【サーチコンソール】Googleの検索結果から一時的にページを削除する方法|削除ツールを解説

「ページを修正するために検索結果には非表示にしたいけど、削除はしたくない」
「誤った情報を載せてしまったからいち早くサイトを検索結果(インデックス)から消したい!」

そういった状況で役立つのが、Googleサーチコンソールの「削除ツール」

この記事では、サーチコンソールの削除ツールで「Googleの検索結果から一時的にページを削除する」べき場合・方法を解説します。



Googleの検索結果から一時的にページを削除するのに必要なツール【サーチコンソール】

Googleの検索結果からあなたのページを一時的に削除するには、Googleサーチコンソールというウェブツールを使います

Googleサーチコンソールは、Googleが公式で提供する「サイトの検索情報に関する情報を入手・分析」するための無料ツールです。

GoogleサーチコンソールはWebサイト運営には欠かせないツールであり、URLをGoogleの検索結果から一時的に削除する操作に必要となりますので、まだ登録していない場合やサーチコンソールについて詳しく知りたい場合は、以下のリンクを参考にしてください。

Search Console (サーチコンソール)の登録・使い方完全マニュアル

Googleの検索結果から一時的にページを削除すべき場合

Googleの検索結果から一時的にページを削除すべき場合として、以下の状況が挙げられます。

  • ページ自体は消したくないが、検索結果からはすぐに削除したい
  • ページを完全削除する前に、一時的に検索結果から削除したい

また、削除ツールは所有しているサイトのみに使用できるので、ご注意ください。

Googleの検索結果から一時的にページを削除すべきでない場合

Googleの検索結果から一時的にページを削除すべきでない場合として、以下の状況が挙げられます。

  • 検索結果からページを永久に削除したい
  • サイト自体をインターネット上から削除したい

ページを一時的に削除できる期間は約6か月間です。
この期間を終えると、ページの情報が再び検索結果に表示されます。

また、削除されるのはGoogleの検索結果からのみです。
他の検索エンジンからは削除されないので注意しましょう。
他の検索エンジンからも削除したい場合は、後ほど紹介する「Googleの検索結果から完全にページを削除する」を参考にしてください。

Googleの検索結果から一時的にページを削除する方法【サーチコンソール】

それでは、Googleの検索結果から一時的にページを削除する方法を順番に説明していきます。

1. サーチコンソールを開き、左サイドメニュー[インデックス]>[削除]を選択する

2. [新しいリクエスト]をクリックする

3. 上部タブの[URLを一時的に削除する]を選択し、URLを入力し、指示に沿ってリクエストする

Googleの検索結果から完全にページを削除する

先にも述べた通り、削除ツールは、Googleの検索結果から任意のページを一時的(約6か月間)削除する機能です。

「他の検索エンジンからも削除したい」「ページ自体を完全に削除したい」という方は、以下のいずれかの方法で、ページを完全に削除してください。

  • ページそのものをサーバーから削除して、「404ステータスコード」を返すようにしておく
  • パスワードを要求し、サイトへのアクセスをブロックする
  • noindexメタタグを利用する

いずれかを行うことで、検索結果から完全にページの情報が削除されます。

まとめ: ページを一時的に削除したい場合はサーチコンソールの削除ツールで!

ページを完全に削除したくはないけど「一時的に検索結果から消したい」という時に役立つのが、Googleサーチコンソールの「削除ツール」です。

上記の手順を踏まえ、サイト運営に役立てましょう。

参考:
Search Console (サーチコンソール)の登録・使い方完全マニュアル
GRCの使い方|基本的な機能・分析方法・料金プランを解説









この記事をかいた人

Yuuu

Webマーケッター。 統計学やAIにも興味があり、 Python/Octaveを用いたデータサイエンスを学んだり、 G検定に合格したりしている。