低コストで効果の高いWordPressサイトを構築するために必要なこと

PR,WordPressの使い方

design-top

自社サイトを作らなければいけなくなっときにまず思うのが「本当に集客できるのだろうか」ということではないでしょうか。

企業のサイトを作る以上、「自社の認知向上」や「製品の売上UP」など、目的があるはずです。

しかし、そういった目的を達成するためには、それ相応のWebサイトと良質なコンテンツ、適切なマーケティングが不可欠です。

今回は、はじめてWebサイトを立ち上げるWeb担当者や、過去に挫折したことがある人へ向けて、低コストで集客できるサイトを作るために必要なことについて解説し、さらには実際にどうすればよいのかまで紹介します!

集客するために必要なこと

TCD2

サイトを作る目的は企業によっても違うと思いますが、いずれにしろターゲットを呼びこむ、つまり集客をする必要があります。
そして、ただ集客するだけではなく、お問い合わせや広告への誘導、自社製品の購入へと繋げるなど、最終ゴール(コンバージョン)へ導きたいですよね。

そのためには、サイトを制作するにあたり「SEO(or SNS)」「デザイン」「コンテンツ」を意識し制作しなければなりません。

SEOとSNS

作ったサイトへ人を呼びこむためには、一般的に、検索エンジンから集客する「SEO」やTwitterやFacebook、最近はInstagramなどの「SNS」がメインとなります。
(広告という選択肢もありますが、有料での集客になるため今回は省きます。)

SEOとは、Googleをはじめとした検索エンジンからの集客を狙うもので、適切な対策をし、良質なコンテンツを作りつづければ、集客にお金をかけなくてもターゲットを自社サイトへ呼び込むことができます。
TwitterやFacebookは、ターゲットにとって役立つ情報や継続的な運用をすれば、世界中のひとへ自社コンテンツを認知させることができるだけでなく、バズを起こせば短時間で多くの流入が見込めるようになります。

UIを考えたデザイン

SEOやSNSの運用で集客ができたらそれで終わり・・ではありません。
今度は、自社サイトへ流入したターゲットをCVへ導かなければなりません。

そのためには、自社のコンテンツや製品を魅力的に見せるためのデザイン、そしてUI設計が必要になります。
いくら、コンテンツや製品が良くても、見にくかったり使いにくければ、CVすることは難しいでしょう。

運用まで考えた管理画面

自社サイトへ継続的に集客するためには、定期的なコンテンツの更新が必要です。
全く更新のないサイトには、誰も訪れてくれません。
リピーターこそ、CVに繋がる可能性が高いですが、何度も来るだけの理由がなければ離れていってしまいます。

継続的にコンテンツを更新・運用していくためには、エンジニアではない職種の人でも更新ができる、使いやすい管理画面が必須でしょう。
WordPressを使えば、誰でもブログ感覚で更新できる使いやすい管理画面がデフォルトで用意されています。
しかし、機能が多かったり、カスタマイズしにくかったりと、外注ライターさんや、他のメンバーに更新を頼むときは、少しややこしい場合があります。

そこで出てくる課題

TCD3

SEOの知識もある&SNSも運用できる、けどコーディングできない

SEOもSNSも、サイトを成長させていく段階で重要になってくるマーケティング手法ですが、何も考えずにコーディングすると満足に集客できない可能性があります。

例えば、SEOに力を入れるのであれば、メタタグをはじめ、適切にコーディングしたり、ディレクトリ構造なども考えたりしなければなりません。
SNSであれば、OGPの設定や、SNSボタンの実装も必要になります。

つまり、全部自分で作るのであれば、SEOやSNS運用の知識だけではダメで、HTMLなどのコーディングのスキルも必要になるのです。

デザインできないorデザイナーがいない

UIも最適化されていて、コンテンツや製品を魅力的にみせるためのデザインが必要というのはわかっていても、自社にデザイナーがいないし、自分でデザインもできない・・という場合も多いのではないでしょうか?

デザインは見よう見まねで作ったとしても、それで満足な効果が得られるのか不安がありますよね。
やはり、できればデザイナーに頼みたいところです。

そもそも、オリジナルテーマはスキルがいる

WordPressは簡単にオリジナルテーマが作れる・・というように思いがちですが、効果が高くデザイン性にすぐれたテーマを作るためには、それ相応のHTMLやCSSの知識、PHPの知識、デザインのスキルが必要になったりするんです。

解決策

TCD1

外注する(でもコストはかかる)

自社で作ることができないのであれば、外注するというのが一番手っ取り早いでしょう。
SEO対策やSNSの運用を考えたコーディングはもちろん、コンテンツを魅力的に見せるクオリティの高いオリジナルデザインが手に入るので、満足のいくサイトになるはずです。

しかし、やはり外注となるとどうしてもコストがかかってきます。
特にWordPressを使って、それなりにデザイン性や運用性の高いサイトとなると尚更です。

WordPressやコーディングの勉強をする(でも時間はかかる)

コストをかけずにオリジナルテーマを作りたいのであれば、自分で勉強してしまうのが一番です。
WordPressは、ある程度のコーディングスキルがあれば、自由にカスタマイズできるのが魅力です。

ただ、一朝一夕でできるものではありませんので、完成までにけっこうな時間を要するでしょう。

それにサイト作りに注力するなら、少しでも多くのコンテンツを作成して、はやく結果を出したいですよね。

無料テーマを使う

予算もなく、自分で作るスキルもない場合、無料のWordPressテーマを使うという手もあります。
WordPressには、世界中のクリエイターが作成した無料で使えるテーマが公開されており、誰でも使用することができます。

ただし、海外製のWordPressテーマは、スパムの危険性があったり、そもそも日本語化されていないので使いづらいということもあるので要注意です。
国産テーマも豊富にありますが、海外製ほど母数は多くないので、他のサイトとデザインが被ってしまうことがあります。

それらを考慮しても、無料テーマを使えばすぐにサイト運営が始められるという点でメリットは大きいでしょう。

予算を抑えて最短で効果の高い高品質なサイトを作るなら有料テーマという手も

潤沢な予算はないし、自社で作れるだけのリソースもないけど、デザイン性が高く効果の出るサイトが作りたいのであれば、有料のWordPressテーマを使うのもひとつの手です。

「無料のテーマがたくさんあるのにお金を払うなんてナンセンス」と思うかもしれませんが、有料テーマには下記の3つのメリットがあります。

初期費用を払えば高品質なテーマが手に入る

多くの場合、有料テーマは、初期費用(数千円~数万円)のみを払えば手に入ります。
有料な分、無料のテーマに比べて、機能やコーディング、デザインなどあらゆる面で高品質です。

高い!と思われる方もいるかもしれませんが、外注よりも圧倒的に安い価格で、外注並みの高品質なサイトが作れると考えたらコストパフォーマンスは非常に高いのではないでしょうか。

最初から集客できる&運用できるだけの機能がある

基本的に、有料テーマには申し分ない機能と、最適なコーディングがされています。

HTMLやCSSなどの知識が一切なくても、SEO対策やSNSの設定周りはバッチリです。
つまり、導入したその日のうちに、運用をはじめることができて、コンテンツづくりに集中できます。

有料なので他のサイトともかぶりにい

有料な分、無料テーマに比べて導入しているサイトは少ないでしょう。特に個人サイトではあまりお金をかけずに運営したい人が多いため使っている人は少ないです。

つまり、他のサイトとデザインが被りにくい点で大きなメリットがあります。

有料テーマが探せるおすすめサイト「TCD」

有料テーマを探せるサイトはいくつかありますが、全く知識がなくても安心して導入できるテーマがいいですよね。
国産のWordPressテーマで圧倒的に高クオリティで、デザイン性も高いテーマが手に入るサイトといえば「TCD」です。有名なので使ったことがある人も多いかもしれません。

ワードプレステーマTCD | WordPressのテーマ・カスタマイズ情報サイト

デザイン性が高く、集客力も抜群

TCDの魅力は、なんといってもそのデザイン性の高さです。
テンプレートとは思えないほど細かいところまで作りこまれたハイクオリティなテーマがそろっています。

正直、これだけのデザインを外注しようと思えば、費用も跳ね上がるでしょう。
しかも、ブログサイトやコーポレートサイト、ECサイトなどジャンル別に揃っているので、目的に応じて最適なテーマを見つけることができるのではないでしょうか。

しかも、ただおしゃれなだけでなく、コンテンツや製品を魅力的にみせ、CVへ導くために、UIも考えぬかれています。
国産テーマだからこそ、日本語で美しく見えるように文字間やフォントにもこだわっており、よくある「デモサイトではかっこよかったのに、いざ導入してみたらあまりおしゃれじゃなかった」ということで頭を悩まされることもありません。

丁寧なコーディング

デザインだけでなく、コーディングまで洗練されているのがTCDのすごいところ。
SEOに最適化されているのはもはや当たり前で、細かい部分までこだわっているデザインを完全再現しており、無駄がない美しいコードとなっています。

もちろん、モバイルフレンドリーで、スマホ表示でも、デザイン性や機能性を損ねることなく閲覧することができます。
全くHTMLやCSSをいじる必要なく、ただ導入するだけで、満足いくサイトができあがります。

機能性抜群!

満足いくデザインのテーマが見つかっても、使い辛ければ意味がありません。
無料テーマでは、管理画面が作りこまれていることは少なく、結局さまざまなプラグインをいれたり、設定をしたりと、WordPressについての知識が少し必要なことも多いです。

しかし、TCDは各ジャンル毎に必要な機能はすべて実装済みです。
WordPressの知識が一切なくても、マニュアル(全てのテーマに付属しています)を見れば必要な機能をつけることができます。

おすすめテーマ(いくつかピックアップ)

FOCUS
FOCUS

グリッドレイアウトで優れたWordPressテーマといえば「FOCUS」です。

様々なサイズのカードがブラウザ上に美しく表示されるデザインで、ページを表示させた瞬間に気持ちいい動きで訪れる人を迎え入れます。

デモではタイルの角が直角になっていますが、優しいイメージのWebサイトにしたいときは数値を設定してカードを角丸にすることも可能。

訪れる人を惹きつけるデザインを求める方には「FOCUS」がオススメです。

デモ
FOCUS

AMORE
AMORE

エレガントさや高級感を表現したい時、インパクトのあるページを作成したい時にオススメなのが、パララックス用のWordPressテーマ「AMORE」です。

通常であれば、パララックスサイトを1からデザインして制作する場合多大な開発費用がかかってしまいます。しかしこのテーマを使えばその費用を大幅に抑えることが可能です。

長い間、パララックスのサイトを研究し、汎用性とデザイン性を最大限に高めた結果から生まれたWordPressテーマです。

デモ
AMORE

INNOVATE HACK
INNOVATE HACK

最先端のメディアデザインを手に入れたい方は「INNOVATE HACK」がオススメです。

「マガジンメディアにイノベーションを起こす」というコンセプトの元に生まれたテーマで、グローバルメニューにロールオーバーした時の動きや、スライダーの細部の動きにこだわりがあります。

記事を書くことだけに集中したい、メディアを作りたい人にとってはもってこいのWordPressテーマ。

デモ
INNOVATE HACK

CUBEY
CUBEY

CUBEYは、一流のアフィリエイターの為のWordPressテーマです。

特徴としては、広告スペースやコンテンツの見せ方にこだわりがあり、アフィリエイト報酬や広告などの売上を最大化させるデザインが適用されています。

そして効率よく売上が上がるように、広告を配置する位置もCTR(クリック率)や広告量とコンテンツのバランスを考えてレイアウトされています。

長年アフィリエイトサイトを運営してきたTCDだからこそ作れる、一流のアフィリエイターの為のWordPressテーマです。

デモ
CUBEY

まとめ

いかがでしたでしょうか。

成果をあげるサイトを作るためには、様々な知識やスキルが必要になりますが、サイト作りに時間がかかり、肝心のコンテンツを疎かにしてしまっては本末転倒です。

できるだけ低コストで理想のサイトを作り、いちはやく魅力的なコンテンツを発信し、成果をあげていきましょう。

【今回紹介したWordPressテーマサイト】
ワードプレステーマTCD

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me