退職代行のおすすめを比較して厳選しました【弁護士監修で失敗しない】

「会社を退職したいけれどもう会社関係者と一切のかかわりをしたくない。」
「もろもろの交渉をしたり手続きをしたりするのすら嫌だ。」
「退職したい旨を会社に伝えたけれど取り合ってくれない……。」

そんなときは退職代行サービスがおすすめです。

あなたは依頼するだけ。

後の交渉や手続きは全て退職代行サービスが行ってくれます。

とはいえ退職代行サービスの業者はたくさんあって初めて利用する人は迷ってしまいがちです。

今回は

  • 選ぶポイント
  • 注意点
  • おすすめの退職代行サービス

を紹介します。

辞めたいけど自分では言い出せない…

「会社を辞めたいけど、言い出せない、辞めさせてもらえない」なら
退職代行EXITを使って辞めるのが1番。退職の際の面倒な手続きは全て代行してくれます。

LINE無料相談を活用して、希望日で退職できるようにしましょう。



退職代行とは【辞めるまでの流れ】

退職代行 とは

退職代行とは読んで文字の如く

退職を代行してくれるサービスになります。

ただ、代行してくれることはわかりませんが多くの方は退職の流れはわかりませんよね。

ましてや代行業者を利用して退職となると、どのような流れになるのか余計わからなくなってしまいます。

退職代行を利用する前にどのような流れで退職をするのか知っておくことで不安を取り除きましょう。

  1. 相談+申し込み
  2. 支払い
  3. スタッフと打ち合わせ
  4. 本人に変わって退職の連絡
  5. 退職代行の報告を待つ

流れはこのような形でシンプル。

相談をして支払いをすれば、あとは退職代行業者が退職に必要な手続きを全て行ってくれます。

ただし、一つだけ自分で準備しなくてはいけないものがあります。それは

「退職届」

これだけは自分で用意するようにしましょう。

準備してくれる、代行業者もありますが、「有資格者しか代行書類の作成はできない」ので余分にお金を払わなくてはいけなかったり、そもそもの料金が高額の場合があります。

  • 名前
  • 退職したい日付
  • 退職する旨
  • 会社、社長の名前
  • 捺印

が書いてあれば十分退職届としての効力を発揮します。

また、退職してしあえば2度と関わることのない人です。何も考えずに淡々と必要事項だけを書いておけば大丈夫です。

退職代行サービスを選ぶときのポイントは?

退職代行 選ぶ ポイントは?

「退職代行サービス」で検索をするとたくさんの業者が検出されますが、退職代行サービスならば何でもいいというわけではありません。

選ぶポイントについて紹介をします。

安易に選んだり料金の安さだけで選んだりすると余計なストレスを被ることになるかもしれませんので慎重に行いましょう。

料金

退職代行サービスを依頼するにあたってまず気になるのは料金ではないでしょうか?安い方がもちろん嬉しいですよね。

しかし安すぎる料金は考えものです。

弁護士なしで退職代行サービスを行っていたりサポートが不十分だったり後からオプション料金を請求されたりなどのリスクがあります。

もちろん、高いお金を払えば安心というわけではありません。
相場を知ること、そして料金内で何をしてくれるのかをチェックすることが重要です。

退職代行サービスの中には有給の買い取りを会社に交渉してくれて「実質無料」でサービスを行うことを謳っている業者もいます。

しかし有給の買い取りにはいくつかの条件があるので実質無料は「そうなったらラッキー」程度に捉えておきましょう。

料金の相場は正社員と非正社員(パート、アルバイト、契約社員など)で相場が少々異なります。

  • 正社員の相場は約5〜6万円
  • 非正社員の場合は約3~4万円。

高いと感じるか安いと感じるかは人によるでしょうが、実際の利用者からは「数万円で綺麗に会社と縁が切れるならば安いもの!」との声が多く集まっています。

またきちんとした退職手続きを行わないままバックレてしまうと損害賠償を請求されてしまうリスクもあるので、注意が必要です。

退職代行サービスはメディアで取り上げられることも多くなり、注目度が高まったので新規参入業者が増えたため、相場が下がっている傾向があります。

以前は10万円以上する業者もいました。

顧問弁護士や顧問行政書士がいるのか

本来、退職とは自分だけでできるものです。しかし退職代行サービスを利用したいと考えているのならば、その退職が一筋縄ではいかない問題を抱えていますよね?

ここで頼りになるのが弁護士や行政書士など専門的な知識を持つ人達です。
会社側は法律知識が乏しい素人社員相手にあれこれ難癖をつけて辞められないような状況に追い込んでいることが多いですが、その道のプロには通用しません。

逆に料金が安くても専門家がいない退職代行サービスの利用はやめましょう。
サービスの質が悪いだけでなく、顧問弁護士ではないとやってはいけない手続きなどもあり、非合法の業者である可能性もあります。

ただし、顧問弁護士はあくまで退職代行サービスという業者の顧問であって、利用者の顧問ではありません。

顧問弁護士から指導を受けたスタッフが利用者の退職手続きを代行します。
一方、行政書士は何をしてくれるのかというと、書面でのトラブルを解決したり回避してくれたりする人です。

交渉などは代行してくれませんが、退職時に提出する書類に「行政書士」の名前があるとだけで受理されやすくなります。

退職代行サービスはあくまで退職を依頼者に代わって交渉するのが仕事なので、残業代未払い、パワハラ、待遇交渉などは別件扱いです(対応してくれる業者もいます)。

実績や評判はどうか

退職代行サービスは万能ではありません。
依頼した人が全員満足の行く結果を得られているわけではないことを知っておきましょう。

かといって「退職できない」ということはほぼありません。

しかし辞める際に勤め先から嫌がらせの電話が来たり、損害賠償をにおわされたり、書類の発行を渋られたり、離職票だけは受け取りに行かなければならなかったりする場合もあります。

その会社が特別悪質である場合もありますが、退職代行サービスの手腕によっても結果は変わってくるので口コミや実績などをチェックしましょう。

サービス内容の詳細について

退職代行サービスの業者のほとんどは相談、即日対応、そして退職手続きの代行をおこなってくれます。

そのうえで業者によっては有給消化を買い取る交渉をしてくれたり転職のサポートが受けられたりもできます。

一方、利用者の親になりすまして会社に退職を伝えることを暗に匂わせている業者はトラブルに発展しやすいので避けましょう(会社が折り返し実家に電話をかけてくるリスクがあるため)。

またどの業者であっても会社から借りているもの、保険証の手続きなどは自分で行う必要があります。
退職代行サービスに依頼をしたその日から会社に行く必要はありませんが、全て丸投げ!というわけではないです。

しかし自分でやらなければならないものの大半は郵送で済むので、会社に行く必要や話す必要はありません。

退職代行サービスの中には退職が成功した後の再就職先のサポートが受けられる業者もあります。
退職後の生活に不安がある人は利用してみましょう。

退職代行のおすすめランキング【絶対に辞められる】

それではいよいよおすすめ退職代行サービスの紹介です。

実力も実績もある業者ばかりなので大船に乗ったつもりで退職の代行を依頼しましょう。

EXIT(イグジット)

公式サイト:退職代行EXIT

料金 30000円〜
即日退職 可能
専門家 顧問弁護士

料金は正社員が50000円、非正社員が30000円からです。多数のメディアに露出しており、知名度が高く、信頼感も抜群。

料金は相場よりも少し高めなのですが、

  • サービスの質
  • サポートの手厚さ

などを総合した安心感は1番です。

退職代行サービスは本来ならば縁がないのが一番ですが、次の職場もうまくいかなかった場合、2回目以降の利用は1万円の割引があります。

相談自体は無料です。EXITは転職サポート業者であるワークポートと提携をしていて、ワークポートを通して転職先が決定した場合、利用料が無料になります。

次の職場を早く決めたい人におすすめです。電話、メール、LINEなど簡単に申し込みを行うこともできるのがポイントです。

SARABA(サラバ)

公式サイト:SARABA

料金 27000円
即日退職 あり
専門家 行政書士

料金は27000円です。

万が一退職に失敗した場合は全額返金保証があります。弁護士ではなく行政書士が退職をサポートするのが料金の安さの理由です。

また無事退職が成功したあかつきには転職サポートも無料で受けられます。ただし有給消化サポートは行っていないので注意しましょう。

SARABAはメール、LINE、電話で依頼することができます。
365日24時間対応してくれ、相談だけならば無料です。

ニコイチ

公式サイト:ニコイチ

料金 28000円〜
即日退職 あり
専門家 顧問弁護士

料金は28000円からです。
ニコイチは創業14年、年間700件、累計4000人の退職を成功させてきた業界の老舗であり、大手となっています。

もちろん退職成功率は100%!有給消化サポートで実質無料の可能性も!退職の相談だけならば無料で受け付けてくれます。

相談やカウンセリング、見積もりをしてから納得して契約を結べるので安心です。退職のシナリオももらえるので先の見通しもつきやすくなります。

ニコイチはLINE、メール、電話で依頼ができますが対応時間に注意しましょう。
午前7時から午後8時まで、ゴールデンウィークやお盆、年末年始は休業です。

辞めるんです

公式サイト:辞めるんです

料金 30000円〜
即日退職 あり
専門家 顧問弁護士

料金は30000円からです。
365日24時間LINEや電話で申し込むことができます。
朝起きて、今日だけじゃなく、もう2度と会社に行きたくないと思ったときに思い出してみましょう。

有給サポートがあり、実質無料でサービスを受けられる可能性も!
退職届は自分で書く必要がありますが、退職届のテンプレも貰うことができるので簡単にすませることができるでしょう。

また万が一退職できなかった場合は全額返金保証があり。退職成功率100%がその自信の現れです。

退職代行コンシェルジュ

公式サイト:退職代行コンシェルジュ

料金 30000円〜
即日退職 あり
専門家 顧問弁護士

料金は正社員49800円、非正社員30000円ですが、3月までキャンペーンとして30000円で利用できます。
利用を考えているのならば今がチャンスです!社員寮に住んでいるなど退職に係る貸賃契約や書類作成等の手続きに浮いても対応をしてくれます。

また無料の転職相談も受けられるので次は自分に合った仕事を見つけましょう。

メールとLINEで依頼をすることができ、365日24時間対応です。
未払いの残業代や有休消化の相談にも乗ってくれます。

今回はおすすめしなかったけどほかの退職代行サービス

退職代行サービスを行っている業者はまだまだありますよ。

電話代行ヘルプマン

公式サイト:https://nextinnovation-wa.jp/denwa/

1回3240円から電話を代行してくれます。

電話代行ヘルプマンは退職代行が専門ではなく、謝罪、内定辞退、クレーム、密告などなかなか自分ではしにくい電話全般の代行を行ってくれる業者です。

もちろん退職電話の代行もお手のものです。幅広い内容の電話代行の経験、ノウハウを持っているのでスムーズに電話で退職の意思、交渉を行ってくれます。

数回の電話だけで済みそうな場合はこちらの業者の方が経済的でしょう。
申し込みはメールと電話になります。

営業は平日が午前9時から午後9時まで、土日祝日は午前10時から7時までです。
相談だけならば23時まで受け付けてくれます。

RETIRE

公式サイト:https://www.taishoku-daiko.com/

料金は20000円~40000円です。基本料金はかなり良心的です。

しかし別途、連絡作業料金、特急対応料金、深夜連絡対応料金、文書連絡料金、文書作成料などのオプションコースがあります。

相談や見積もりの段階で自分に必要なものだけを選択するようにしましょう。社労士の資格を持った人が運営をしているので専門性が強いです。

申し込みはメールと電話で行えます。電話は午前9時から午後12時まで受け付けています。

退職代行Chang Life

公式サイト:https://www.changelifetaisyoku.com/

料金は正社員が40000円、アルバイトが35000円です。

難しい退職であっても料金内で顧問弁護士が対応をしてくれます。
多くの退職代行業者は顧問弁護士がいたとしても直接対応をしてくれるのは顧問弁護士の指導を受けたスタッフです。

有給休暇などでもめそうなときにおすすめです。
即日対応はもちろんのこと、休日や深夜でも可能な限り対応をしてくれます。
申し込みはメール、LINE、電話などでできます。

ウラノス法律事務所

公式サイト:http://xn--u9j0f7b6d8fp23qnsyeldn9kq.com/

料金は正社員が54000千円、非正社員は43200円からです。

もっと安い退職代行業者はありますが、最初から弁護士が対応してくれるのでスムーズに円満退職を目指せるでしょう。退職届を書く必要もありません。

また弁護士事務所ならではで、他の退職代行サービスではあまり取り扱っていない未払給料・残業代・退職金 等の交渉も行ってくれます。

退職代行サービスとセットで依頼をした場合は着手金が無料で成功報酬は経済的利益20%です。

退職以外にも問題を抱えている人に向いているでしょう。
依頼は電話、メール、LINEでできます。

退職代行センター

公式サイト:https://asanagi.co.jp/lp/

司法書士が代表取締役社長を務める退職代行サービスで、TwitterやYouTubeなどでもさかんに宣伝しており、知名度が高いです。

料金は30000円になります。依頼はメールとLINEです。

深夜や休日でもできる限り対応をしてくれます。退職できない場合は全額返金保証があり安心です。

Kawaru+(カワルプラス)

公式サイト:https://taishoku-shushoku.com/

料金は正社員が50000円、パート・アルバイトが19800円です。分割払いにも対応をしてくれています。

FOSCHIA JAPAN株式会社が運営をしている退職代行サービスです。退職代行だけでなく、保険や年金の切り替えなども行ってくれます。

また会社に残した私物の回収までしてくれるので、急な理由で退職したい人におすすめです。さらに万が一裁判沙汰になった場合も料金藍で弁護士が対応をしてくれます(条件はありますが)。

さらにKawaru+の凄いところは退職した後のアフターフォローも整っている点です。
失業保険の手続きのサポート、メンタルケア、そして再就職の支援まで行ってくれます。

退職したいけれどその後のことが不安という人は利用してみましょう。
申し込みはLINEとメールでできます。

BPH退職代行

公式サイト:https://baitosenmon.shopinfo.jp/

料金は19800円です。

退職代行サービスの業界では珍しくアルバイト、パート、派遣社員といった非正社員の退職のみを取り扱っています。

正社員や契約社員、準社員は適応外です。また毎月千着5名以内に申し込むことができれば料金割引が受けられたりさらに充実したサービスを受けたりすることができます。

料金が安いので利用対象内の人にはとてもおすすめです。特に月初めはねらい目といえます。

退職代行.com

公式サイト:https://taishoku.amebaownd.com/

料金は一律19800円です。

正社員でもこの値段で退職代行サービスを受けられるのはなかなかありません。
しかし利用できるのは毎月5名までです。

月初めを狙ってみましょう。
値段こそ安いですが、サービスの質は決して悪くなく、千人以上が退職を成功させてきました。

退職届は自分で書かなければなりませんがサポートを受けることができます。
またオプションで残業代請求サポートもあるので、退職以外にも問題を抱えている人は相談してみましょう。

また2回目以降の利用は20%オフになります。タイミング次第では利用できないこともありますが、質と安さを重視する人におすすめです。

申し込みはメールで出来ます。

退職支援アシスト

公式サイト:http://sigotoyametai-assistant.hatenablog.com/

料金は20000円~50000円ほどです。
オプションがたくさんあるので見積もりを作ってもらい、自分に必要なコースを依頼しましょう。

できるだけ自分でやるようにするとかなり安く金額を抑えることができます。
一方オプションを利用することで退職届の作成もしてもらえて便利です

丸投げで退職したい人は利用してみましょう。

退職専門電話代行

公式サイト:https://taisyoku-denwa.net/

退職専門の電話代行サービスです。料金は30000円で、複数回電話をすることになっても料金内で対応をしてくれるので安心して任せられます。急ぎの場合の料金は5万円です。

これまで250人以上が無事退職に成功しました。電話でのみの対応なので、退職届を書いたりモロモロの手続きを行ったりする必要があります。

料金は安いですが、電話のみということでやや確実性が欠けるので勤続年数が浅かったりアルバイトだったりする人におすすめです。

すっきり電話代行

公式サイト:https://tel-daiko.com/

料金は1回10000円です。アルバイトやあまりトラブルを抱えていない時の退職におすすめです。

トラブルを抱えていたり、会社で責任ある立場になっていたりする人の場合は電話が1回では済まないことが多いので別の法律関係に強い退職代行サービスに依頼をするのがおすすめです。

録音や深夜対応などのオプションもあるので必要ならば利用しましょう。すっきり電話代行は利用者のニーズにとても柔軟に対応をしてくれていて、家族や恋人などになりすましての電話も引き受けてくれます(会社側から折り返しの電話がかかってきた時にバレやすいのでおすすめはできません)。

退職代行のミカタ

公式サイト:https://taishoku.online/

料金は雇用形態に関わりなく25000円からです。2018年の実績は298件、成功率は100%です。

相談は無料で、申し込み後も退職完了まで何度も相談することができ、心強い業者といえるでしょう。

深夜や休日でも申し込みをすることができます。スタッフは顧問弁護士からの指導を受けているので、法律関係も強いです。有給休暇の消化についても対応をしてくれます。

必要書類の請求も行ってくれるので、利用者は贈られてくる書類に記入をして郵送すれば退職完了です!

退職代行エスポワール

公式サイト:https://daikou-espoir.com/

料金は30000円です。電話とLINEで申し込むことができます。返金保証がありますが、これは退職が成功しなかった場合だけでなく、退職したけれど満足しなかった場合も対象になります。

ただ退職をするのではなく、利用者が満足する退職を行う自信があるということでしょう。
面倒な手続きは全て代行してくれます。

また少し条件はありますが、無料の転職支援も受けることができます。自分が転職支援を受けられる条件にあてはまっているかどうか分からない場合は相談は無料なので契約を結ぶ前に相談をしてみましょう。

スピード退職.com

公式サイト:https://zanreko.com/speed-taishoku/

利用料金はフルタイム社員が60000円から、アルバイト・パートが50000円からです。顧問御弁護士がいるので安心です。

複雑な案件であっても弁護士が同料金で交渉をしてくれます。依頼はメール、LINE、電話でできます。電話の場合は平日午前10時から午後23時にしましょう。

料金はやや高めですが、退職代行以外にも未払いの残業代などの請求好意、交渉行為などができるのが強みです。深刻なトラブルを抱えている人にとって心強い退職代行サービスでしょう。ブラック企業から脱出した暁にはホワイト企業への転職支援も受けられます。

悪質な退職代行を使用した際のトラブル例

退職代行 トラブル例

今回ご紹介した退職はしっかりと届出を出していて運営している業者ばかりです。

ただ、流行りのサービスということもあり、同じよう会社が乱立している背景があります。

比較のポイントも料金のみを比較してしまいがちで、その他の条件は見ずに安さだけで契約してしまいトラブルにあうパターンもあります。

そのトラブルのパターンもご説明します。

辞めることはできたけど有給が消化できない

退職代行を使用して、仕事は辞めることはできましたが。

業者は辞めることしか伝えてくれず、有給は消化できないはめに。

結果、退職を伝えたのに辞めるまでの2週間は働かなくてはいけない変な状況に。業者に文句を言いましたが、確かに「退職する」と言う事実には成功してるので・・・

あの2週間は地獄の2週間でした。

有給は文面でしっかりと消化することを宣言しなければ消化をすることができません。

悪質な業者だと退職届を出すことしか代行してくれず、その他のアドバイスはしてくれないこともあります。

退職日が変わっていて保険料を余分に支払うことに

退職はできました。ですが、退職した翌月に見覚えのない書類が。

何かと思ってみていたら、社会保険料の支払いでした。私が提示した退職日ではなく月末に退職したことになっていました。その結果、社会保険料は自腹しなくてはいけないことに。

講義したいですが、これ以上こんな会社に関わりたくないので泣き寝入りです。

退職はしたものの退職した書類をチェックしておらず、会社側が退職日を変えて税金や保険料を節約しようと思っていたことに気づかれず請求されてしまったパターンです。退職に関することは全てアドバイスしてくれる会社を選びましょう。

返金保証に対応してくれなかった

実は退職代行を使用しての退職に失敗しました。もちろん退職できる可能性は100%ではないこと理解していましたが、その後の対応が最悪。「自分で辞表をもう一度提出してくれ」と言われ、そもそも初めの契約で失敗したら全額保証と書いてあったので指摘したら「失敗していない」と。

おかしいと思い契約書をみると「※失敗(退職届を提出できなかったら)」と書いてありました。確かに退職届は出してくれたので何も言えず。

契約前に絶対に契約書類は読んだ方がいいです。

返金保証にも注意が必要。契約書を細かくチェックすると、返金の条件がしっかりと記載してありますので理解しておきましょう。

良質な業者であればまずは退職に失敗した際は素直に返金してくれますし、フォローもしてくますが、悪質なサービスの場合はそのようなフォローは全くありません。

退職代行のよくある質問

退職代行 質問

退職代行を利用する際によくある質問をご紹介します。

退職代行を年末年始に使いたい場合はどうすればいいの?

できればお盆や年末年始などの長期休暇に退職をしたい方は多いです。

特に年末年始は年度も切替わるため、年度も変わりますし新規一転という意味でも退職したい方が増えます。

年末年始に対応しているかいないかは会社によって異なりますが、対応をしてくれる会社はあまり多くありません。

今のところ「退職代行EXIT」が365日対応をしているので頼りにしましょう。

ただ、申し込む人も多くなり対応できなくなることも予想されるので早めの問い合わせをおすすめします。

非弁のリスクはあるの?

非弁活動(ひべんかつどう)[1]とは、法律で許されている場合を除いて、弁護士法に基づいた弁護士の資格を持たずに報酬を得る目的で弁護士法72条の行為(弁護士業務)を反復継続の意思をもって行うこと。非弁行為ともいう。

wikipediaより

弁護士にしかできない行為を弁護士以外の人が行ってしまい、報酬を得ることです。

退職代行でいうと

  • 退職届の作成
  • 会社との交渉

などは、弁護士の資格がないと行うことができません。

これらの業務を弁護士以外が行っている際は犯罪行為に当たるので注意しましょう。

非弁の罰則として

2年以下の懲役又は300万円以下の罰金という重い罰則があります(弁護士法77条3号)

があります。また、非弁行為自体が違法な行為になるため退職にも不利に働くことが予想されます。

また、新たに弁護士を雇わなくてはいけなくなり、余計に払わなくてはいけなくなります。

弁護士が組織にいる、最低限でも顧問弁護士がついてくれている会社を選びましょう。

退職代行は辞表も代行してくれるの?

上でも説明した通り、退職代行が辞表を作成することは違法行為の「非弁」にあたるため自分で作成する必要があります

代行してくれる会社もありますが、有資格者に依頼をしなくてはいけないため、余計にお金がかかってしまいます。

辞表自体は書くことはとても簡単で、

  • 名前
  • 退職したい日付
  • 退職する旨
  • 会社、社長の名前
  • 捺印

さえ書いてあれば十分に効力を発揮します。

業者がテンプレをくれて、写すだけで作成できたりする場合もあるので確認をしてみましょう。

退職代行を使うと親に連絡されるの?

まず親に連絡されることはほぼありません。どの業者も退職の際に

  • 本人
  • 親族

には連絡しないように会社に伝えるので、親に連絡がくることはほぼありません。

ただ、書類に親族の連絡先が記載してあることもあるので100%連絡がいかないわけではないので注意しましょう。

親に連絡がいってしまうパターンとして

  • 会社側がうっかりかけ間違える
  • 親と会社につながりがある
  • 緊急性のある連絡

が挙げられます。1番気になる「嫌がらせ」による連絡は会社にもリスクがあるのでないと考えて良いでしょう。

どうしても親に連絡がいって欲しくない場合は担当に念を押しておきましょう。

退職代行を使う前にしておくこと

退職代行を使って退職できるからと言ってほっとしてはいけません。

退職がゴールではなく、退職して新たな職場を見つけなければ、辞めた意味がありません。

やめて、少しの間休職をしてリフレッシュすることも良いのですが、次の職場のことを考えておきましょう。

まずは転職サイトやエージェントに登録して、求人を眺めてみたり担当に相談してみても良いです。

転職サイトもエージェントも無料で使うことができるのでとりあえず登録してみましょう。

まとめ

退職代行サービスを利用することはずるいことでも卑怯なことでもありません。数万円払って依頼をするだけであなたを悩ませる今の環境と縁が切れるのです。

自分ではなかなか言い出しにくい、自分でいっても退職を認めてくれない、もう2度と出社したくない、そんな人は利用を検討してみましょう。

料金や顧問関係、評判、サービス内容などを比較して自分にあったものを選ぶのがポイントです。

我慢をして辛いことを続けるよりは1日も早く自由になり、本当に自分に合っている環境を探すことにエネルギーを使いませんか?









この記事をかいた人

moja

元外資系企業のSE。10年海外で働いたのちにフリーランスへ。SEの働き方やフリーランスの働き方をお届けします。