この記事を書いた人:

初心者でもすぐにWordPressでオリジナルのECサイトを開設する方法

公開日:2016/07/12
更新日:
PR,WordPressの使い方

ECサイトを自前で作るとなると、Web制作の知識やスキルが必要になってきます。
どうしても敷居が高いと感じてしまいますが、最近では無料で簡単にECサイトを作成できるサービスも増えてきており、ハードルは下がっている印象です。

でも、やはりオリジナルのネットショップが持ちたい・・・と考えている人も多いのではないでしょうか。

今回はWeb制作の知識が全くない人でも、WordPressを使って、低予算で簡単にオリジナルのECサイトを開設する方法を紹介します。

ECサイトをイチからつくるために必要なこと

そもそも、オリジナルのECサイトをつくるためには少なくとも下記の3点が必要です。

・購買を促すためにUI/UXが考えぬかれたデザイン
・HTMLやCSS,Javascriptの知識とスキル
・決済機能や商品管理、ブログなどを実装するためのバックエンドの知識とスキル

当然Web制作の知識とスキルがないとできませんし、外注するとなると非常に高額になるだけでなく、開設までに時間もかかります。
はじめは、スモールビジネスとして始めていきたい人にとってはかなり敷居が高いと感じるのではないでしょうか。

自分では作れないし、外注も厳しいからといって、WordPressをインストールしただけでは、解決しません。WordPressは手軽に使えて機能も豊富と思われがちですが、既存のテーマのほとんどはブログや企業サイト、ポートフォリオ向けのテーマが多く、機能もそれらに特化しています。
特に機能面でいうと、ネットショップでは商品管理がしやすいことは欠かせませんが、それが実装されているテーマは少ないのが現状です。

そのため、デザインと機能の両方を満たしたテーマを使用する必要があります。

ECサイト作成におすすめのWordPressテーマ「BLOC」

そこで、ネットショップに必要な要素を満たしており、Web制作のスキルがなくても運用することができるWordPressテーマ「BLOC(ブロック)」を紹介します。

BLOC

【紹介ページ】WordPressテーマ「BLOC (tcd035)」 | ワードプレステーマTCD
【デモ】BLOC(tcd035) | WordPressTheme「BLOC (tcd035)」デモサイト ※レスポンシブ対応

ブロックのように敷き詰められ、商品の魅力を引き立たせてくれるデザインが印象的なBLOC。
セレクトショップやおしゃれな雑貨を取り扱うショップには特におすすめです。

もちろん、スマートフォンにも完全対応しています。PCでもスマホでも見やすく、美しいデザインになっていますよ。

そして、このテーマの素晴らしいところは、ネットショップのオーナーに向けて、機能やデザインを追求しているところです。
商品の魅力が最大限に伝わるデザインはもとより、集客に欠かせないブログや、お知らせ一覧など、ネットショップに必須であろう機能がそろっています。
また、それらを、HTMLやCSSの知識がなくても、管理画面から簡単に投稿や設定ができるようになっています。

WordPressを使って簡単にネットショップを開設するステップ

今回は、WordPressテーマ「BLOC」を使って、いかに簡単にネットショップが開設できるかを中心に、流れを紹介します。
尚、WordPressという性質上、決済機能は別で実装する必要がありますが、ここでは、「SPIKE」という、基本無料で利用できる決済サービスを使用して実装します。

ドメイン&サーバーを取得する

まずはドメインとサーバーを契約する必要があります。
特にドメインは、ネットショップにとって重要なブランドのイメージにもつながりますので、取り扱う商品やコンセプトに見合った名前にしましょう。

今回は、ドメインとサーバーの取得については説明を省きます。
詳しくは、「WordPress初心者でもオリジナルテーマのブログを作成するための手順」をご覧ください。

BLOCのテーマをインストール→有効化

サーバーにWordPressをインストールしたら、まずはBLOCのテーマをインストールし、有効化します。すると下記のような、初期状態のページが表示されます。

BLOC

ロゴなどの基本的な設定や商品の登録、その他運用に関しては管理画面から全て行うことができます。

サイトの基本的な設定を行う

BLOCでは、ロゴやレイアウト、サイトカラー、商品詳細ページやブログの表示情報など、かなり細かく設定をすることができます。

BLOC設定
商品設定

管理画面のメニュー > 外観 > テーマオプションからアクセスできるので、ショップのコンセプトや必要情報を整理して入力やチェックをするだけで設定完了です。設定次第でかなりオリジナリティを高めることができます。

商品を登録する

基本設定が終わったら、商品を登録していきます。
メニューに「商品」という項目があるので、新規追加で商品情報を入力するページが開きます。

BLOC
BLOC

それぞれどこに何を入力すればいいのかが一目瞭然ですね。
キャッチコピーや商品説明、商品画像など、魅力が伝わるよう意識して入力していきます。
画像はサイズの指定があるので注意しましょう。

ひととおり入力すると、下記のような美しいレイアウトのページが完成します。

bloc_detail

シンプルで、商品が引き立つデザインが印象的ですね。
商品画像はかなり大きく表示されるので(上部の画像は1200×600px)、構図や画質を考慮してクオリティの高い画像を用意する必要があります。
また、キャッチコピーや商品説明も、シンプルなデザインがゆえ目に入りやすいので、商品の魅力やメリットをうまく表現することが大切になってきます。

決済機能を導入する

このままだと商品の紹介だけになってしまうので、決済機能も導入します。
今回は、登録から設置までが非常に簡単な「SPIKE」を利用します。

SPIKE

SPIKEは、複雑なシステムの設定などは一切必要なく、カード決済機能を使用できるサービスです。月10万円までなら手数料も無料なので、個人でも導入しやすいのがポイント。

会員登録をして、ショップ情報と商品情報を入力し保存すると、購入ボタンを貼り付けるためのタグをコピーすることができます。

SPIKE

このタグをコピーして、BLOCの商品ページに貼り付けるだけで、下記のように購入ボタンを簡単に設置することができちゃいます。

商品ページ

どうでしょうか?見栄えの良い商品ページが一瞬で完成してしまいます。

集客もばっちり

商品ページをいくら作りこんでも、集客をしなければだれも購入してくれません。
ネットショップ運営では、自社ブランドや商品を知ってもらうためのマーケティングがとても重要です。

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSでの集客はもちろんのこと、ブランドを知ってもらうためのコンテンツや情報を充実させる必要があります。
例えば、ファッションのセレクトショップなら、着こなし術や、セール情報、新商品情報などを発信するなどですね。

BLOCには、標準でブログ機能が備わっており、すぐに情報発信を行うことができます。

ブログ

もちろん、SEOも考慮された設計になっているので、何も考えずとも、質の高い役立つ情報を発信すれば、検索による潜在的なユーザーの流入も見込めます。

さいごに

ネットショップは敷居が高いと思われがちですが、WordPressを使用し、BLOCとSPIKEを組み合わせれば、ここまで簡単に開設することができちゃうんです!

ちなみに、BLOCは高クオリティなWordPressテーマが揃っている「TCD」というサイトで購入&ダウンロードが可能です。

価格は12,980円(税込)。
オリジナルのネットショップが10000円ちょっとで開設できるのでかなりお得です。

マニュアルも用意されている他、サポートも充実しており、メール対応も受け付けているので、わからないことがあってもすぐに解決できます。

ネットショップに興味がある人は、是非挑戦してみてはいかがでしょうか!

【紹介ページ】WordPressテーマ「BLOC (tcd035)」 | ワードプレステーマTCD
【デモ】BLOC(tcd035) | WordPressTheme「BLOC (tcd035)」デモサイト ※レスポンシブ対応

こちらもおすすめ

低コストで効果の高いWordPressサイトを構築するために必要なこと | Creive【クリーブ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me

関連する記事

Recommended by