この記事を書いた人:

クリエイターなら知っておきたいクリエイティブコモンズライセンスの使い方

Web制作

ccl

クリエイターならば著作権などのライセンス関連はかならず守っていかなければなりません。

ライセンスにはいくつか種類がありますが、その中でも最近多くのクリエイターに使われているライセンスの1つ「クリエイティブコモンズライセンス」についてこの記事で学んでいきましょう。

クリエイティブコモンズライセンスとは

クリエイティブコモンズライセンス(CCL)は国際的非営利団体のクリエイティブコモンズによって提供されているライセンスで、作者がこのライセンスを利用すれば作者の意志にもとづいた作品の利用許可を受け手に示すことができます。世界各国で著作権に関する法律は異なるため、日本ではクリエイティブコモンズジャパンがそのライセンスを規定しています。(クリエイティブコモンズジャパン

検索動向を見ることができるGoogle Trendsで「Creative Commons Licence」を調べてみると、2000年代に入ってから徐々に知られるようになってきたことが分かります。

クリエイティブコモンズトレンド

また、地域別で見ると、スペインやポーランドなど欧州を中心に人気が高くなっています。一方で、アジア圏ではまだこれからというところのようです。

クリエイティブコモンズ地域別トレンド

クリエイティブコモンズライセンスを著作者が利用するメリット

インターネットで著作物を効率的に流通させることができるようになった現代では、作者が自分の作品を従来よりも多くの人に見てもらうことが可能になりました。これは文書や画像や動画のようなインターネットでの流通に適した作品を扱うクリエイターには大きなメリットになります。

しかし、インターネットを介せばだれでも容易に作品をコピーしたり改変したりしてネット上に公開することができるため、意図しない形で作品が利用されることもしばしばあります。そこで著作権でガチガチに利用制限していては思うように作品を見てもらえなくなります。かといってどんな利用のされ方も許してしまうのは本望ではないでしょう。そんなときにクリエイティブコモンズライセンスの利用メリットが出てきます。

ccl-c-pd

クリエイティブコモンズライセンスでは「Some rights reserved」という著作権保持(All rights reserverd)と著作権放棄(Public domain)の間の権利を規定しています。例えば「作者が著作権を保持しつつ作品の二次利用を許可したり、権利の帰属表記(Attribution)を不要にしたりできますよ」とこのライセンスを使えば作者は利用者に細かく意思表示できるようになるのです。

クリエイティブコモンズライセンスの使い方

クリエイティブコモンズライセンスを使うにはChoose a Licenseを利用する方法が便利です。自分が制限したいことにチェックを入れていくだけで最適なクレジット表記ができあがります。生成されたコードを作品を掲載したページに貼り付けるのもよいですし、画像をデータ・資料からダウンロードするのもテキストでCC-BY-SAなど付記するのもいいと思います。

また、クリエイティブコモンズライセンスは次の4つのライセンスの組み合わせで表記されています。

表示

表示

人物で示されるこのアイコンは「表示」を意味します。このライセンスでは、作品の複製、頒布、展示、実演を行う場合は著作権者の表示が必要なことを示しています。

非営利

非営利

ドルを打ち消すアイコンで描かれるこのアイコンは「非営利」を意味します。このライセンスでは、作品の複製、頒布、展示、実演を行う場合は、非営利目的での利用に限定することを示しています。つまり商用利用ができないということです。

改変禁止

改変禁止

イコールで示されるこのアイコンは「改変禁止」を意味します。このライセンスでは、作品の複製、頒布、展示、実演を行う場合は、どんな改変も禁止することを意味します。つまり二次創作物として利用することはできません。

継承

継承

ぐるりとまわるアイコンで示されるこのアイコンは「継承」を意味します。このライセンスでは、作品を改変・変形・加工した二次作品についても元の作品のライセンスを継承させた上で頒布を認めることを意味します。簡単に言えば、原作のライセンスと同じライセンスを用いなさいということです。

クリエイティブコモンズライセンスの種類

それではクリエイティブコモンズライセンスにどのようなバリエーションがあるのか1つずつ確認していきましょう。

CC BY

by

CC BYは「表示」ライセンスのみのライセンスです。作品のクレジットを記載しておけばコピーして公開したり改変したり営利目的で利用したりできます。

CC BY SA

by-sa

CC BY SAは「表示」と「継承」の組み合わせです。営利・非営利問わず作品のクレジットを記載しておけばコピーして公開したり改変したりできますが、原作のクリエイティブコモンズライセンスを作った作品に適用しなければいけません。

CC BY NC

by-nc

CC BY NCは「表示」と「非営利」の組み合わせです。非営利目的に限り、作品のクレジットを記載した上での作品のコピーや改変をして作品を頒布することができます。

CC BY ND

by-nd

CC BY NDは「表示」と「改変禁止」の組み合わせです。営利・非営利目的問わず作品のクレジットを表記した上での利用はできますが、原作を改変したものを頒布することはできません。

CC BY NC SA

by-nc-sa

CC BY NC SAは「表示」と「非営利」と「継承」の組み合わせです。作品のクレジットを表記した上で作品をコピーしたり改変したりなどできますが、利用は非営利目的に限ります。また、二次作品を頒布する場合のライセンスは原作のクリエイティブコモンズライセンスに従わなければなりません。

CC BY NC ND

by-nc-nd

CC BY NC NDは「表示」と「非営利」と「改変禁止」の組み合わせです。作品のクレジットを表記した上で原作を改変せずに非営利でのみ作品を頒布することができます。

最後に

クリエイティブコモンズライセンスについては著作権がらみであるため、TPP交渉の中で注視していかなければならないことの1つです。クリエイティブコモンズが投稿した記事Trans-Pacific Partnership Would Harm User Rights and the Commonsを読んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

ケイタ
都内に潜むWebエンジニア。制作/運用/データ解析など幅広くやってます。 応援は@keitaoriginalからどうぞ。

関連する記事

Recommended by