「LPO対策」を理解して活用しよう!より魅力的なサイトを構築して収益を高める

「LPO(ランディングページ最適化)」や「SEO(検索エンジン最適化)」は、どちらもWeb運営においては重要なものですが、「自社に向いているのはどちらなのか」、「自社で取り入れるにあたりLPOとSEOのどちらを優先させるべきか」などについてお悩みの方も多いことでしょう。

LPOやSEOの導入・活用をお考えであれば、まずはそれぞれの基礎知識を学んでおく必要があります。

これらの概念を理解し、違いやそれぞれのメリットを知っておくことで、自社の目的に応じた適切な運用が可能となります。

今回は、LPOとSEOに関する基本的な知識を解説するとともに、それぞれの違いとメリットについて紹介します。LPOとSEOの違い、導入方法などを理解し、社内でのLPOツール導入の提案、検討する際にお役立てください。

LPO対策とは

「LPO」とは、“Landing Page Optimization”の略です。日本語に訳すると「ランディングページ最適化」と言われています。では、このランディングページの最適化とは何をすることのなのでしょうか。

そもそも、「ランディングページ」とは、ユーザーがインターネット上の検索機能や広告を経由して最初に訪れるページのことです。

このページについて、

「分析⇒改善等の施策立案⇒検証」

のサイクルを繰り返し、繰り返し行うことにより今以上にユーザーにとって魅力あるサイトにしていきWebマーケティング初心者向け「CVR」とは何かを理解していきCVR(コンバーション率)の向上を図ることが目的です。

「LPO対策」という言葉や手法については、まだまだこれから活用される分析技法の1つであり馴染みが無い方も多いのが実用です。しかし、Webマーケティングの分野においては、売上アップを目的した改善を行うためには、非常に有効な対策として注目を浴びています。

LPOの歴史

あまり馴染みがないと言いましたが、LOP対策が確立された歴史についてもご紹介しておきましょう。繰り返しますがLOP対策という言葉が認知され知名度が向上したのは、最近のことなのです。

しかし、そもそもの歴史は古いものです。LOP自体の概念が誕生したのは1996年ごろと言われています。では、どうして急激に周知される様になったのでしょうか。

それは、Google社が2006年にLPOツール「Website Optimizer」の提供を行ったためです。それに追い風となったのは、広告業界の変化という環境の変化です。広告業界は、Webの活用スピードが格段に速く他の業界の先駆者となっています。

もともと、広告業界が先駆者となるWebマーケティングについては、効果測定自体が難しく推定評価と呼ばれる手法に頼ることが主流でした。

しかし、広告業界のLOP対策手法採用により、明確な測定が可能であることや、その効果性についての裏つけもされました。こうした結果は、Webサイトを作るIT業界や、サービスを提供した他の業種にも広がり既に定着している分析技法となっているのです。

なぜLOP対策が重要なのか

では、どうして「LOP対策」が重要なにかも説明しておきましょう。

良いWebサイトとはどんなサイトでしょうか?

  • ユーザーの入力項目が少ない
  • 見た目でインパクトがある、おしゃれである

等を挙げられる方も多いのではないでしょうか?

そして、とにかく注目を浴びているというWebサイトが最も最適だという回答をする方が多いのが実情です。

でも、結局は誰がそれを決めるのでしょうか?

これの答えは明確です。良いWebサイトを決めるのは「ユーザー」のみです。

既にWebマーケティングを学んでいる方々にとっては、様々な手法でWEBサイトの改善を行っていることだと思います。

しかし、どんな改善を実施しても結局は、それを評価するのは「ユーザー」でしかありません。

当たり前のことではありますが、この概念を元に発達した分析技法である「LOP対策」ですので、ユーザーのためのWebサイトを構築する事が出来るとされているのです。

実際には、他の手法と同様にLOP対策を行う訳ですが、そもそもの成り立ちを意識することができる技法であるために「LOP対策」を行うことが重要であるとされているのです。

「LOP」と「SEO」の違いを比較

今度は、「LOP対策」と比較さえる「SEO対策」について比較しながらご紹介していくことにしましょう。

おそらく、「LOP対策」という言葉よりも「SEO対策」の名称の方が知られているのではないでしょうか?

LOP対策は既にご紹介していますので、今回は「SEO対策」を中心にご説明しながら比較をしていきましょう。

「SEO対策」の“SEO”とは「Search Engine Optimization」の略です。別名、「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

日本語の方がしっくりと来る方も多いのではないでしょうか。しかし、この検索エンジンの最適化を、単純に検索の順位を上位にすることとらえてはいけません。

SEO対策として、検索順位を視点におくことは問題ありませんが、全てがこれだけということではないということです。

LPOとSEOの関係

ここまでご紹介したLPO対策を前提としてSEOとの関係から整理していきます。

それぞれ2つの目的が異なる対策ですが、決して関係がないということではありません。

SEOとは、検索エンジンにヒットするキーワードを調査し多くのユーザーを誘導するきっかけを作る事と、ユーザーの気持ちを掴み話さないLPO。

こうして紹介すると2つは全く関係がないと思えません。2つの相乗効果によりWebコンテンツのレベルをアップしていくことになります。

2つのうちのどちらを選択するか

関係性がある2つの分析を同時に利用することが最適です。しかし、同時に2つの分析を導入できない場合には、どちらかを選択しないといけない事もあります。

その時は、2つのどちらを選択するかはこうして選びます。

  • CVRが低い場合→LPO対策
  • Webサイトの誘導が弱い時→SEO対策

簡単言えば、この2つの観点で選択をすれば問題ありません。

悩むのであれば、優先的にどこに優先順位をおくかどうかにより方法を選択することが大事です。

この様に似ている2つの分析も、実はその内容が異なること。そして、2つの特徴をきちんと掴んで手法を選択することがWebサイト改善に最適な方法です。

Webサイト改善の手法は沢山ありますが、最適な方法を選択することは最も重要なポイントといえます。

LPO対策のポイント

今度は、具体的にLPO対策を実施する際のポイントについてご紹介していきましょう。

まず最初に行うべきことは、現在あるWebサイトとLPO分析効果の見極めです。なんでもLPO分析をすればいいということではありません。

まず押さえるべきなのは、LPO分析を活用すると有効なWebサイトとは何かを知ることです。

具体的案例でご紹介しましょう。

<LPO分析に向いているWebサイト>

  1. 商品やサービスの提供を行うWebサイト
  2. 資料請求や問合せがあるWebサイト
  3. コンテンツが豊富なWebサイト

等です。これが全てではありませんが、1つの目安になると考えてください。

今度は、逆に向いていないサイトについても整理しておきましょう。

<LPO分析に向いていないWebサイト>

  1. コンテンツ量が少ないWebサイト
  2. 特定のキーワードのみで検索されるWebサイト

広く顧客を集める目的がない場合には、LPO分析は向いていないといえます。

では、実際にこうしたサイトの全体でLPO対策を実施するポイントをご紹介していきましょう。

LPOを改善する手順

LPO分析の実施には、Webサイトの「調査」「分析」「仮説」「実施」「検証」を繰り返し実施していくことが前提となります。

調査

・アクセス解析(Googleアナリティクス)

  • ヒートマップ分析
  • ユーザーテスト

などの手法を用いることで、現在のWebページの今(現状)を知ること、そして、問題を洗い出します。これにより、今の課題を認識し何を変えるべきかの具体的な目標を洗い出すことになります。

分析

今度は、より具体的な分析をしていきます。

手法としては

  • クリック率
  • コンバージョン率
  • 直帰率
  • 滞在時間
  • 離脱率

をすることでより具体的な問題点を導きだします。

何といっても、こうした現状分析が課題解決の上では必要なことです。

うした課題の洗い出しができなければ、何を改善すべきか不明ですので対策を取る意味がなくなってしまうこともあります。

こうした課題整理の手法としては、「ユーザーテスト」が最適な手法とも言われます。実際に、利用者側の意見や声を集めることは今の課題を認識する上では最も貴重な情報になるのではないでしょうか。

Webサイトはあくまで利用者の為にある訳ですので、その声を聴くことはとても重要な改善要素を見つける最善の方法です。

仮説を立てる

問題点が明らかになれば、今度は改善をするための仮設を立てていきます。

実際には

  • ファーストビューに変化を与える
  • 商品の強みのアプローチを変える
  • CVへの導線を見直す

などの何をどうすればいいかという道を見つけていくことです。

この仮説は、●●をすると▲▲になるという仮説です。

実際には、変化をもたらす案を準備したとしても変更が大きすぎることで従来持っていた良さを無くしてしまうこともあります。

その為、ここでの仮設はどうすることで良いかだけではなく、どうすることが有益かといった視点での仮設も立てていくことになります。

「実施」「検証」

ここまでの準備ができれば、今度は実際にWebサイトを変更していく、機能を追加するのなどの改善をおこなっていきます。改善ができれば、「検証」として、その有効性を測定していくことも必要になります。

Webサイトは生き物であるとも言われており、利用者の二―ズ変更や外的要因の変更で常に柔軟性を持ち変化し続ける必要があります。

ユーザーのニーズや環境は日々変化します。これを完全にWebサイトで考慮することは出来ません。だからこそ、ここでご紹介したステップを繰り返し行う必要性があるということを理解して頂きたいと思います。

ここまでわかれば完璧!LPO対策のKPIとは?

最後にご紹介しておきたいのは、LPO対策におけるKPIです。このKPIを理解してLPO対策を実施できれば、最強になります。

LPO対策のKPIとしては、

  • セッション数
  • 直帰率
  • 滞在時間
  • CTA(Call To Action)のクリック率
  • CVR(Conversion Rate)
  • CPA(Cost per Acquisition)

等が挙げられます。これらをKPI指標として意識していくことで、LPO対策はより一層強化され効果のある対策を導けるでしょう。

まとめ:LPO対策で魅力的なサイト作りをしていこう

Webマーケティングの世界には沢山の分析技法や手法が存在します。LPO分析もその1つですが、本当に今想定される課題が何かを吟味して手法を用いる必要性があります。

全ての分析において、同じことが言えますが、適切な手法を用いる為にはその手法の特徴や特性を理解して活かすことが必要です。

今回は、その中でLPO分析について注目しご説明してきました。

まだまだ周知されてから期間がないとされている手法ではありますが、その有効性を理解して使い方を学び活用することが必要になります。

Webマーケティング成長の中で実績や有効性を発揮してきた分析技法ですので、是非 今回の記事を参考に、今あるWebサイトの分析に活用してください。

「調査」「分析」「仮説」「実施」「検証」を繰り返すことは、ビジネスにおいては基本として様々な分野でも紹介される改善のステップです。

こうしたビジネスの基本をふまえながらLPO分析を最大限に活用していきましょう。

この記事をかいた人

moja

アメリカでSE→フリーランス→起業 海外での働き方から、フリーランス、起業までわかりやすくお伝えできるようにします。 最近は広告とデザインに注力中。