はじめに導入したい!WordPressのおすすめプラグイン18選!

公開日:2015/12/31
更新日:
WordPressの使い方

e79e7d7c281745667f314ceb80536f46

WprdPress(ワードプレス)を使用するメリットのひとつといえるのが、そのプラグインの豊富さにあります。

追加したいと思った機能は、ほとんどの場合プラグインが存在しており、自分でコードを書かなくてもプラグインをインストールするだけで簡単に機能追加できます。

しかし、あまりにも種類が豊富、かつ日本語対応していないプラグインも多いので、初心者のうちはどんなプラグインがあって、何をインストールすればいいかわからないのが難点です。

そこで今回は、多くのサイトが導入している定番プラグインを厳選して18コ紹介します。

SEOや集客におすすめのプラグイン

All in One SEO Pack

All in One SEO Pack

WordPressのSEO対策を一通り設定することができる便利なプラグイン。
SEOで集客するにあたって重要となってくる、メタタイトルやメタディスクリプション、noindexやcanonicalの設定を簡単に行えます。
記事ごとにもメタ情報を編集できるので、柔軟なSEO対策を施せます。

上記のような基本的な設定項目のほかにも、Googleアナリティクスのコード設置や、サイトマップの更新なども設定可能。
ソースコードを編集しなくてもSEO対策ができるので、SEOで集客をしたい初心者には特にインストールをおすすめします。

WordPress › All in One SEO Pack « WordPress Plugins

WP Social Bookmarking Light

各種SNSボタンを簡単に設置できます。既存のWordPressのテーマを使うと、SNSボタンについては自身で設置する必要があるものも多いです。

しかし、WordPressにSNSボタンを設置する場合は、テンプレートタグを使ってソースコードを編集したり、CSSで綺麗にスタイリングしていく必要があり意外と面倒だったりします。

このプラグインを使えば、そういった面倒な設定や編集がいらず、すぐにSNSボタンを設置できます。
主要なソーシャルメディアはすべてそろっています。

WordPress › WP Social Bookmarking Light « WordPress Plugins

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

検索エンジン向けのサイトマップを作成することができます。
Googleクローラーに正しくサイトを認識してもらうためにサイトマップは必須ですが、更新のたびにツールなどを利用して生成するのは面倒ですよね。

このプラグインを使えば、コンテンツの更新のたびにサイトマップを自動生成してくれたり、Googleに通知したいページを指定したりできます。

つまり、はじめに一度設定してGoogleサーチコンソールに送信してしまえば、あとは勝手にすべてやってくれるというすぐれものです。

WordPress › Google XML Sitemaps « WordPress Plugins

Breadcrumb NavXT

Breadcrumb NavXT

内部リンクやクローラビリティ(Googleクローラーが巡回しやすい設計)を高めるためには、各ページへのパンくずリスト設置が必要です。

パンくずリストとは、トップ > 親カテゴリ > 子カテゴリ のように現在開いているページの階層を示したリストのことです。

無料のWordPressテーマでは最初からパンくずリストが実装されている場合が多いですが、設置されていないテーマのときは、このプラグインをインストールましょう。

WordPress › Breadcrumb NavXT « WordPress Plugins

サイト高速化におすすめのプラグイン

W3 Total Cache

W3 Total Cache

サイトのキャッシュを設定することができます。
キャッシュとは、一度アクセスしたページの情報を一時的に保存し、再びアクセスしたら保存したページ情報を表示される技術のことです。
キャッシュを使うことで、ページの表示高速化につながり、ユーザビリティ的にもSEO的にもメリットがあります。

このプラグインを使うと、ページやデータベースのキャッシュの設定はもちろん、あらゆるキャッシュをコントロールすることができます。

ただ、機能自体が豊富かつ複雑であるため、使用の際はしっかりと調べて慎重に設定しましょう。

WordPress › W3 Total Cache « WordPress Plugins

Head Cleaner

Head Cleaner

head要素内(header.php内にあるメタ情報などを記載しているエリア)のCSSやJavaScriptを最適化してくれます。
サイト内のCSSやJavascriptのコードは容量が大きくなりがちです。
場合によっては、ページの表示速度にも影響がでてくる可能性もあるため、ソースの整理や統合をする必要がでてきます。

このプラグインを使うと、ソースの統合や統合、移動によって最適な構成にし、ページの高速化につながります。

ただ、他のプラグインのコードにも影響を与えるので、相性の悪いプラグインがあると正常に動作しなくなる場合があるので、注意が必要です(フィルタをかけることも可能です)。

WordPress › Head Cleaner « WordPress Plugins

Lazy Load

ページ内の画像を遅延読み込みさせるプラグインです。
画像の多いページにアクセスすると、アクセス時に画像をすべて読み込もうとするため、どうしても速度が遅く感じてしまいます。
それを回避するために、画像を読み手のスクロールに合わせて読み込んでいくことで、表示がスムーズにすることができます。

この機能をつけるには、通常はJavaScriptを書く必要があるのですが、LazyLoadを使えば。インストールして有効化するだけで適用されます。

Lazy Load Plugin for jQuery

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

画像を自動的に圧縮してくれるプラグインです。
Webサイトやブログにおいて、最も大きな容量を占めるのは画像である場合がほとんどで。

特に高画質な画像ばかりを扱うと、それだけで読み込みに時間がかかります。
このプラグインを使えば、画像アップロードをした際に自動的に圧縮される他、アップロード済の過去の画像にも圧縮をかけることができます。

WordPress › EWWW Image Optimizer « WordPress Plugins

セキュリティに関するプラグイン

AKismet

WordPressにはじめからインストールされているデフォルトプラグインのひとつです。
サイトをコメントスパムから守ってくれるセキュリティプラグインで、はじめにアカウント登録するだけで利用できます。
放っておくとどんどん溜まっていくスパムコメント。被害にあわないためにもセキュリティはしっかりしたいですよね。

基本的には、勝手にスパムコメントを除外&通知してくれるので、最初に有効化してしまいましょう。

WordPress › Akismet « WordPress Plugins

便利機能を追加してくれるプラグイン

Contact Form 7

Contact Form 7

お問い合わせフォームを簡単に設置できるプラグインです。

サイトの運営において、お問い合わせフォームや応募フォームを設置したいときってありますよね。
普通に実装するとかなり面倒なフォームも、このプラグインなら管理画面から、フォームに必要な項目や送信先メールアドレスなどを設定して、タグを埋め込むだけで簡単に設置することができます。

classの指定などもできるので、CSSで好きなデザインにすることも可能。

WordPress › Contact Form 7 « WordPress Plugins

Broken Link Checker

Broken Link Checker

他のサイトを紹介することが多いサイトを長く運営していると、紹介しているサイトが閉じたり、URLが変更された場合など、どうしてもリンク切れが起こってしまいます。

リンク切れを放置しているとサイトに訪れてくれた人にとってよくありません。できればすぐに修正したいですよね。

このプラグインをいれていれば、リンク切れが起こった瞬間にダッシュボードやメールですぐに通知してくれます。
はやいうちにインストールしておきたいプラグインのひとつですね。

WordPress › Broken Link Checker « WordPress Plugins

Redirection

どうしてもサイトのURLを変更しないといけなくなったり、似たようなコンテンツ(重複コンテンツ)をひとつにまとめる場合など、リダイレクトをかけて、読者やGoogleクローラーを誘導しなければなりません。

上記のような例では、通常301リダイレクト(恒久的なリダイレクト)をかけます。
面倒なリダイレクトも、このプラグインを使用すれば、変更前のURLと変更後のURLをそれぞれ入力するだけで設定できます。

WordPress › Redirection « WordPress Plugins

AddQuicktag

AddQuicktag

記事編集画面(テキストエディタ)のタグ生成ボタンのエリア(太字やリンク挿入のボタンがあるエリア)に好きなボタンを追加できるプラグインです。

オリジナルデザインの装飾に必要なタグや、定型文をあらかじめボタンとして登録しておくと、記事編集時にクリックひとつで呼び出すことができます。

WordPress › AddQuicktag « WordPress Plugins

TinyMCE Advanced

 TinyMCE Advanced

こちらはAddQuicktagと違い記事編集画面(ビジュアルエディタ)で編集したい時に、ボタンを追加できるプラグインです。

例えば、デフォルトでは挿入できないテーブル要素なども、このプラグインであらかじめ設定しておけばいつでも呼び出せます。

WordPress › TinyMCE Advanced « WordPress Plugins

ユーザーの回遊を促す機能を追加できるプラグイン

WordPress Popular Posts

WordPress › WordPress Popular Posts

簡単に人気記事一覧を表示させることができます。
インストールして有効化するだけで、PVのカウントが始まります。

ウィジェットとしてWordPressの管理画面から設定することができ、人気記事の期間(デイリーやマンスリーなど)やサムネイルの表示などいくつか設定するだけでサイドバーなどに人気記事一覧が表示されます。

また、より理想のデザインや表示にしたい場合は、専用のタグを利用してカスタマイズすることも可能!

人気記事を表示させてぜひとも回遊率を上げていきたいですね。

WordPress › WordPress Popular Posts « WordPress Plugins

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemap

ユーザー向けのサイトマップを生成することができます。
サイトに訪れた人が迷わないように、サイト全体を一覧化したサイトマップを設置してあげると親切です。

このプラグインを使えば、どんなにページ数が多いサイトでも、一瞬でサイトマップにしてくれ、さらには自動で更新してくれます。

WordPress › PS Auto Sitemap « WordPress Plugins

Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)

Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)

記事の下に関連記事を表示させることができます。
ユーザーの回遊を高めるためにも、関連記事一覧を表示させたいところですよね。

関連記事を表示させることができるプラグインはいくつかありますが、YARPPの特徴は関連度の高さです。

関連度の高さを5段階で設定でき、記事のタイトルや内容、カテゴリやタグなどから関連記事を指定数だけ表示してくれます。

WordPress › Yet Another Related Posts Plugin (YARPP) « WordPress Plugins

WP-PageNavi

コンテンツが増えていくと、すべてを1ページに表示させることが難しくなることがあります。
そんなときは、ページネーションを設置して、1ページに表示させるコンテンツの量を調整したいですよね。

ページネーションを自分で作るとなると、初心者にはとてもむずかしいのですが、このプラグインを使えばスタイルまで整ったページネーションを簡単に設置できます。

WordPress › WP-PageNavi « WordPress Plugins

プラグインの入れすぎに注意!

今回紹介したプラグインはほんの一部です。

まだまだ膨大な数のプラグインがありますが、便利だからといってインストールのしすぎには注意しましょう。
相性の悪いプラグイン同士が競合したり、サイトが重くなる可能性もあります。

本当に必要な機能なのか、それはプラグインで拡張するほどなのか(自分で実装できないか)をよく考えてインストールしましょう。

この記事を書いた人

ほづみかずゆき
1989年兵庫県出身。SEOと編集を主な領域としつつ、WordPressからフロンドコーディングまでやります。ベンチャー2社でWebディレクター兼マーケターを経て、株式会社IREMONOを創業。 @hozmii