、意外にも稼げることが分かっているからです。

実際に以下は、クラウドソーシングサイト「ランサーズ」で公開されている営業職向けの営業代行の案件。

副業だと月々10万円で、専業で取り組んでくれる方には月々50万円も報酬があるようですね。

本業をやめてフリーランスとしてデビューしてもこれだけ月に頂けるなら、かなり魅力的ではないでしょうか。

このように営業職の方が「営業代行」として副業を始めることには、稼げるという大きなメリットがあります。

これを知ってやらないのは本当に勿体ないですよね。

また、二つ目の理由としては「スキルアップに繋がる」からです。

副業では一から仕事を自分自身で受注し、業務を遂行した後にお金を受け取らなければなりません。

会社では業務の殆どが効率化を図るために、部署によって分担されていますが副業では全て自分で行います。

そのため、マーケティングスキルやマネイジメントスキルなど様々なスキルが副業を通して身につきます。

営業職の副業の始め方

営業職の副業の始め方としては、まずは以下の2つのことから始めてみましょう。

  • 営業に必要な資料を作る
  • ポートフォリオ(実績)を作る

副業はフリーランスの方々と同じで、自分の手で営業を行い仕事を受注しなければなりません。

営業職の方だと「営業」に関しては、既に強みとして持っているスキルなので、持っているスキルをフル活用して副業でもガンガン優良案件をゲットしていきましょう。

また、営業職が副業を行う際に注意して欲しいこととして、本業で勤めている会社で副業が禁止されていないかどうか確かめる必要性があります。

万が一、副業が禁止されている会社で行う際には十分な注意が必要で、バレないように税金面でも対処が必要になります。

この点については「営業職が会社に副業がバレないために注意すること」の項目で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

どちらにせよ営業職の方は副業を始める前に、まずは会社が副業を禁止しているかどうかしっかり確認しておきましょう。

副業として営業代行するメリットとデメリット

営業職の方が副業として営業代行するメリットとデメリットを、以下に詳しくまとめてみました。

副業を始めようとする方は、メリットばかりに目がいきがちで肝心のデメリットの方には疎い方が多いので、しっかりとここで確認しておいてくださいね。

双方ともにしっかりと把握しておくことで、未然にトラブルを防いだり損しないようにしましょう。

副業として営業代行するメリット

営業職が副業で営業代行するメリットは、大きく分けて4つあります。

副業として営業代行するメリット①:本業以上に稼げる可能性がある

副業といっても前述したように、かなり稼げる案件も中には数多くあるため時間をかけて取り組めば本業以上に報酬を得ることも可能です。

実際に営業職の方で会社に勤めながら、パラレルワーカーのような働き方を行なっている方も少なくありません。

単純に副業を始めると月に使えるお金が増えるので、金銭面でのストレス軽減や暮らしが豊かにはなるでしょうね。

副業として営業代行するメリット②:スキルアップに役立つ

こちらも少し前述しましたが、副業を始めることでスキルアップに繋がります。

本業では普段学べないことを学べたり、副業を通して今まで気づかなかったことに気付けたりとかなり良い影響があるでしょう。

副業でスキルアップしたことで、本業にもそれを活かせたりもするので上手くいけば双方に良い影響を与えること間違いなしです。

副業として営業代行するメリット③:将来的にフリーランスとしての道もアリ

営業職の方で副業から始めて、今はフリーランスとして活躍しているという方はかなり多いです。

副業は小遣い稼ぎだけではなく、フリーランスというあなた自身の働き方の幅も同時に広げてくれます。

ゆくゆくは会社を辞めて、培った営業スキルを活かしてフリーランスとして活動するものもアリですね。

副業として営業代行するメリット④:副業を通して人脈が広がる

副業はあくまでも対人で行うため、副業を通して人脈を広げることも可能です。

本業だけだと会社周りの付き合いしかないと思われますが、副業を行うことで様々な業界の人たちやフリーランスとして活躍している方々等ジャンルを超えて知り合うことができます。

そういった繋がりは本業に活きることもありますし、あなたが今後フリーランスとして働くことになっても良い繋がりになることでしょう。

副業として営業代行するデメリット

逆に営業職が副業として営業代行を行うデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

こちらは大きく分けて3つあります。

副業として営業代行するデメリット①:本業に支障ができる可能性がある

副業を始めたは良いもののあまりにも張り切りすぎて案件を受注しすぎてしまい、パンクすることも少なくありません。

副業を頑張ることは良い事かもしれませんが、あくまでも本業あっての副業なので本業に支障が出るような働き方はナンセンスです。

最初はそれほど負担の少ない短時間で簡単にできそうな案件から取り組み、徐々に副業の仕事に慣れてきてから本数をこなすと良いかもしれませんね。

副業として営業代行するデメリット②:会社にバレる恐れがある

会社によっては副業を禁止しているところがあるので、そういった会社に所属している方は会社にバレないように行う必要があります。

しかし、もしバレた場合はどうなるのか気になりますよね?もしバレた場合は口頭注意で終わることもあれば、最悪減給されてしまう場合もあるかもしれません。

あなたの会社への貢献度と人間関係にもよるかもしれませんが、何かしら処置はあるのでそういった会社で副業を行う場合は、本業を辞める最悪のケースも想定して行う様にしましょう。

副業として営業代行するデメリット③:トラブルに巻き込まれる恐れがある

副業はあくまでも自己責任で行うので、クライアントと揉めることも多々あります。

最悪、裁判沙汰にまでなるケースもあるぐらいですので、副業を行う際には全て自己責任で行う必要があるのだと肝に命じておきましょう。

そうならないためにも、クライアントと密にコミュニケーションを取ることが大事ですね。

営業職が副業で活用する際におすすめのサービスサイト5選

営業職が副業で活用する際におすすめのサービスサイトを、以下に5つに絞ってそれぞれまとめてみました。

フリーランスの多くも使っているとても便利なサービスサイトばかりですので、是非ともまずは自分に合ったものを探して一つのサービスサイトで実績を貯めつつスキルアップすると同時に稼いでいきましょう。

営業職におすすめの副業サイト①:ITプロパートナーズ

IT最前線で成長を続ける、ITに特化した案件を多く取り揃えているサービスサイト「ITプロパートナーズ」。

「ITプロパートナーズ」はベストベンチャー100選にも選ばれている優良企業で、フリーランスとして働く方のサポートをメインに行なっている会社です。

副業としてもかなり使えるサービスサイトなので、まずは一度利用してみてください。

<こんな人におすすめ>

  • 始めて副業を行う方
  • IT関連の営業案件を探している方
  • 出来るだけ評判の良い有料サービスサイトを利用したい方

営業職におすすめの副業サイト②:Workship

公式サイト:https://goworkship.com/

「Workship」では高度はスキルや実績を持つ方に特化した、エンジニアやデザイナー、ディレクター等に特化した案件を取り扱っているサービスサイトです。

営業職が行えるような案件も数多くあり、あなたの実績やスキルに応じて案件を紹介してくれます。

専属のエージェントがあなたの案件探しをサポートしてくれるので、副業初心者の方でも安心してご利用頂けますね。

<こんな人におすすめ>

  • 専属のエージェントがついてしっかりとサポートしてくれる方が良い方
  • 自分のスキルや実績に自信がある方
  • 副業初心者の方

営業職におすすめの副業サイト③:クラウドワークス

日本最大級の大手のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」。

筆者自身も3年ほど利用しており、様々なジャンルの案件が数多く公開されているので案件探しに困ることはまずないでしょう。

駆け出しのフリーランスや副業を始めて行う方には大変おすすめのサービスサイトで、実績が目に見えて分かりやすくなっているので副業のモチベーション維持にも役立ちます。

<こんな人におすすめ>

  • コツコツ実績を積みたいと考えている方
  • 多くの案件を抱えているサービスサイトが良い方
  • ゆくゆくはフリーランスとしての道を考えている方

営業職におすすめの副業サイト④:ランサーズ

こちらもクラウドワークスに並ぶ、大手のクラウドソーシングサイト「ランサーズ」。

クラウドソーシングサイトの中では一番歴史が長く、多くのワーカーが利用しているサービスサイトです。

特徴的にはクラウドワークスよりもより、ワーカーに対するサポート体制が充実しており案件も初心者でも簡単にできるものが大変多いです。

<こんな人におすすめ>

  • 初めて案件に取りかかる方
  • 大手のクラウドソーシングサイトを利用したい方
  • ゆくゆくはフリーランスとして独立を考えている方

営業職におすすめの副業サイト⑤:セールスハブ


営業職の方に特化した副業サービスサイト「セールスハブ」。

本業で営業を行いながら、副業としても他社の営業をサポートできるサービスサイトでFacebookのアカウントで無料登録することができます。

「セールスハブ」では、約1400社以上があなたの営業スキルを求めてサービスサイトに登録しているので、あなたにぴったりの案件も必ず見つかるはずです。

<こんな人におすすめ>

  • 営業職の副業に特化したサービスサイトを探している方
  • 他社の営業をサポートしてみたい方
  • 自分の営業スキルや知識に自信がある方

営業職が会社に副業がバレないために注意すること

営業職が会社に副業がバレないために注意することとしては、まず最初に「住民税」を別にして払うことです。

会社に副業がバレる原因の多くは、会社がまとめて払っている「住民税」の額があなたの副業によって増額した時になります。

これは会社の経理担当が全て把握しており、毎年昇給しない限り住民税の支払いが増えることはないので、いきなりあなたの税金だけ増額したとなるとすぐに気づかれますね。

そうならないためには、

最寄りの市役所に行き副業で稼いでいる税金は全て本業のものとは別に収めるという手続きが必要になります。

また、副業の年収が20万円以上になった場合、確定申告が必要になるのでその辺りもしっかりと把握しておきましょう。

副業の確定申告を行う際には、以下のクラウド会計サービスがおすすめです。

営業職は副業でおすすめのサービスサイトを活用し賢く稼ごう!

営業職の副業はかなり自身の成長に繋がるので会社で禁止されていない方は、是非とも一度トライしてみて欲しいものです。

副業元年と呼ばれた2018年から今年は多くの人たちが副業を始めており、それに伴って様々な便利なサービスサイトがリリースされています。

それらを使わない方が勿体無いので、是非ともご自身の仕事の幅を広げるためにも一度チャレンジしてみてくださいね。

また、もし会社で副業が禁止されている方は、前述したようにバレないような配慮をしっかりと行なっておきましょう。









この記事をかいた人

ライター歴3年目のフリーランスです。普段は海外でお仕事を行っております。お仕事のご連絡はブログもしくはTwitterからお気軽にご連絡ください!