ウェビナーとは?エリアに関係なく濃いリードが取れる!やり方まで解説

オンラインセミナー、ウェビナーに参加した事はありますか?
まだ耳慣れない人も多いかもしれませんが、近年エリアを限定せずにサービスを訴求することができるウェビナーを開催するITベンダーや企業が増えてきています。
どのような特徴やメリットがあるのでしょうか?

この記事ではウェビナーの効果や通常のセミナーとの違い、実施方法や設計などについて詳しく解説していきます。

ウェビナーとは

ウェビナーとは、オンライン上で開催するセミナーの事を指します。
語源は「ウェブ+セミナー」から来ています。
オンラインセミナーと呼ばれる事もあります。日本では比較的新しい手法で、IT業界を中心に徐々に認知度が高まりつつあります。

オンライン上でセミナーを実施することで

・低価格でセミナーの実施
・地方に住んでいる人へのアプローチ
・受講者とコミュニケーションすることによる深い理解
・会場費を節約できるため開催数の増加

などを実現することができます。

従来のセミナーとの違い

主催者はセミナーを動画配信することで、豊富に伝えたい情報を伝えることができます。
受講側は場所を問わず移動のコストもなく情報を得られるため、主催者と受講者の双方にメリットがあると言えるでしょう。

動画コンテンツとして企画することでユーザー企業を招いて事例を話してもらったりモデレーターが参加したり柔軟な企画の実現が可能なため、訴求力を高めることもできます。

オフラインのセミナーでは講師が一方的に話す形式が多く飽きて眠ってしまう人もいます。
ウェビナーではコンテンツ設計しだいで視聴者とコミュニケーションを交えて参加型のセミナーを実現することができる事がこれまでのセミナーと最も大きな違いです。

これまでのマーケティング手法と違った角度でアプローチできるため近年注目を集めています。

ウェビナーの特徴と効果

ウェビナーではオンライン配信を行うことで、地域に関係なく製品やサービスに興味のある視聴者にアプローチが可能です。オフラインのセミナーでは潜在的なニーズがあるターゲット層へのアプローチは難しいですがウェビナーではその点が解消されていると言えるでしょう。

ウェビナー配信時に投票・アンケート・チャットを始めとするコミュケーションを視聴者と行うことができます。インタラクティブなコミュニケーションを設計して行うことで視聴者が参加意識を持つことができ、深く印象に残るため、訴求しやすいという点も特徴の一つです。

ウェビナーには潜在顧客を見込み顧客にできる可能性もありますが、講師が一方的に発表を行う形式などの魅力度の低いコンテンツで実施してしまうとその可能性を最大限に活かせなくなります。そのため、コミュニケーション型・対話型コンテンツの企画を盛り込む事が最も重要になります。
コンテンツ設計については後述します。

ウェビナー向けおすすめツール

企業でウェビナーを行う場合はぜひ有料ツールを検討しましょう。
無料ツールでも実施可能ですが、通信や音声品質が担保されないため、より高品質な環境で実施することが望ましいと言えます。

ブイキューブセミナー

最大10000台のPCに同時に配信を行うことができるツールです。
チャット・アンケート機能に加え、スタジオを借りることができたり、専門スタッフの人的なサポートを受けることも可能になっており、運営に不安がある場合は非常に効果的なサービスだと言えます。銀行などにも導入実績があるようです。

費用:
初期60,000円
月額46,000円
https://jp.vcube.com/service/seminar

フレッシュボイスウェビナー

参加者にメールを送るだけでウェビナーを実現できるツールです。
参加者は「挙手」機能を使用することで質問をはじめとするコミュニケーションを行うことができます。その他に録音録画・チャット機能もあります。
定期的に代理店向けの説明会などを実施する必要がある企業におすすめです。

費用:不明
https://webinar.freshvoice.net/intro/

コクリポウェビナー

コクリポウェビナーは株式会社コクリポが運営しているサービスです。従来のウェビナー配信サービスよりも安価であることが特徴です。
専用ソフトが不要でマルチデバイス対応である事も利便性を高めていると言えるでしょう。
新卒採用説明会なども低価格で行う事が可能です。
公式の製品説明ウェビナーにも力を入れています。

費用:
無料プランあり
月額:30,000円(ビジネス)70,000円(エンタープライズ)
https://www.cocripo.co.jp/

システムについて

ツールを選定したら、当日どのような機能を決めるのかを確認しましょう。
操作方法や動作のリハーサルも欠かせません。操作の練習不足は致命的なトラブルに繋がりかねないからです。

普段こういったハードウェアには慣れていない人がほとんどのため、入念なチェックが必要である事を肝に命じましょう。
想定される当日配信時のトラブルシューティングについてもベンダーに問い合わせておくのがベターです。
当日サポートにベンダーから人員を割いてもらえるのかも確認しておくと良いでしょう。

不安な場合は、サポートが充実しているツールを選定すると安心できます。

ウェビナーの実施方法

目的の設計

まず最初にウェビナーを実施する目的を決める所から始めましょう。

・製品、サービスの認知向上
・潜在顧客の発掘
・見込み顧客のナーチャリング
などによって設計するべきコンテンツが変わってきます。

コンテンツ

ターゲットを決めたら、次にコンテンツ設計に移ります。

ウェビナーでは講師が話すスクール形式のものも多くありますが、一方的に話を聞く形式では視聴者が退屈してしまうリスクや集客がうまくいかないといった懸念があります。

視聴者の興味は
・自社と似たような業種業態、規模の企業が導入しているか?
・具体的に何が改善されるのか?
・導入にあたって何をするべきなのか?
・定着させるために何をするべきなのか?
といったような一次情報です。

これを満たせるコンテンツを設計すると、集客や視聴率も上手く行く可能性が高いです。

例としては
・特定のユーザー企業が出演し事例を話す
・業種が異なるユーザー企業が複数出る座談会形式
などがあります。

メインのコンテンツに加え、要所で視聴者の課題についてアンケートを取る、チャットで質問を受け取り生配信中に答えるなど、視聴者の興味を引くことのできる演出を盛り込む事も大変効果的だと言えるでしょう。

台本作成

およそのコンテンツが確定した段階で進行台本を作成していきます。
いつ誰がどのようなタイミングでどういった内容を話すか決めていくため、各ステークホルダーとの合意も必要な事を意識しておきましょう。

導入部分ではターゲットペルソナの課題に言及し、参加者の紹介をして、事例紹介などのメインコンテンツに入っていきましょう。
導入した経緯や導入後定着させるにあたってのコツなどを引き出せるような構成にしていくことが理想的です。
視聴者に投げかける質問やコミュニケーションの方法も決めておきましょう。Web会議システムではリアルタイムに投票機能が付いているものもあるのでこういった機能も活かせると良いです。

スケジュール

集客目標数やコンテンツにもよりますが、
・ゲストのアサイン期間
・集客期間
を含めると、おおよそ開催3ヶ月前から準備するのが盤石だと言えるでしょう。

集客

集客は通常のセミナーと大きく変わらないため、
・営業担当からの声かけ
・出展する展示会でのPR
・ハウスリストへのメールマガジン
などで集客しましょう。

地方からもたくさん登録してほしい、と言う場合は、BtoB領域を得意とするメディアに出稿することで集客することも可能です。
目標数を設定したらこれらの方法でそれぞれどれくらい集めていくか按分していきましょう。

登録者へのリマインド

当日確実に視聴してもらうためには、配信日当日の朝に視聴者にリマインドメールを配信して思い出してもらうことが重要です。
忘れがちですが確実に行いましょう。

まとめ

ウェビナーの特徴から実施方法までをお伝えしました。いかがだったでしょうか?

・これまでのセミナーとは異なるアプローチが可能
・視聴者に製品やサービスを深く理解してもらえる
・そのためのコンテンツ設計が肝である
・人的なサポートをしてもらえるツールを選定すると安心

といった点をぜひ覚えておいてくださいね。

企業で動画を見る、という事がこの1,2年でかなり一般的になり、この流れは今後も加速していくでしょう。
マーケティング施策に悩まれているのであれば、ぜひ一度検討してみてください。

【あわせて読みたい】
名寄せ無しにはマーケティング活動や営業活動ができない理由とは?
より高精度なマーケティング手法ABM(アカウントベースドマーケティング)とは

この記事をかいた人

BtoBマーケお姉さん

メーカーを経て6年ほどIT業界でBtoBマーケティング、セールスに従事。広告運用~リードジェネレーション領域が得意。スタートアップから大手外資企業まで100社ほど支援経験あり。投資系メディアのアドバイザリーなども行う。 Twitter:@BtoB_woman