バッテリーを気にせず携帯が使える!おすすめモバイルバッテリー7選

「バッテリーをチラチラ、、、ああ、バッテリーの持ちが悪い!」
あなたはこんな悩みを考えていませんか?

確かに外出など、バッテリーを気にしながらスマホやタブレットを使うのはストレスがたまってしまいますよね。
だからモバイルバッテリーが欲しい!
けど、どれを選べばいいのかわからない。そう考えているはずも多いはず。

事実、モバイルバッテリーには充電容量が大きいハイスペックなものから持ち運ぶのが楽しいおしゃれなものまで種類がたくさんあります。
自分の持っているスマートフォンにぴったりのモバイル充電器を見つけたいですよね。

そこでこの記事では、大容量のオススメモバイルバッテリーを3つ、デザイン性の高いおしゃれなモバイルバッテリーを4つ用意しました。
自分だったらどれを選ぶか考えながら見てみてください。

後半ではモバイルバッテリーを選ぶときのポイントや注意すべき点も解説してあります。ぜひ最後までご覧になってください。

この記事を読み、モバイルバッテリーを購入することで、携帯のバッテリーを気にせずに気軽に外出することができます。
あなたにぴったりのモバイルバッテリーを見つけて欲しい。という思いで、この記事を書きました。
少しでも役に立てば幸いです。

では解説していきます。



複数回充電できる!大容量のオススメモバイルバッテリー3選

モバイルバッテリーを欲しいと思っているあなたは、どれだけ充電することができるか。という機能を一番欲しがっているかと思います。
まずはiphoneXなどのスマートフォンを3~5回ほど、ipadなどのタブレットを2回程充電できる、大容量のモバイルバッテリーを紹介していきます。

Anker PowerCore 20100

Ankerシリーズはモバイルバッテリーとして最も有名な中国のメーカーが手掛けるシリーズです。
その中でもAnker PowerCore 20100は、20100mAhのバッテリー容量(iphoneXSの充電5.3回分)を持っています。重量は約356g(缶ジュース1本ほど)で、20000Ah以上のモバイルバッテリーでは、最もコンパクトで世界最軽量です。(2018年11月時点)

さらに充電先のUSBポートを2つ揃えているので、スマートフォンなどを2機同時に充電することができます。
また接続した機器を識別して最適な充電を行うこと技術や充電速度を高める技術も備えており、充電速度が早いのも魅力です。

モバイルバッテリーを購入したことがなく、とにかく大容量のバッテリーが欲しいときには一番にオススメしたい商品になります。

スペック

  • 容量:20,100mAh
  • 出力ポート数:2.4A×2
  • サイズ(幅×高さ×厚さ):約58×166×22mm
  • 重量:約356g
  • インジケーター:LED
  • 保証期間:18ヶ月

ADATA 「Power Bank AP20000D」

ADATA 「power Bank AP20000D」は容量20000mAh(iphoneXSの充電5.3回分)で、先ほど紹介したAnkerと同様、2つのUSBの出力に対応するしているため、スマートフォンなどを2機同時に充電することができます。Ankerと違う最大の特徴がバッテリーの残量を1%単位で正確に表示できることです。Ankerなど、他のモバイルバッテリーではモバイルバッテリー自体の残りのパーセンテージがわかりません。

しかし、ADATA 「power Bank AP20000D」は自身の残りの容量を1%単位で表示してくれます。また、非常時にはLED懐中電灯として電源、証明としても利用することができます。価格も3,018円ほどで、Ankerより2,000円ほど安く、お値打ちです。

スペック

  • 容量:20,000mAh
  • 出力ポート数:2.1A×2(2ポート合計)
  • サイズ(幅×高さ×厚さ):約80.6×163×23.3mm
  • 重量:約450g
  • インジケーター:液晶
  • 保証期間:1年

Powerald Pilot

(出典:Amazon)
とにかく安く、充電容量が多いモバイルバッテーが欲しい!という方にオススメしたいのがこのPowerald Pilotです。20000Ah(iphoneXSの充電5.3回分)の大容量を持っているのはもちろんのこと、大容量の割に2,099円(Amazon)という非常に安く、お手頃な価格です。
保証期間も24ヶ月と他の製品よりも長いこともあり、安心して購入することができるかと思います。

スペック

  • 容量:20,000mAh
  • 出力ポート数:3.1A×2(2ポート合計)
  • サイズ(幅×高さ×厚さ):約15.5×8.0×2.28mm
  • 重量:約440g
  • 保証期間:2年

以上が20000Ah以上(iphoneXSの充電5.3回分)のモバイルバッテリーオススメ3選になります。

持っていると幸せになれる、デザイン性の高いオススメモバイルバッテリー4選

ではここから持っているだけで幸せになれる、デザインに優れたモバイルバッテリーを4つ紹介していきます。

フルーバー

(出典:公式サイトhttp://www.devicenet.co.jp/product/dn/dn-mbf4000.htmlより)
思わず友達が持っていたら突っ込んでしまいそうな、フルーツらしさにこだわった見た目のモバイルバッテリー、フルーバ。TBSで放送されている「マツコのしらない世界」など、多くのメディアでも紹介されている、人気のモバイルバッテリーです。
果物はりんご、オレンジ、スイカ、キウイの4種類です。
USBなどの接続口は実際のフルーツの「へた」に似せた設計をしていて、表面の光沢のツルツル感はまさにフルーツのような仕上がりをみせています。丸みを帯びた持ちやすい形と厚みで、手にフィットするちょうど良い薄さです。また112gと軽量で持ち運びが楽なのも魅力の一つです。
プレゼントとしても喜ばれるモバイルバッテリーです。

スペック

  • 容量:4,000mAh
  • 出力ポート数:2.1A×1
  • サイズ(縦×横×厚さ):約102×78×20mm
  • 重量:112g
  • 対応ケーブル:microUSB(iphoneにはLightningケーブルが必要)

たいやき型モバイルバッテリー そそげ! たいやきくん

これは食べることができません!
たいやき型モバイルバッテリー そそげ! たいやきくんは手のひらに乗ってしまうほどのたいやきの形をした小型のモバイルバッテリーです。

愛らしい見た目なのにもかかわらず、6,000Ahものバッテリーを搭載していて、iphoneXの充電を2回以上することができます。たいやきくんの目が赤くなった時がモバイルバッテリー、たいやきくんの充電タイミングになります。

持ち歩いていてもモバイルバッテリーかと疑ってしまうほどの見た目ですね。
たいやきの口の部分が接続口になっています。

スペック

  • 容量:6,000mAh
  • 出力ポート数:1.3A×1
  • サイズ(縦×横×厚さ):約82×123×25mm
  • 重量:135g
  • 対応ケーブル:microUSB(iphoneにはLightningケーブルが必要)

猫型モバイルバッテリー

NHKアニメで大人気の、ニャンボーキャラクターの世界観を再現した、猫耳つきモバイルバッテリー。女性に人気のモバイルバッテリーでもあります。四角の形の上にひょっこりと耳が付いているのが特徴です。また見た目と違って6,000mAh(iphoneXの充電を2回以上)のパワフル仕様であることや、急速充電にも対応しているため、モバイルバッテリーとしても高いスペックがあります。

スペック

  • 容量:6,000mAh
  • 出力ポート数:2.4A×1
  • サイズ(縦×横×厚さ):約79×70×24mm
  • 重量:135g
  • 対応ケーブル:microUSB(iphoneにはLightningケーブルが必要)

コスメモバイルバッテリー リップススティックタイプ

まるで本物のコスメのようなデザインが魅力のモバイルバッテリーです。めざましテレビ・ZIP!・王様のブランチなどテレビや雑誌でも紹介され、芸能人も多数愛用している世界的に人気の大ヒット商品です。化粧ポーチに入れておいてもモバイルバッテリーと全くわかりません。また女性の友達、恋人にプレゼントしても喜ばれる品物です。

スペック

  • 容量:2,600mAh
  • 出力ポート数:1A×1
  • サイズ(縦×横×厚さ):約100×29×29mm
  • 重量:63g
  • 対応ケーブル:microUSB(iphoneにはLightningケーブルが必要)

以上がデザイン性に優れたおしゃれモバイルバッテリーのオススメ4選になります。

モバイルバッテリーを選ぶときの2つのポイント

以上で紹介したオススメのモバイルバッテリーの中に自分にぴったりのモバイルバッテリーはありましたか?

モバイルバッテリーは欲しいけどまだ選ぶ基準がわからないという方のために、モバイルバッテリーを選ぶときの2つのポイントを紹介していきます。

端末に合わして容量を選ぶ

一つ目のポイントが端末に合わして容量を選ぶことです。

スマートフォンを充電したいのか、タブレットを充電したいのか、パソコンを充電したいのかによってどのくらいの容量のモバイルバッテリーを選べばいいのかが変わってくるからです。

例えば、iPhoneSEやXperia Xなど容量の小さなスマホに20,000Ahのバッテリー容量のモバイルバッテリーを選ぶと、約20回も充電することができ、無駄になってしまいます。それであったら5,000Ahの価格が安いモバイルバッテリーを選んだ方が良いでしょう。逆に、パソコンを充電したいと思って5,000Ahのバッテリー容量のモバイルバッテリーを選ぶと、フルで充電することができなくなってしまいます。

自分がどの端末を充電したくてモバイルバッテリーを購入するのかを考え、その容量にあったものを購入することが大切です。

下記の写真はそれぞれの端末を一回充電するのに必要な容量が記されています。
iphone Xでいえば一回充電するのに、2716Ahの容量が必要であるので、そこから考えて3回ほど充電できるのが十分と思うのなら10.000Ahのモバイルバッテリーを、5回以上充電する必要があるのならば20,000Ahのモバイルバッテリーを選ぶ必要があるでしょう。

(参考:https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=10945より)
上記の表を参考にして、自分が持っている端末に合わして容量を選ぶことがモバイルバッテリーを選ぶ上で大事なポイントになります。

タブレットを充電したいのならば2A以上の出力ができるモバイルバッテリーを選ぶ

もしあなたがタブレットを充電したいならば2A以上の出力ができるモバイルバッテリーを選びましょう。
*A(アンペア)とは充電の速さに大きく関係する電流の大きさのことです。

なぜなら最近のタブレットなどは高性能化しており、2A以上のものでないと充電することができないものが多いからです。

A(アンペア)の数値は商品データに「5V/1A」「5V/2.1A」のような記入があります。モバイルバッテリーを購入した後に充電できなかったということがないようにA(アンペア)の数値は購入前に確認しておくようにしましょう。

これから購入するモバイルバッテリーに自分の端末に対応するUSBポートがついているのかを注意する

ポイントを抑えたら最後に自分の端末の充電ケーブルが購入するモバイルバッテリーのUSBポートに繋がるかを注意するようにしましょう。

購入した後に、実は自分の携帯の端末に対応していなかったということがよくあるからです。OSとAndroidスマホでは、充電ケーブルの形状が異なります。最近のモバイルバッテリーは基本どちらにも対応していますが、中には一部の端末にしか対応していないものもあるので、購入前に必ず対応ケーブルの種類を確認しましょう。(上記で紹介したフルーバー、猫型モバイルバッテリー、たいやき型モバイルバッテリー そそげ! たいやきくん、猫型モバイルバッテリー、コスメモバイルバッテリー リップススティックタイプなどはiphoneに対応するケーブルが必要になります)

商品データの対応ケーブルをしっかり確認して、購入した後にケーブルがささらなかった、対応しなかったということがないように十分注意してください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

モバイルバッテリーを選ぶ2つのポイントと注意点

  • 端末に合わして容量を選ぶ
  •  タブレットを充電したいのならば2A以上の出力ができるモバイルバッテリーを選ぶ
  • これから購入するモバイルバッテリーに自分の端末に対応するUSBポートがついているのかを注意する

をここがけて自分にあったモバイルバッテリーを見つけてください。