勤怠管理システムのおすすめ・比較12選!効率よく勤怠管理をしよう

勤怠管理システムは働き方改革を推進している現代において、全ての企業で導入必須のサービスです。

しかし、「勤怠管理システムが多くてどれが自社に適しているかわからない!」と思っていませんか?

今回はそんな疑問を解消する「勤怠管理システムのおすすめ」や、勤怠管理システムの選び方や特徴・種類についても詳しく解説をします!



勤怠管理システムを選ぶときのポイント

勤怠管理システムを選ぶときには以下の3つのポイントがあります。

  • 費用対効果
  • 勤怠管理以外の機能の有り無し
  • 自社にマッチした打刻方法か

 

ひとつずつ解説していきます。

費用対効果

勤怠管理システムは比較的1人あたりのコストは安いサービスが多くなっています。とはいえ、従業員数が多くなってくるとその分高額になってしまいます。

できれば、無料トライアルといった方法で、導入コストとその効果について事前に把握しておきましょう。

自社にとって費用対効果が高いか検証しておく必要があります。また、コストが低いと利用できる機能も少なくなってしまうので注意が必要です。

勤怠管理以外の機能の有り無し

費用対効果と合わせて、出退勤管理以外の機能があるかも確認しておきましょう。

自社が欲しい機能をあらかじめ決めておけば「不要な機能が多すぎる」「機能が不足している」といったミスマッチを防ぐことが可能です。

自社にマッチした打刻方法か

勤怠管理システムは進化しており、PC・タブレット・スマホからの打刻のはじまり、GPS打刻・生体認証での打刻といった打刻方法の選択ができます。

自社の業種によって、どのような打刻方法が必要・現場のニーズが高いか事前に確認しておきましょう。

打刻方法によってメリットが違うので、いくつか候補を選定することが必要です。

勤怠管理のおすすめ12選!

ジョブカン勤怠管理

公式サイト: https://jobcan.ne.jp/

ジョブカン勤怠管理の特徴とメリット

ジョブカン勤怠管理の特徴とメリットは、使う人を選ばない操作性です。ジョブカン勤怠管理は、基本的な勤怠管理機能は全て搭載しており、機能面では他に劣る部分はないと言えるでしょう。

柔軟なシフト管理が可能で、打刻方法もさまざま。打刻方法は、ICカード打刻やLINE打刻・Slack打刻・モバイルGPS打刻・指静脈打刻。

あらゆる業界に対応でき、評判の良いサービスです。指静脈機能であれば打刻不正や打刻漏れの激減が可能ですし、コンプライアンスの重視にも繋がるでしょう。

サポートも充実しており、ジョブカンサポート窓口を設置。操作に不安があっても、すぐにサポートを受けることができますし、3日のトライアル期間も用意しています。

まず試してみてから本格的に導入するといった手軽さも人気の秘密です。また、必要な機能を選択できる点もメリットと言えるでしょう。

ジョブカン勤怠管理の料金

ジョブカン勤怠管理は、初期費用・サポート費用が0円で利用できます。30日間無料で全機能を制限なく利用でき、月ごとのプラン変更も可能と柔軟性もあります。

機能は、出勤管理・シフト管理・休暇・申請管理・工数管理の4つの機能を選択可能です。

1ユーザーあたりの月額 利用可能機能数
0円 機能制限あり
200円 1つ利用
300円 2つ利用
400円 3つ利用
500円 4つ利用

ジョブカン勤怠管理の口コミ

さまざまな打刻方法があるのがいいですね。現場に直行・直帰したり、終日外出することもあるため、以前はすごく打刻漏れが多かったんです。ジョブカンは外出先でも打刻する方法があるので、打刻漏れを減らせました。

引用: https://jobcan.ne.jp

キングオブタイム

公式サイト: https://www.kingtime.jp

キングオブタイムの特徴とメリット

キングオブタイムは、クラウド勤怠管理システムでは業界シェアNo.1のサービスです。勤怠データを管理しつつ、給与計算ソフトとの連携も可能。打刻システムも豊富なので、さまざまな企業に適したサービスと言えるでしょう。

休日残業や割増残業なども計算もでき、異常な残業があった場合は警告で通知してくれます。

他にも、WEB打刻機能やスケジュール管理・ICカード打刻機能・休暇管理といった機能を搭載しています。

PCとインターネットだけで簡単に高度な勤怠管理を導入できるシステムと言えるでしょう。

キングオブタイムの料金

キングオブタイムは、月額1人300円で利用できます。また、導入拠点数分の打刻機器代については、個別見積もりとなるため問い合わせが必要です。

キングオブタイムの口コミ

メールはあまり使わず、電話でのサポートはよく使っています。画面共有をしていただいての案内は便利だと思います。

ユーザーの多いサービスなので多少電話がつながりにくいことがありましたが、オペレーターの方の対応の質は非常に高く、どの方に当たっても皆さん丁寧で嫌な思いをしたことがありません。

引用:https://www.kingtime.jp

jinjer勤怠

公式サイト: https://hcm-jinjer.com

jinjer勤怠の特徴とメリット

jinjer勤怠はマルチデバイス対応しており、簡単に導入・利用できます。PCやスマホ・タブレットはもちろん、チャットツール・Apple Watch・Google home・GPSを利用した打刻が可能です。

ここまでできるサービスは珍しく、データはリアルタイムで反映。管理者の負担まで考えられたシステムとなっています。

働き方改革関連法にも対応しやすいように、残業超過になりそうな場合は自動アラートがでます。

また、クラウド版なので、アップデートも自動で行われると言った手間や負担の軽減も可能です。

さらに、定点モニタリングによる従業員のコンディション管理も特筆すべき点です。従来では発見できなかった課題も見つけることが可能となっています。

他にも機能は多数あり、その数は世界最高水獣といっても過言ではありません。多くの機能を活用したい企業にとってはここの上ない勤怠管理システムと言えるでしょう。

jinjer勤怠の料金

jinjer勤怠の料金は、データベースに加えて任意のプロダクトを選択できる仕組みになっています。

選択できるJinjerのプロダクトは、勤怠管理・経費精算・労務管理・人事管理・ワークバイタルとなってます。

プラン 初期費用 1ユーザー月額 備考
ライトプラン 100,000円 300円 1プロダクト追加
スタンダードプラン  150,000円 600円 3プロダクト追加
プレミアムプラン 200,000円 1,000円 5プロダクト追加

jinjer勤怠の口コミ

jinjer勤怠ではアプリをダウンロードすればスマートフォンから出退勤の打刻ができる、という点が非常に大きかったです。

スマホさえあればGPS機能で位置情報とあわせた出勤・退勤の時間を簡単に報告できるので、直行直帰が多い従業員がどこでいつ業務を行っているのかが正確に把握できるようになりました。

引用:https://hcm-jinjer.com

バイバイタイムカード

公式サイト: https://www.byebye-timecard.net/

バイバイタイムカードの特徴とメリット

バイバイタイムカードは、大手企業が多く導入している実績豊富な勤怠管理システムです。サービス名の通り、タイムカードは必要ありません。

出退勤打刻や給与計算は、QRコードやICカード・指静脈の読み取りだけで自動集計できます。遠隔地にある事業所や工場などの勤怠もリアルタイムで確認できるので、業務の負担を大幅に減らすこともできます。

また、カスタマイズによって、残業時間のアラートやフレックス制度の管理といったこともでるのは魅力です。

サポートも充実しており、コンサルティングチームがシステム稼働まで二人三脚で対応。
安定した勤怠管理システムを求める企業にはうってつけのサービスです。

バイバイタイムカードの料金

個別見積もりとなるため、詳細は問い合わせが必要です。

バイバイタイムカードの口コミ

バイバイ タイムカードは、グループ内の体制やルール、システムなどが結合されればされる程、メリットが出てくるソリューションなんだなということが段々分かってきました。

最近ではグループ全体の勤怠管理の「共通システム」という位置付けが、定着してきています。

引用: https://www.byebye-timecard.net

Touch On Time

公式サイト: https://www.kintaisystem.com/

Touch On Timeの特徴とメリット

Touch On Timeは、カスタマイズ可能な主計の柔軟さとさまざまな打刻方法・多彩な管理機能が魅力の勤怠管理システです。サポートも充実しており、安定した稼働まで徹底的に対応してくれます。

さらに、予定人件費と実際の人件費との差異がわかる予実機能、残業時間や遅刻・休暇への警告設定もあります。

シンプルな価格設定も魅力で、一人300円という料金と無料トライアルが可能です。
その価格は、従業員1人から対応可能。

つまり、勤務する全員が使う必要はなく、たとえば月に100人の内80人しか打刻しなければ80人分の料金しか発生しないといったこと。月間で最小のコストで無駄のないサービスを受けることが可能なのです。

また、残業や休日出勤のような、細かい時間も簡単に分類してくれます。

Touch On Timeの料金

初期費用0円、月額1人300円で全ての機能が利用できます。

Touch On Timeの口コミ

バラバラであった勤怠方法が標準化されて、集計やチェックが非常に楽になりました。集計が自動化されただけでなく、リアルタイムでの確認作業や勤怠に難がある方(大体同じ人)へ修正のお願いをする根拠にもなっています。

引用: https://www.kintaisystem.com/

就業奉行10

公式サイト: https://www.obc.co.jp/bugyo/shugyo

就業奉行の特徴とメリット

就業奉行は、PCやモバイルデバイスなどから打刻方法を選択できます。その内容は申告と同時に承認者に自動で通知でき、承認漏れの未然防止も可能です。

また、働き方や場所に応じた打刻といつでも勤務実績の確認ができる機能を搭載しています。集計の手間も削減しており、勤怠集計や検算をExcelで行う必要がありません。

打刻情報や労働時間は自動計算されるので、日々も画面確認・月末の締め処理だけで作業が完了できます。

就業奉行の料金

初期費用110,000円~・1人月額350円・サポートは無料で利用できます。

就業奉行の口コミ

1分単位で打刻ができるので、詳細に残業管理ができます。打刻への意識付けによって残業に対する社員の考えも変わりました。
そのような意味でも業務の削減につながっています。

Gulf CSM 勤怠管理

公式サイト: https://www.gulfnet.co.jp/csm_kintai/

Gulf CSM 勤怠管理の特徴とメリット

Gulf CSM 勤怠管理は、福利厚生を充実させたい企業におすすめです痒い所に手が届くような勤怠管理システムで、労務リスクの軽減や多様な働き方・生産性向上が実現できるようなサービスとなっています。

もちろん、勤怠管理システムとして打刻、給与計算、休日管理といった基本機能は網羅。
その上で福利厚生に注力しています。

たとえば、常にリアルタイムで従業員の勤怠管理ができ、長時間労働防止のため週単位・月単位でアラート表示を出力。

さらに、計画段階でのアラート表示もできるので、未然に長時間労働の防止もできます。
社員のモチベーション上昇を促す機能として、社員評価をポイントに還元できます。ポイントは航空券やコンビニ商品購入などに利用できます。

加えて、社会保険の加入補助のシステムや、外国人労働者にも嬉しいマルチ言語対応も可能です。

このように、勤怠管理システムとしての役割にプラスして、人材の定着にも着目したサービスなのです。

Gulf CSM 勤怠管理の料金

個別見積もりとなるため問い合わせが必要です。

Gulf CSM 勤怠管理の口コミ

実績のあるパッケージを探していたところ、「Gulf-CSM勤怠」に出会いました。「Gulf CSM勤怠」はベースとなるパッケージとしては最適でした。

カスタマイズ、アドオン開発も必要でしたが、SEも我々のコンセプトを理解してくれて、真剣に熱意を持って、システム開発に取り組んでくれました。

引用: https://www.gulfnet.co.jp

IEYASU

公式サイト: https://www.ieyasu.co/

IEYASUの特徴とメリット

IEYASUは、1000社を超える多くの企業のサポート経験を活かした専門ノウハウによる勤怠管理システムです。

リアルタイムで従業員の勤怠状況や残業時間を確認でき、それぞれの管理も簡単に行うことができます。

シンプルで直感的な操作が可能で、リアルタイムでの勤怠管理や給与計算・日報機能・ICカード打刻などの機能が無料。日次データは月次集計でき、従業員別にCSV形式で出力できます。

ただし、ICカード打刻の場合はカードリーダーの用意が必要です。

また、有料プランだと無料プランの機能に加えて、メールサポートや申請ワークフロー・有給休暇の自動付与などの機能が利用できます。

さらに、日報管理も可能で業務内容とそれにかかった時間を管理し、業務内容の改善や成果の確認といった機能もあります。

IEYASUの料金

プラン 1ユーザー月額 社員数 備考
フリー 無料 制限なし サポートや機能制限あり
ベーシックS 3,800円 39名まで 広告非表示・機能制限なし
ベーシックM 9,800円 149名まで 広告非表示・機能制限なし
エンタープライズS 29,800円 499名まで 広告非表示・機能制限なし
エンタープライズM 59,800円 999名まで 広告非表示・機能制限なし

1,000名以上は問い合わせが必要です。

IEYASUの口コミ

従来使用していたタイムカードよりも、管理が簡単で担当者の負担が大幅に軽減されました。休憩時間が複数回打刻できたり、時刻の設定が自由であったりとフレックスタイム制の弊社では助かっています。

CYBER XEED すまぁと勤怠

公式サイト: https://www.i-abs.co.jp

CYBER XEED すまぁと勤怠の特徴とメリット

CYBER XEED すまぁと勤怠は、CYBER XEED就業の簡易版サービスとしてリリースされています。導入も早く、申し込みから最短3日で利用可能。

打ち漏れの情報や打刻集計・給与ソフトなどへの連携といった一連の機能を搭載しているサービスです。出退勤や残業・休暇といったデータはタイムリーに確認できます。

また、サーバーやネットワークの追加構築は不要で、既存のネット回線で利用できることも特徴です。

もちろんサポートも万全でシステムエンジニアが操作の不明点や疑問を丁寧にサポート。
おなじ画面を見ながら適切なサポートを行ってくれます。

CYBER XEED すまぁと勤怠の料金

すまぁと勤怠初期費用として50,000円・e-clocking初期費用として40,000円がかかります。月額は5,500円です。

CYBER XEED すまぁと勤怠の口コミ

CYBER XEEDなら、店舗毎の従業員の動きを把握することが可能です。個々のパーソナリティもあるため、それだけですべてを判断することは難しいところですが、勤怠の記録は1つの指標として活用しております。

人員配置を見直したことで、業務の効率が改善した店舗もあらわれてきました。

引用: https://www.i-abs.co.jp

シュキーン

公式サイト: https://www.shukiin.com/

シュキーンの特徴とメリット

シュキーンの特徴は、スマートフォンで簡単に打刻できることです。これは最大の特徴で、スマートフォンを持って通るだけで打刻可能。手間がなく、なおかつ正確な打刻ができます。

スマートフォンから打刻修正の申請、休暇や残業の申請もできるので簡単です。他にも、NFC対応ICカードやPC・スマートフォンのブラウザからも打刻可能。

登録済の出退勤のデータは棒グラフで表示されるので直感的な理解ができ、全体の勤務状況の把握に役立ちます。

データは、残業時間管理や統計・月別集計・日別集計などがクラウド上に集計できます。
管理面も優れたサービスと言えるでしょう。

シュキーンの料金

1人あたりの月額は200円です。
ただし、各事業所の利用人数によって発生する料金が異なるので、詳細は問い合わせが必要です。

シュキーンの口コミ

Web上で対象社員の出退勤が把握できるので便利です。誰が出勤していて誰が出勤していないかがスマートフォン上でわかるので便利です。
対象の社員の出退勤がWeb上でわかるので、非常に便利。

スマートエイチアール

公式サイト: https://smarthr.jp/

スマートエイチアールの特徴とメリット

スマートエイチアールは、書類作成に強いサービスです。たとえば、年末調整の書類であっても、たったの3ステップで完了します。

労務担当と従業員の間で完結するので、お互いの負担も少なく余計な手間がなくスムーズに作成できます。

他にも入社後の手続きも従業員の個人情報があれば簡単に作成可能。
役所やハローワークへの書類提出もWEB上からできるので、わざわざ行く手間も省け生産性の向上も見込めてくるでしょう。

また、従業員の個人情報は一元管理しており、社会保険、雇用保険などの労務管理でのミスを最大限に減らします。複数のツールを開くことがないので、従業員データの更新もれといったミスも防止できます。

スマートエイチアールの料金

無料トライアルプラン・スモールプラン・スタンダードプラン・プロフェッショナルプランあります。
料金の詳細は個別見積もりとなるため、問い合わせが必要です。

スマートエイチアールの口コミ

提出状況の確認や締め切りの管理もなくなって楽になったと実感しています。以前は、給与計算ソフトに取り込める形に加工するのも大変でしたが、今では従業員が入れてくれた情報をCSVで出力するだけになり、かなり楽になりました。

引用: https://smarthr.jp

ShiftMAX

公式サイト: https://shiftmax.co.jp/

ShiftMAXの特徴とメリット

ShiftMAXは、プライベートクラウド型の勤怠管理システムです。プライベートクラウド型とは、クラウド型の簡単な導入・低価格とオンプレミス版の自由度も高さを併せ持ったシステムです。

エクセルをインターフェースに採用しており、導入時の現場スタッフ教育の手間を最大限に削減しています。

打刻方法は場所や人数によって選べ、ICカード・スマートフォンなどのモバイル打刻・生体認証まで対応。

サポートもさまざまなパターンのシフトや勤怠管理にも対応します。
雇用形態や時間帯や休日によって変化する給与やワークフローなども細かくサポート。

過重労働時のアラートや有給休暇の取得日数といった労働基準法の遵守ができるような機能を盛り込んいます。

ShiftMAXの料金

初期費用は200,000円~で、月額は1ユーザー300円です。
また、契約可能ユーザー数は10人単位となっています。

ShiftMAXの口コミ

勤怠情報の集計を行う際には、これまでは紙や打刻機の情報をエクセルへに入力し、それを別の担当者がシステムに入力するなど二重三重の手間がかかっていました。

もちろん、そのチェック確認にも時間が必要ですし、ヒューマンエラーが生じる原因にもなりかねません。このような手間が一気に集約されたことが、この効率化の理由です。

引用: https://shiftmax.co.jp

勤怠管理システムを導入すべき企業

勤怠管理システムを導入すべき企業は以下のような問題を抱えている企業です。

  • 勤怠管理を効率化しコストの削減をしたい企業
  • 労働環境を改善したい企業

ひとつずつ解説していきます。

勤怠管理を効率化しコストの削減をしたい企業

勤怠管理システムを導入すれば、紙からのデータ入力・集計の作業工程を削減できます。たとえば、月の稼働時間のうち20時間を勤怠管理に使っているような場合。

こういった場合でも、勤怠管理システムの導入によって月1時間までに削減可能です。
勤怠管理システムは、低価格で優れたコストパフォーマンスを発揮すると言えるでしょう。

労働環境を改善したい企業

勤怠管理システムは出退勤管理以外にも、労働・残業時間や休暇といたデータの集計ができます。

このデータ集計によって、働きすぎの防止や適正な休暇の付与といった社員にとってより働きやすい環境の整備ができるようになります。

また、タイムカードではなく生体認証や顔認証によって、不正の防止へもつながっていくでしょう。

勤怠管理システムを導入するときの注意点

勤怠管理システムを導入するときの注意点は以下の5つです。

  • 自社ルールとの相性
  • システムやツール使用の難易度
  • クラウド型か自社開発か
  • サポートの費用や範囲
  • トライアル期間

ひとつずつ解説していきます。

自社ルールとの相性

まず自社ルールとの相性の確認が必要です。自社では普通のことが普通ではないことも多く、企業ごとの勤務ルールに適したシステムを導入しなくてはいけません。

たとえば、出退勤の回数は一般的には1日1回です。しかし、現実には複数回の出退勤を行うこともあるでしょう。そういった場合に、勤怠管理システムの記録が1日1回しか取れないとなると、効率的なシステムの稼働は難しくなります。

自社の勤務ルールや管理方法・その他必要な条件に沿った勤怠管理システムかどうかに確認は欠かせません。

システムやツール使用の難易度

勤怠管理システムの打刻方法はさまざまです。タイムカードとは違い、その打刻操作の種類によって難易度は異なります。

たとえば、ICカードを使ってさらに操作が必要な場合や、指静脈やスマホを使うものまで多くあります。

便利になればなるほど、慣れていない社員にとっては難易度が高く、扱いにくいものです。
勤怠管理システムの導入時には、自社社員が確実に使いこなせるかどうかのチェックが必要です。

手軽なクラウド型か、自社開発型か

自社にピッタリな勤怠管理システムを求めるなら自社開発型です。しかし、自社開発型はカスタマイズ性が高く最適なシステムにできる一方、導入コストが高くなってしまいます。

クラウド型の費用と比較した場合、5年程度使わなくてはいけないこともあります。また、導入やシステムの保守を考えると社内にシステムに詳しい社員もいなくてはいけません。

とはいえ、自社開発型は数万人の社員を抱えていたり、情報を社外に出したくない場合だったりのときは向いているでしょう。

クラウド版は、多少のランニングコストがかかりますが、導入や運用に時間や手間が少なく、過去の実績やノウハウがあるといったメリットもあります。

サポートの費用や範囲

サポート面に関しては、どこまでやってもらえるのか。社内ソースを考えどこまでなら対応できるのかを、かかる費用と比較して考えるべきです。

費用は、自社開発型の場合は開発元と保持契約を締結し、クラウド版は月々の料金に含まれている場合が一般的です。

トライアル期間

導入前に調査した結果、大丈夫と判断しても実際使ってみると不便に感じるかもしれません。特に、勤務ルールが独特な企業の場合は、システムが自社に合わないことも。

そういったリスクはクラウド版に多く、トラブルを回避するためにトライアル導入はしておきたいところです。

トライアル導入がない場合でも、契約期間が1ヶ月のものを選ぶといった判断はしたようが良いでしょう。

まとめ

勤怠管理システムは、働き方改革の実施や効率の良い勤怠管理に導入必須のソフトです。

また、サービスによって、実績や機能・コストはさまざま。導入ハードルが低いツールも多く、上手に選べば費用対効果も高いので、自社の勤怠管理をより効果的にしましょう!