決済代行ツール・サービスおすすめ12選!複数の売掛金処理を一本化しよう!

現代は多くの決済手段があります。
クレジット・ICカード・コンビニ決済などがあり、自社の入金サイクルも様々です。
たくさんの決済業務を確実に行う必要があり、負担となっている企業も多いのではないでしょうか。

「なんとか、このバラバラの決済業務を一元化できないだろうか?」
そう思ったことはないでしょうか?

今回は面倒な決済業務を一元化し、負担を減らすことで売上の向上も期待できる。
そんな「決済代行サービスのおすすめ」をご紹介します!



決済代行サービスってなに?

決済代行サービスとは、加盟店とカード会社などの間に入り多様な決済処理を一本化するシステムの導入ができるサービスのこと。

例えば、個別で契約するとそれぞれのカード会社などで、入金サイクルや手数料率・審査が異なるなど非常に手間がかかってしまいます。
それを一本化し、業務の負担を減らしてくれるのが決済代行サービスなのです。

決済代行のおすすめ12選!導入すべきサービスは?

WARPS

https://www.paygent.co.jp/to_shop_owner/warps.html

WARPSの特徴

WARPSの特徴は、売上金の保証をしっかりしながら、いつでも引き出せる画期的なサービスです。
万一、未回収が発生した場合も代金を保証して支払いをしてくれます。
このように、与信管理から売上代金回収まで全てを代行できるのです。

さらに、画期的な決済サービスとして、取引条件で決まっている入金条件・期日よりも前に払い戻すことも可能。
つまり、管理から売上代金の回収まですべて、社内では特に作業の必要がないのです。

WARPS導入のメリット

WARPS導入のメリットは、請求書発行から回収まで一連の業務を全て依頼できること。
もちろん、全てWEB上でチェックも可能。

そして、決済の回収保証により、確定した売上はいつでも引き出しできます。
まるで引き出しできる預金の様な扱いができるのでキャッシュフローも圧迫しません。

WARPSの料金

WARPSの料金は、初期費用と月額は無料です。
保証料は利用金額の3%となっており、無料トライアルもあります。

初期費用 月額 手数料 無料トライアル 備考
無料 無料 3% あり なし

 

Paid

https://paid.jp/

Paidの特徴

Paidの特徴は、BtoBの決済を専門にしていて、売上につながる仕組みをつくることができること。
例えば、限度額の範囲は、最大で1,000万円までの設定が可能。大きな取引にも安心して対応できます。

取引開始までの時間が非常に短く、3営業日程度、条件が合えば取引先のお申し込みと同時に開始。
利用状況はリアルタイムに反映しており、残高に合わせて営業アクションの決定ができます。

Paid導入のメリット

Paid導入のメリットは、請求書の発行から督促まで、一連の請求業務を代行できること。
もし、未回収が発生した場合も代金の保証は100%なので、与信に不安がある取引先にも積極的に営業できます。与信はAIによるスピード審査とノウハウで、正確かつスピーディに審査。

このように、すばやく取引を開始できるので、審査時間が原因で発生する失注を防ぎ、今まで取りこぼしていた取引先も取り込めます。

限度額は取引先の実績に応じて、最大1,000万まで付与可能。大口取引にも対応できるので客単価アップにつながるのです。

Paidの料金

Paidの料金は、初期費用・月額・請求書発行は無料。
手数料は利用金額の3%を上限とした設定になっています。

初期費用 月額 手数料 無料トライアル 備考
無料 無料 3% なし 請求書発行無料

ゼウス

https://www.cardservice.co.jp/

ゼウスの特徴

ゼウスの特徴は、導入14,000サイトの実績・提携パートナー企業は400社以上と設立20年以上の実績。
これは、業界きってのボリュームで、決済代行業者の中でもトップクラスです。

ゼウスは日本のカード会社は保守的ですが、そういった審査が通りにくいマニアックな分野の決済が得意。例えば、クラウドファンディングやCtoCの決済。
日本のカード会社の場合、革新的な新しいビジネスモデルの決済はいきなり受け入れることはできません。

しかしこれらのビジネスモデルは海外では、先行していることも多いので海外のカード会社の審査は通りやすくなります。

そこで海外のカード会社と提携しているゼウスは、この手の日本のカード会社の審査が通らない会社を得意としているのです。
現在は他の大手に対抗するべく特徴を活かしながら、SBIホールディングスグループの方針で動いています。

ゼウス導入のメリット

ゼウス導入のメリットは、クレジットのみならず、コンビニ決済まで対応。
クレジットカード決済を始め、さまざまな決済サービスを取り揃え、企業や、ユーザーのニーズに応えています。

他にも、端末・POSシステムも取り扱っており、ネットと実店舗などでの一括導入も可能。
さらに、決済代行会社が嫌がる案件も受け入れてきた実績もあります。
料金は多少割高ですが、融通が利く決済代行会社です。

ゼウスの料金

ゼウスの料金は、初期費用は無料。月額は4,000~5,000円で支払い方法によります。
決済手数料は金額の3.6%。
その他実績や状況により項目が異なるため、問い合わせが必要です。

初期費用 月額 手数料 無料トライアル 備考
無料 4,000~5,000円 3.6% なし 詳細は問い合わせ

NP掛け払い

https://np-kakebarai.com/

NP掛け払いの特徴

NP掛け払いの特徴は、 決済プロセスをまるごと完全に代行できること。
さまざまな代行サービス・保証サービスがありますが、こういった決済代行サービスはほとんどありません。

例えば、請求書作成・債権管理・回収などの代行が可能。
それに加え、自社に合わせたカスタマイズもできるので、業務負担を極力減らした運営ができるのです。

さらに、与信の際は、豊富な取引実績をもとにしたシステムを使用。
最小限の情報だけで素早く多角的なリスク分析を行える仕組みを構築しています。

NP掛け払い導入のメリット

NP掛け払い導入のメリットは、なんといっても、決済業務にかける時間が月トータル10分の実績。
大幅な時間削減が可能になるので、担当者1人で業務ができる様になります。

そのように、削減した時間をコア業務に投資できることから、販売チャネルの拡大が可能になり事業の成長が見込めるでしょう。

NP掛け払いの料金

NP掛け払いの料金は、初期費用は無料。月額12,000円。
手数料は1.2~3.6%となっており、商材や販売方法により異なります。
請求書の発行は1通190円で詳細は個別見積もりが必要です。

初期費用 月額 手数料 無料トライアル 備考
無料 12,000円 1.2~3.6% なし 請求書発行1通190円。詳細は個別見積もりが必要

BizPay

https://www.paygent.co.jp/bizpay/

BizPayの特徴

BizPayの特徴は、面倒なBtoB取引の料金回収業務が手間なくできること。
クレジットカード決済や銀行振込は、独自のシステムを活用し大幅な工数削減が可能。

このように、取引先毎に固有の口座番号を割り当てることで複数カード会社や他決済機関との契約・入金を一元化しているのです。

時間を取られてしまいがちな入金照合が簡単にできるようになります。
月末締め翌月10営業日後払いが基本サービスとなっていています。
請求書・オンライン決済どちらでも対応可能。

ECサイトでの決済はもちろんメールで個別決済URLを送ることによって決済することもできます。
毎月の継続課金の形状も簡単で、手続が面倒な口座振替からの切り替え需要も多いのです。

BizPay導入のメリット

BizPay導入のメリットは、工数の削減が大幅にできること。
まず、サービス導入により、業務の効率化・企業のコストカットの両方を可能に。

業務による経理担当者の負担を減らせるためスムーズに行えます。ネット事業者の業務なども効率的な改善が期待できます。

さらに、独自システムである「消込エクスプレス」で簡単に決済ができます。
このシステムは、入金設定などの詳細を定めて使え、取引先ごとに個別の口座番号を割り当てることも。

複数カード会社などの決済に関しても、クレジットカードによるECサイトやメールでの個別決済が可能です。

毎月の継続課金や他決済機関などとの契約・入金を一元化して利用できます。

BizPayの料金

問い合わせが必要

ペイジェント

https://www.paygent.co.jp/

ペイジェントの特徴

ペイジェントの特徴は、6000社以上導の実績と業界最速クラスである10営業日での入金スピード。
業界最高基準の経営基盤セキュリティも魅力です。

ペイジェントはクレジット取引セキュリティ対策協議会が強く推奨する「カード番号の非保持化」に対応しています。

取り扱いはJCB、MasterCard、VISA、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubといった国際5大ブランドに加え、ディスカバーカードも可能。
このように幅広いブランドを万全のセキュリティで管理するソリューションの導入が可能です。

ペイジェント導入のメリット

ペイジェント導入のメリットは、キャッシュフロー改善ができること。
例えば、入金早期化・一本化を行うことで、回収漏れ・入金催促の工数削減が期待できます。

さらに多くのクレジット会社取り扱いなど、多様な決済手段で売上機会損失の軽減可能。
必然的にユーザー満足度向上も見込めるので売上自体もアップします。

サポートも万全で、365日24時間いつでもオンライン決済可能・カード支払時は銀行振込手数料が不要といったメリットもあります。

ペイジェントの料金

ペイジェントの料金は完全個別見積もりとなっており問い合わせが必要です。

Coiney

https://coiney.com

Coineyの特徴

Coineyの特徴は、飲食店・小売向けをはじめとした、さまざまな業種に合わせたPOSシステムとカード決済機能を連携できること。

スマホやタブレットに専用の端末を接続するだけで利用でき、アカウントを作成して、複数スタッフでの決済が可能です。

カード決済機能だけではなくICカード連携も可能でそれらを一本化します。
他の決済代行サービスとは違い、POS連携・銀行口座・仕入れ・在庫管理の全てを管理出来るのです。
個人店などの店舗に特化したサービスですが、入金サイクルが早いことも特徴です。

Coiney導入のメリット

Coiney導入のメリットは、なんといっても簡単に利用開始できること。
使用時はスマホやタブレットにターミナルを接続するだけ。わずか3ステップの操作でのみでスピーディな決済ができます。

導入にも時間がかからず、2営業日から可能。アカウントの共有や、POSシステムとの連携が可能です。
入金サイクルが最短で翌日というスピーディーさで、素早い回収ができるのでキャッシュフローも安心です

Coineyの料金

Coineyの料金は、端末代19,800円、手数料は3.24〜3.74%となっています。
振込手数料は、~10万円は200円、10万円~は無料です。
端末に関しては、キャンペーンを行うこともあり、その場合は無料になることもあります。

初期費用 月額 手数料 無料トライアル 備考
無料 無料 3.24〜3.74% なし 端末代19,800円・振込手数料~10万円は200円、10万円~は無料

PGマルチペイメントサービス

https://www.gmo-pg.com/

PGマルチペイメントサービスの特徴

PGマルチペイメントサービスの特徴は、代引き決済に対応していること。
現状では、代引き決済に対応している決済代行サービスは業界内でも少ないのです。

ECサイト運営者のなかでは、この代引き決済を利用するためにこのサービスを選んでいることも少なくありません。
「ゆうパック」と西濃運輸の「カンガルー便」の代引き決済サービスの利用ができます。

他にも、クレジットはもちろん、コンビニ・電子マネー・プリぺイド・口座振替などにも対応しています。
このように、代引き決済も含めて多くの決済に対応しているのは非常に魅力ある特徴といえます。

PGマルチペイメントサービス導入のメリット

PGマルチペイメントサービス導入のメリットは、ユーザーの需要にあわせてコンビニ決済をはじめ口座振替、電子マネーなどの決済手段を追加が簡単にできます。

オプションサービスも豊富で、継続課金、支払期限設定などがあります。
オプションも含めて一つの管理画面で一括管理が可能。多様化する決済ニーズに応えることができます。

さらに、複数のカード会社との加盟店契約手続きを全て任せることも。
事務手続きにかかるコストを少なくし、他の業務に集中でき、料金回収についても未回収リスクを抑えるなどの対応も可能です。

このように自社サイトの運用するにあたって面倒な作業を徹底サポートしてくれます。

PGマルチペイメントサービスの料金

完全個別見積もりとなっており、問い合わせが必要です。

ソフトバンク・ペイメント・サービス

https://www.sbpayment.jp/

ソフトバンク・ペイメント・サービスの特徴

ソフトバンク・ペイメント・サービスの特徴は、ECサイト決済に特化しており、携帯キャリア大手のソフトバンクの運営らしく携帯キャリア決済ができること。

携帯キャリア決済では、docomo、au、softbankといった大手を利用できます。
ウォレット決済では、楽天あんしん支払いサービス、リクルートかんたん支払いYahoo!かんたん決済などに対応しています。

さらに、支払い票の作成などの手間がない定番のコンビニ決済にも対応しており、手軽な管理が魅力です。

もちろん、クレジットカード決済の管理もできます。
JCB、MasterCard、VISA、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubの5大ブランドに加え、3Dセキュアやセキュリティコードにも対応。

他にも、プリペイドカード決済・外貨決済も利用可能です。
このように、最新の決済手段も管理を一本化し使える点が特徴といえます。

ソフトバンク・ペイメント・サービス導入のメリット

ソフトバンク・ペイメント・サービス導入のメリットは、キャリア決済ゆえユーザーにとって簡潔な支払いになること。

例えば、各キャリアにログインし暗証番号を入力するだけで支払いが完了。
支払いが手軽で隙間時間でも簡単に決済できるので、支払い完了前にサイト離脱をすることが減少します。

また、キャリア決済導入のメリットはクレジットカードを持たない若年層や、カード情報を入力することに抵抗がある人など顧客層を拡大できること。

さらに、自社はキャリア決済を導入すると、リアルタイムで入金通知が届きます。
つまり、売上管理が簡単になり、商品発送をスピーディに行えるなどのメリットもあります。
大手3社導入でユーザーのニーズに応えやすい点はメリットです。

ソフトバンク・ペイメント・サービスの料金

完全個別見積もりとなっており、問い合わせが必要です。

イーコンテクスト

https://www.econtext.jp/

イーコンテクストの特徴

イーコンテクストの特徴は、まず多彩な決済手段です。
クレジットカードや銀行・電子マネーなどインターネット上の決済手段の90%近くをカバー。
これは業界最多とも言える豊富さです。

そして、この決済手段はPC・スマートフォン・フィーチャーフォンに完全対応しています。
これは、途中で購入をやめてしまう、いわゆる「かご落ち」への対策として非常に有効です。

さらに、セキュリティも万全。
クレジットは、グローバルセキュリティ基準「PCI DSS ver3.0」に完全準拠しています。
ISMS認証、プライバシーマークも所持。国際基準のセキュリティレベルを構築しています。

イーコンテクスト導入のメリット

イーコンテクスト導入のメリットは、入金サイクルが早いため、円滑な事業運用ができること。
入金サイクルは、締日から8銀行営業日で収納代金を入金し、月間最大6回締めにも対応しています。
決済手段のバリエーションも多く、ユーザーにとって利用しやすいことから売上の向上も見込めます。

さらに、きめ細かいサポートも魅力。
専用の問い合わせ窓口を設置し、年中無休(9:00~18:00)で質問からキャンセル処理などにも対応しているのです。

イーコンテクストの料金

完全個別見積もりのため、問い合わせが必要です。

イプシロン

https://www.epsilon.jp/

イプシロンの特徴

イプシロンの特徴は、決済をはじめ、ECショップに必要不可欠な様々なサービスを提供していること。
複数のクレジットカードやコンビニ決済等の決済サービスはもちろん、配送やセキュリティなど幅広いオプションサービスを低料金で提供。

そうすることで、売上や入金の管理負担が減り、コア業務である仕入れやお客様対応に注力できます。
さらに、申し込みから提供までも早く、最短13営業日で開始が可能です。

イプシロン導入のメリット

イプシロン導入のメリットは、一連の業務のかかるコストを削減できること。
例えば、回収代金の支払い・システム構築の手間・決済事業者ごとの明細確認などが不要になります。
イプシロンが全て一括管理をしてくれるので一元化のメリットを十分に感じることができるのです。

イプシロンの料金

イプシロンの料金は、個人プランと法人プランがあります。
詳細は個別見積もりとなっており、問い合わせが必要です。
決済手数料は3.6%となっていて、導入時は初期費用・月額など含めて5,000円です。

初期費用 月額 手数料 無料トライアル 備考
不明 不明 3.6% なし 導入時は初期費用・月額など含めて5,000円

ロボットペイメント

https://www.robotpayment.co.jp

ロボットペイメントの特徴

ロボットペイメントの特徴は、請求自動化機能と金融機関との連携。
請求に関わる業務である、請求・決済・消込・催促・仕訳を自動化し、継続的な課金の効率化は業界随一。
金融機関との連携も、クレジットカードの引き落としなどの各金融機関情報をシステムに反映します。

このように、効率と請求に関する管理に特化しています。
さらに、CRMソリューションも提供。
セミナー受付や有料コンテンツ会費など、あらゆる会員管理業務に対応します。

このように決済情報をもとに顧客情報を管理することで、初期費用を抑えてマーケティングを行うことも可能なのです。

ロボットペイメント導入のメリット

ロボットペイメント導入のメリットは、請求業務にかかる時間を月3時間に短縮できること。
わかりやすい管理画面での一括管理を行うため、売上管理・事務処理の大幅な負担軽減が可能です。

さらに、セキュリティ対策も万全で、不正利用や情報の悪用・ハッキングや情報漏えいなどのリスクを全て取り除きます。

他にも、購入頻度の高いリピーターには、カード情報呼び出し機能などを搭載。
複雑な決済要件の開発を自社内で行うことなく、最小の負担でシステムを活用することができます。

ロボットペイメントの料金

ロボットペイメントの料金は、定率料金2.65%~。
初期費用や月額については個別見積もりなので、問い合わせが必要です。

初期費用 月額 手数料 無料トライアル 備考
不明 不明 2.65%~ なし 初期費用や月額については個別見積もり

決済代行を使うことでどれくらい時間工数を削減できるか?

決済代行サービスのメリットとしてあげられる時間工数の削減。
サービスのよって多少の違いはあるものの、10分で決済完了までできるサービスも。
おおよそ90%程度の削減ができるケースが多いようです。

自動で様々な決済手段を取りまとめできることは、大きな時間工数削減になります。
必要な機能や方法・サポートなどを確認し、サービスごとの時間工数削減の実績を問い合わせてみるといいですね。

決済代行を使うべき会社

決済代行を使うべき会社は、クレジットなど各決済サービスとの手続きが負担になっている企業です。決済代行サービスの利用がない場合は、クレジット・キャリア・電子マネー決済などのサービスと個別で契約や手続きを行う必要があります。

それぞれ、審査基準が違うので時間や手間がかかり、その間、サービスや商品の販売機会を逃すことにもなります。

さらに、運用も各サービスで異なるので、それが負担になっている場合も。
決済代行サービスによって、締日や入金日のサイクルが違うことが多いので、処理・管理に時間を取られてしまいます。

中小企業や個人事業主など人手不足に悩む企業の場合、他の業務を圧迫してしまうので、そのような経理業務の負担を減らすことが重要です。

幅広い支払いが求められるネットショップの運営などは、セキュリティ面・管理の利便性を考えると決済代行サービス導入の検討をするべきです。

決済代行使用時の注意点

決済代行使用時の注意点は、コストの検討とサポートが充実しているかどうかです。
まず、利益圧迫を少なくするためにも、自社にあった機能をなるべく導入・運営コストが低いサービスの検討が必要です。

機能で確認したいのは対応決済手段の数。
決済手段の数が多いほどより多くの顧客に対応でき、機会損失を減らすことができます。

さらにサポートに関しても、すぐに疑問やトラブルに対応できるかどうかは重要。
サービスによっては24時間365日対応のものであったり、平日のみの対応であったりと様々なので必ずチェックしましょう。

まとめ

導入すると多くの工程削減が期待できる決済代行サービス。

キャッシュレス化がこれからますます進む時代において、決済にかかる負荷の軽減は必須。
まだ導入していない企業は是非取り入れたいサービスですね!