この記事を書いた人:

初心者卒業!サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携する方法

SEO,マーケティング

サーチコンソールとGoogleアナリティクス両方を自サイトに入れて、サイトの改善を行っている人は多いはずです。

サーチコンソールではサイトマップの送信、削除やクローラーの呼び込み・エラー、警告の確認&修正・検索クエリの確認等を行うことができます。Googleアナリティクスではサイトのページビュー数や訪問ユーザー数・滞在時間の平均等が確認でき、アクセス解析として導入している人が多いかと思います。また、Googleアナリティクス内ではユーザーがページに訪れてからの動向やカスタムレポートを使ってページごとのアクセス数、時間帯別のアクセス数も調べることができます。

実はこの二つ連携をさせることができるって知ってましたか?
今回はサーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携させる方法やメリット等についてご紹介いたします。連携方法自体大して難しくはないので、連携がまだなら今回の内容を参考に連携させてみてください。

連携するメリット・連携することでわかること

サーチコンソールの検索クエリとGoogleアナリティクスのアクセス解析データは似て異なるものです。

サーチコンソールの検索クエリはGoogleの検索エンジンからどういったキーワードで調べられたときに自身のサイトが検索結果に表示されているか等の情報が分かるのに対して、Googleアナリティクスではアクセスされてからのデータになります。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携させることで、「どのようなキーワードで調べられ、アクセスされ、そこから更にどのようにサイト内を回遊して離脱したのか」といった感じでユーザーの動きがある程度わかるようになります。

また、連携を行えば、Googleアナリティクスの機能を使って、サーチコンソールのデータを特定のメールアドレスに定期的に送るといったことも可能です。サーチコンソールの検索クエリデータは過去3ヶ月分しか残らず、それ以降は削除されてしまうので、クエリの全体的なデータを調べたときに役立つ機能です。

連携できていない状態

ちなみにGoogleアナリティクスの「Search Console」を選んで

こういった画面になっている方は、連携が出来ていないので以下の流れで連携してみてください。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法


Googleアナリティクスとサーチコンソール、両方のGoogleアカウントが同一のものであればすぐにでも連携を行うことができます。やり方は以下のようになります。

  • Googleアナリティクス側にログインし、連携したいサイトのアナリティクスを選択します。
  • 選択したサイトのアナリティクスのページから左サイドメニューの一番下にある歯車のマーク(設定)をクリックします
  • 「プロパティ設定」内の「SearchConsoleを調整」をクリックします。
  • SearchConsoleの設定ページになるので、ページ内の編集をクリックします。
  • 連携可能なサーチコンソールが表示されるので、同一サイトを登録しているサーチコンソールを指定して保存すれば完了

これでGoogleアナリティクスとサーチコンソールを連携させることができます。

連携させるサーチコンソールを選ぶ際、複数ある場合は、アナリティクスに登録しているサイトのURLと同じURLのものを選べば大丈夫です。間違えて別URLと連携させてしまうと、キーワードなどのデータがまったく違うものになってしまったりするので注意してください。
アナリティクスページ内の左サイドメニュー「集客」に「SearchConsole」の項目があるので、これをクリックしてサーチコンソールのデータが表示されていれば成功です。

Googleアナリティクス上でサーチコンソールのレポートをチェック

Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させると、Googleアナリティクス側からサーチコンソールのレポート等を確認することができます。
Googleアナリティクスページの左サイドメニュー「集客」内から「SearchConsole」をクリックすると専用のメニューが表示されます。確認できる内容は以下のものになります。

  • ランディングページ
  • デバイス
  • 検索クエリ

ランディングページ

ランディングページではユーザーにどのページがよく見られているかがわかります。サーチコンソールとGoogleアナリティクス両方のデータが表示されます。ランディングページの項目にはクエリと同じようにクリック率や平均掲載順位が表示されるので、この情報を元にサイトの修正なんかを行えば、サイトがより改善される可能性があります。

国はどういった国からのアクセスがあるのかを見ることができます。多言語サイトでなければほぼ日本からのアクセスだけのはずです。

デバイス

デバイスでは携帯(mobile)・PC(desktop)・タブレットそれぞれどれぐらいアクセスがあるかがわかります。最近ではモバイルからのアクセスが多い傾向にあります。

検索クエリ

サーチコンソールの検索クエリも表示されるので、検索クエリを確認するためだけにサーチコンソールを開く必要がなくなります。Googleアナリティクス内ではどのキーワードからアクセスされているかが分かるのに対して、検索クエリからはどのキーワードで調べられた際に検索結果に表示されているかがわかります。
両方を照らし合わせることで、どのキーワードを狙えばUU・PVの増加が図れるか、サイトの内容をどの方向に持っていくのがいいのか一つの指標を作ることができます。

まとめ:連携は簡単、そのあとの分析が重要

Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させることで、ユーザーの全体的な行動の流れやサーチコンソールのデータを特定のメールアドレスに送るといったことができます。特にサーチコンソールの検索クエリはユーザーの動向を掴む上ではかなり重要な情報だと考えられます。

検索クエリのデータそのものもアナリティクス側から見ることができるのがメリットです。Googleアナリティクス・サーチコンソール共に自身のサイトの今後の指針を考えたりするときにはかなり役立つデータです。連携させることでより詳細なデータを見ることができるので、同一アカウントで利用しているのであれば、かならず設定しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

YURI
Webマーケティングが好きです。Twitterはこちら、Blogはこちら。寄稿依頼もお待ちしております。

関連する記事

Recommended by