医師のフリーランスとはどんな働き方?【ドクターの案件の探し方を紹介】

医師,フリーランス

医師は、一般的な会社員からみれば「高収入で羨ましい」「フリーになっても仕事が途絶えない」魅力的な仕事。しかし、実際に医師として勤務している人の中には、「給与が安くてもいい。もっと自由になりたい」と願っている人もいるのが実情です。

医局に縛られずに働くことが可能になり、麻酔医を筆頭にした完結タイプの医師のフリーランス化が進みました。一般にもドクターXなどのドラマの影響で「フリーランス医師」の存在が浸透してきましたね。

現在、勤務医として働いている先生の中にも「ドクターXとまではいかなくても、もっと人として充実した人生を歩みたい」とフリーランス医師を目指している人もいるはず。

自分の人生を大切に生きるためにフリーランス医師を選択した場合、どんなメリット・デメリットがあるのかを調べました。医師が仕事環境を変えたいと感じたときに頼りになる医師専門の転職エージェントもピックアップしましたので、参考にしてください。



医師がフリーランスで働くとはどういうことか

医師,フリーランス

一般的に医師がフリーランスになるということは、定期非常勤医師をかけもちしたり、外来や当直などの単発タイプの仕事をかけもちことです。継続診療が必要な科目よりは、一回完結タイプの科目ほどフリーランスになりやすい傾向があります。

ドクターXやブラックジャックのように「難しい手術のために、外部から声がかかる」指名型の医師というよりは、フリーターのようなイメージですね。

医局に所属しないので人間関係に煩わされずにすみますし、残業もほぼなく人間らしい生活を送れる可能性も増えますが、横からの情報が得にくくスキルアップに苦労する可能性が高いなどデメリットもあります。

医師がフリーランスになるメリット

医師,フリーランス

医師が勤務医でも開業医でもなく、フリーランスになるメリットは以下のようなものがあります。

  • ワークライフバランス重視で働ける
  • 人間関係に煩わされずにすむ

ワークライフバランス重視で働ける

勤務医をしていると、当直勤務や急な呼び出し、残業を断ることはできませんが、フリーランスは働き方を重視して仕事を選べます。定期非常勤として働く場合は、所属する組織によって残業や当直勤務がある場合がありますが、常勤医師よりもゆったり働けるケースが多いです。フリーランス医師ではなく、結婚・出産、介護などのライフスタイルの変化に伴い定期非常勤で働く人もいます。

一回完結型のスポットタイプの医師アルバイトで働く場合は、自分の好きな曜日・時間の仕事を選ぶことができるので、当直仕事であっても自分の意思で勤務可能です。

人間関係に煩わされずにすむ

医局に所属しない医師が増えているとはいえ、病院内の人間関係に大きなストレスを抱える人は多いもの。フリーランス医師になることで、中・長期的に関わり合いになる人間を取捨選択することができます。

定期非常勤で数年契約などの場合は、契約年数と同じ年数は関わらなければいけませんが、「どちらかが転職しない限り、ずっと顔を合わせなければいけない」相手を見切れる年数が決まっていると心が軽くなりますよね。

スポットタイプの医師アルバイトの場合は、「この人とは、もう2度と一緒に仕事したくない」と感じたところの募集に応募しなければいいだけです。

フリーランス医師になるデメリット

医師、フリーランス

勤務医からフリーランスになるリスクとデメリットについても紹介します。

  • 収入が安定しない
  • 仕事選びが難しい
  • 通勤ストレスの増加
  • 経理手続きなど事務が増える
  • 福利厚生が減る

収入が安定しない

「医師不足もあり、フリーランスになっても仕事に困らないだろう」と感じている先生もいらっしゃると思いますが、「自分好みの仕事を選んで働きたい」場合はそううまくいきません。

せっかく「この組み合わせなら理想の働き方ができる」という仕事の組み合わせを見つけても、単発アルバイトは同じ募集があるとは限りませんし、非常勤勤務の場合は契約更新されないこともあります。

「こんな働き方がしたい」が多いほど、求人サイトでヒットする件数も減ってきますし、希望通りの仕事があっても採用してもらえない可能性も。収入は勤務医よりも不安定になってしまいがちです。

仕事選びが難しい

フリーランスになり、定期非常勤や単発アルバイトで稼ぐためには自分で仕事を探して選ばなければいけなくなります。医師向けの仕事紹介サイトも転職エージェントもありますが、最後に決断するのは自分。「待遇がいい」と思って応募してみたら、ブラック案件で酷い目にあってしまったという話もあります。

特に、他の案件よりも妙に時給が高い地域や診療科だとブラックである可能性が大きいです。非常勤で勤め始めたばかりなのに「正職員の誘い」があったり、目先の美味しい話があった場合は要注意でしょう。

勤めているときは、ある程度組織が守ってくれましたが、組織の保護がないのがフリーランス。まずい案件に入ってしまっても自己責任で乗り気ならければいけないのは辛いところです。

通勤ストレスの増加

エンジニアやデザイナーなどのフリーランスと違い、医師のフリーランスは在宅勤務ができないのがネック。たった一度の単発アルバイトでも、現場にいかなければいけません。

勤務時間によっては、ラッシュ時間をずらして通勤も可能でしょうが、それぞれの仕事先に合わせてあちこち移動することにストレスを感じる人は少なくありません。定期非常勤勤務の場合は、病院の開院に合わせて通勤が必要なので、どう頑張ってもラッシュ時間の通勤になってしまうこともあります。

経理手続きなどの事務作業が増える

「経理は税理士に丸投げすればいい」と感じている先生もいらっしゃるでしょうが、経理手続き以外の事務手続きも外注するか自分でしなくてはいけなくなります。

事務外注くらいは痛くも痒くもないかもしれませんが、事務に関するあれこれを決定するのは先生自身。これまでは病院の担当者がやっていたことを多少なりともしなければいけないのは、少しストレスに感じるかもしれませんね。

福利厚生が減る

どのジャンルのフリーランスでもいわれるデメリットが福利厚生の減少。勤めている方が厚生年金や社会保険が手厚いので、フリーランスになるよりも安心感があります。

フリーランスになると退職金も出ませんし、勉強のための学会参加費用や遠征費は全て自分持ちです。学会費用などは、経費にできますが、経費として認められるだけで自分のお財布からお金が出ていくことに違いはありません。

フリーランス医師になるときに役立つのは転職エージェント

フリーランス医師を目指すなら、定期非常勤先の選定から単発アルバイトの紹介までを転職エージェントにお願いするのが早道です。

在職中に、転職の可能性を含めて転職エージェントに相談すれば、先生の転職市場での価値がわかりますし、フリーランスになった場合の年収目安なども提示してもらえますよ。

一般会社員向けの転職エージェントもありますが、医師専門の転職エージェントの利用がおすすめです。医師ならではの転職事情や業界情報に精通した転職アドバイザーが、面倒な転職系の手続きを全て代行してくれます。

M3キャリアエージェント

医師,フリーランス

公式サイト:M3キャリアエージェント

M3キャリアエージェントは、日本最大級の会員向け医療専門サイトm3.comを運営するエムスりーグループが運営している転職エージェントです。勤務先のパソコンでm3.comを閲覧し、最新医療コンテンツや医師向けの時計販売コンテンツ、旅行記事を読んだことがある先生もいらっしゃるのではないでしょうか。

M3キャリアエージェントは、エムスリーグループが運営しているだけあって医療業界の情報が豊富なのが特徴です。m3.comの会員の方はそのIDを使ってログインし、利用することもできます。

M3キャリアエージェントの求人情報について

求人募集は、大きく「常勤医師・非常勤医師」で検索できる他、以下のような絞り込みが可能です。

  • 勤務地(地域・路線)
  • 診療科目
  • 施設区分
    ※ 一般、療養型、精神 、老健 、ケアミックス 、 クリニック、企業産業医
  • 特徴
    ※ 年収1800万円可能、当直なし、週4日・ゆったり勤務、休日しっかり、通勤便利、 専門医取得・認定施設、医療機器・設備充実 、女性医師におすすめ、60歳以上OK 、先進的医療・高度な医療・特殊医療
  • フリーワード

会員登録前に閲覧できる求人情報は、勤務地、給与、勤務形態などの一般的な情報ですが、会員登録すると求人について質問を送ることができます。

医師,フリーランス

例えば、簡単に「この募集についての詳細が知りたい」とだけ質問しても、最低でも以下のことが返信でわかるのです。

  • 直近数年以内の同病院での給与相場と比べた待遇
  • 近隣大学病院との関係性
  • 施設内の医師、理事長、事務クラスの関係性

転職前に内部事情がわかるので、「いいのは条件だけ」というブラック求人を避けることができます。

M3キャリアエージェントだけが持っている非公開求人もあります。非公開求人とは条件の良さや募集人数の少なさから、公開すれば応募が殺到してしまう求人のこと。こういった求人は転職エージェントでなければ紹介してもらえないので、好条件のレア求人を狙うなら、登録しておきましょう。

M3キャリアエージェントの転職アドバイザーについて

M3キャリアエージェントの転職アドバイザーは、地域専門タイプです。

転職アドバイザーが得意としている地域があるので、勤務を希望する地域専属のアドバイザーにサポートをお願いします。関東方面を得意とするアドバイザーが多いですが、北海道、東北、四国、九州といった通常の転職エージェントではサポートが手薄になりがちな地域専属アドバイザーがいますよ。

アドバイザーの質も高く、先生方のキャリアサポートのために、Global Career Development Facilitatorという、個人のキャリア支援のためのアメリカの資格を取得しているアドバイザーもいるほど。現状を変えたい先生だけでなく、家族の幸せも考えた上でアドバイスをしてくれます。

待遇面で不安がある場合の条件交渉もアドバイザーにお任せできます。現職の仕事をこなしながらの仕事探しは、何かと面倒が多いですが手がかかることはアドバイザーがやってくれるので気持ちに余裕ができますよ。

マイナビドクター

医師,フリーランス

公式サイト:マイナビDOCTOR

マイナビドクターは、新卒求人で有名なマイナビグループが運営している医師専門の転職エージェントです。

新卒求人以外にも、一般転職、キャリア転職、看護求人専門サイトなどもグループ内に持っており、企業産業医求人などの少し特殊な求人情報にも強いエージェントです。

40年以上の歴史をもち、求人業界でのノウハウが豊富なだけあって、検索画面が見やすく、使い勝手がいいことで高評価を得ています。

マイナビドクターの求人情報について

マイナビドクターの求人は、常勤、非常勤(スポット)・非常勤(アルバイト)から選べます。

絞り込み条件も、勤務地を2つまで選択できたり、勤務形態や勤務日を複数選択できるなど配慮がなされています。

  • 勤務地を選択
    ※勤務地は2件まで選択
  • 市区町村を選択
    ※市区町村は2件まで選択
  • 募集科目
  • 希望年収
    ※年収1,000万から2,000万円まで200万円刻み(常勤求人のみ)
  • 勤務月日
    ※第3候補まで選択(非常勤スポット検索のみ)
  • 勤務体系
    ※(非常勤スポット検索のみ)

その他にも月別に特集求人が掲載されています。

医師,フリーランス

2019年12月の求人特集は美容皮膚科の求人特集でした。

求人特集ページでは、転職動向や年収事情、求人ニーズについて調べた特集記事や、特集に合致する求人がピックアップされています。

その他にも、人気の地域や職種別の求人特集が常時あり、「他の人にはどんな求人が人気なのか」や「とりあえず詳細検索ではなく、さっと求人を見たい」という人のニーズに応えてくれますよ。

マイナビグループの求人サイトは、非公開求人数が多いことで有名です。マイナビドクターも非公開求人が多いことに定評があり、「(公開求人は希望するものがなかったけれど)相談してみてよかった」という口コミもあるほどです。

マイナビドクターのキャリアパートナーについて

マイナビドクターの転職アドバイザーは、キャリアパートナーという名称です。エージェント歴が10年以上のキャリアパートナーもおり、急な転職や単発アルバイト、転科の相談もしっかり受けてくれます。

マイナビドクターに登録後は、マイナビドクターの拠点で転職や現職についてのヒアリングをします。平日に時間を取れない場合でも平日夜間や土曜日の面談が可能です。拠点は北海道から福岡まで全国14会場。遠方に住んでいる場合は、メールや電話での相談もしてもらえるので、

面接対策や待遇面での交渉をお任せできるのはもちろん、入職後のアフターフォローもメール・フリーダイヤルで受け付けています。「新しい環境にはなったけれど、面談で聞いていた内容と違う」といった不満もきちんと対処してくれるのは嬉しいですね。

リクルートドクターズキャリア

医師,フリーランス

公式サイト: リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、新卒採用のリクナビ、転職のリクナビNEXTを運営しているリクルートグループが医師転職専門サイトとして運営しています。

医師転職サポート歴37年を誇り、実績と安心感から現役医師の支持率83%*を得ています。(公式サイトによる。調査年は2011年)公式サイトTOPでは、医療関係者に役立つ医療情報も提供しており、求人探しのついでに業界の最新情報を閲覧することも可能です。

リクルートドクターズキャリアの求人について

リクルートドクターズキャリアの求人は、常勤、非常勤に大別されており、その中から絞り込み検索していきます。

絞り込み検索項目は以下の通り。

  • 募集科目
  • 勤務地
  • 年収
    ※年収1,000万から2,000万円まで200万円刻み
  • 特徴
    ※働き方(当直なし、オンコールなしなど)、スキル・経験(定年なし、学会補助ありなど)
  • 施設形態
    ※施設種別、救急指定、施設規模

リクルートドクターズキャリアは、他の転職サイトと異なり、現時点で求人がない場合は絞り込み検索条件に設定できないようになっています。自分の理想の働き方で絞り込んだのに検索結果画面に「ご指定の検索条件ではヒットしませんでした」と表示されるストレスがないのは、親切ですね。

医師,フリーランス

また、リクルートドクターズキャリア発行の「勤務医のためのキャリアデザイン情報誌『RECRUIT DOCTOR’S CAREER』」から特集記事を転載しています。

医師,フリーランス

2019年12月の特集記事は「求められる中小病院の条件」と「非常勤&スポット勤務選びの基礎知識」でした。どちらの記事も病院長やリクルートメディカルキャリアのグループマネージャーといった、実績のある人が寄稿しています。素人が簡単に調べた程度で書けるような内容ではなく、読み応えがありました。

リクルートドクターズキャリアの転職アドバイザーについて

リクルートドクターズキャリアの転職アドバイザーは、勤務形態(常勤・非常勤)、勤務希望地域別に専門のアドバイザーがいます。転職に関する手続きを代行してくれるだけでなく、転職先との待遇交渉もしっかりサポートしてくれます。

公式サイト上で閲覧できる『RECRUIT DOCTOR’S CAREER』の特集記事を執筆している人もいるので、キャリアアドバイザーがどの程度の知識を持っているのか知りたい場合は、特集記事を読むといいでしょう。非公開求人も豊富に扱っているので、先生の「これからはこう働きたい」にあった求人がきっと見つかりますし、担当のキャリアドバイザーの得意分野にあたれば思わぬ掘り出し求人に当たる可能性もあります。

リクルートドクターズキャリアで医師転職(常勤・非常勤)のサポートを申し込みたい場合は、公式サイトのフォームかフリーダイヤルで連絡をとる必要があります。申し込み時には以下の項目について聞かれるので、用意しておきましょう。

  • 希望勤務形態
    ※常勤、定期非常勤、スポット
  • 希望勤務地
    ※第3希望まで
  • 希望科目
  • 名前、生年月日などの個人情報

MedPeerキャリア

医師,フリーランス

公式サイト:MedPeerキャリア

MedPeerキャリア(メドピアキャリア)は、会員数約12万人、医師の3人に1人が登録する医師のためのコミュニティサイト「MedPeer」と共通の運営者が運営しています。「MedPeer」自体が医師による運営だったこともあり、医師目線の転職サービスとして定評があります。

すでに「MedPeer」に登録している人は、共通のIDでMedPeerキャリアを利用できますし、MedPeerキャリアに登録した人は、そのまま「MedPeer」も利用可能です。

MedPeerキャリアの求人について

MedPeerキャリアは、登録すると提携転職エージェントから求人が届く仕組みになっています。MedPeerキャリア自体は転職エージェントではないので、転職エージェントとやりとりするためのプラットフォームとして利用します。

MedPeerキャリアを転職プラットフォームとして利用するメリットは、複数の転職エージェントを一括管理できることです。具体的には以下のようなものがあります。

  • やりとりを一括管理できる
  • 求人を横断検索できる
  • サイトを行ったり来たりしなくていい
  • スマホでストレスなく閲覧可能

複数の転職エージェントに登録すると、やりとりの履歴管理や求人応募状況の管理が面倒になってくるものです。そんなときに、MedPeerキャリアを利用していると、ここにログインするだけで過去のやりとりや現時点での進行状況がわかるので便利です。

転職エージェントを横断して求人検索ができるのも、メリットの1つ。一般的な転職活動では3社程度のエージェントのかけもちするのが普通です。転職エージェントごとに「非公開求人が多い」「地域別の求人が得意」「スポット案件が豊富」と得意分野があり、かけもちするほど得られる情報も多くなります。しかし、求人検索はそれぞれのサイトでしなければならず、だんだんと面倒になってしまう人も多いのです。MedPeerキャリアをプラットフォームとして使えば、開くのはMedPeerキャリアのみ。「いいな」と思った求人もそのまま応募できるので、ストレスがかかりません。

また、MedPeerキャリアはスマホにも対応しています。パソコンのサイトがそのまま縮小されて表示されるサイトもありますが、スマホやタブレットに対応した画面に変更されて表示されるので、「ボタンが小さすぎてタップできない」「ページ遷移に時間がかかりすぎる」といった閲覧ストレスもありません。パソコンを立ち上げる気力がないときも楽にチェックできますよ。

MedPeerキャリアで一括登録できる転職エージェントは、2019年12月時点で7社あります。

医師,フリーランス

この7社以外にも、MedPeerキャリアが提携している転職支援会社があるので、それぞれの転職支援会社の得意・不得意を見極めて登録するといいでしょう。

Dr.アルなび

医師,フリーランス

公式サイト:https://arbeit.doctor-navi.jp/

Dr.アルなびは、医師のアルバイト専門の求人サイトです。医師向け人材総合サービスを提供するエムステージホールディングスグループが運営しています。

アルバイト情報検索サイトでありながら、転職エージェントのような手厚いサービスを受けられるのが特徴です。登録後は、専門コンサルタントによるキャリアカウンセリングがあり、カウンセリング内容にしたがって求人紹介をしてもらえます。

Dr.アルなびの求人について

Dr.アルなびの求人は、定期アルバイトとスポットアルバイトの2種類から検索します。絞り込み検索は、以下の条件設定の他にスケジュールから検索できます。

  • 勤務区分
    ※日勤(終日) 、日勤(午前)、日勤(午後) 、夜診当直、日当直
  • 科目区分
  • 曜日区分
  • エリア
  • 仕事区分
  • 施設区分
  • キーワード

医師,フリーランス
スポット求人は、年末年始やお盆、GWなどの長期休み中の高単価スポット求人特集が組まれることがあります。季節に応じて狙い目求人特集があるので、検索が楽ですよ。

また、専属・産業医などの求人を検索したい場合は、同じエムステージグループが運営する「産業医サポートサービス」を利用することもできます。

Dr.アルなびの転職アドバイザーについて

Dr.アルなびは、アルバイト情報サイトにも関わらず、専門コンサルタントによるキャリアカウンセリングと仕事紹介サービスがあります。専門コンサルタントは全員が医療業界経験者。キャリアカウンセリングを通じて、先生の強みや弱みを整理し、転職が有利になるようにプロデュースしてくれます。

Dr.アルなびの専門コンサルタントがしてくれることは以下の通りです。

  • キャリアカウンセリング
  • 求人情報提供・紹介(情報提供)
  • 応募先に推薦(推薦状作成)
  • 職務経歴書作成
  • 面接対策
  • 待遇交渉
  • 退職・引継ぎアドバイス
  • 入職後フォロー

これらのサービスは、転職エージェントが転職希望者に提供するものと同等かそれ以上のものです。アルバイト情報紹介サービスでここまで徹底したフォローがあるのは異色ですよ。

キャリアカウンセリングは、先生がどこかに出向く必要はありません。コンサルタント側が、先生の都合のいい時間・場所にきてくれます。退職前・入職後のフォローがあるのも、アルバイト紹介サイトとしは珍しいことです。転職を上司に切り出す方法や、円満退職するための引継ぎの秘訣はもちろん、新しい仕事先に入ってみて「聞いていたのと違う」といったことまで、きちんとフォローしてもらえます。

MCドクターズネット

医師,フリーランス

公式サイト:MC-ドクターズネット

MCドクターズネットは、医療有資格者のための求人サイトを運営しているメディカル・コンシェルジュグループが運営しています。メディカル・コンシェルジュは、全国24拠点2万件を扱う医療系求人サイト。看護師、薬剤師、介護福祉士など、医療有資格者のための求人を手がけており、全国の医療機関と信頼関係を築いています。

MCドクターズネットも関連グループというだけあり、他では取り扱っていないようなニッチな非公開求人があることが特徴です。

MCドクターズネットの求人について

MCドクターズネットの求人は、常勤求人、非常勤求人、スポット求人の3パターンから検索できます。絞り込み検索も可能ですが、大条件を設定してからその他の項目を設定するようになっているので、少々使い勝手が悪い印象があります。

絞り込み条件の大項目は、これらです。

  • エリア
  • 施設
  • 科目
    ※常勤のみ
  • 年収
    ※常勤のみ
  • 業務内容
    ※非常勤・スポット
  • 勤務形態
    ※非常勤・スポット
  • 曜日
    ※非常勤のみ

この大項目の中から1つ、項目を選択するとより詳細な絞り込み検索ができるようになります。例えば、常勤の内科医を選択した場合、その後の画面で「勤務地」「施設」「年収」で絞り込みが可能です。

医師,フリーランス

MCドクターズネットの転職アドバイザーについて

MCドクターズネットの転職コンサルタントは、地域別に所属しています。MCドクターズネットの拠点が、札幌から福岡まで全国21カ所にあるので、拠点ごとの転職コンサルタントが対応してくれるのです。自分の地域担当のコンサルタントがどんな人なのか気になる場合は、公式ホームページにある顔写真付きのコンサルタント情報を閲覧できますよ。

転職コンサルタントといえば、常勤医師への転職にしか熱を入れてもらえないと思いがちですが、MCドクターズネットの転職コンサルタントは、単発のスポットの提供もしてくれます。先生が考える「これからのキャリア」に合わせて仕事を紹介してくれるので、相談しがいがありますよ。

医師転職ドットコム

医師,フリーランス

公式サイト:https://www.dr-10.com/

医師転職ドットコムは、東証一部上場企業アインホールディングスグループが運営している医師専門の転職エージェントです。「あなたの幸せが明日の医療の力になる」をポリシーに常時4万件弱の求人情報を提供しています。

非公開求人は、総合病院の役職者やクリニックの医院長、上場企業の産業医などニッチで高待遇なものが豊富です。求人のミスマッチを防ぐために、必ず対面での求人紹介を行うなど、利用者の満足度をあげる努力もしています。

医師転職ドットコムの求人について

医師転職ドットコムの求人は、常勤、非常勤の2パターンから検索条件を絞っていきます。勤務地は、希望する勤務地を都道府県から選択できる他、最寄駅からの通勤時間からも絞りこむことが可能です。「地区としてはここがいいけれど、Googleマップで調べたら思った以上に通勤時間がかかりそうだった」といったミスマッチを防げます。

絞り込み検索の条件には以下があります。

  • 希望勤務地・通勤時間
  • 科目
  • 施設形態
  • 特徴
    ※週4日相談可、外来のみ、オンコールなしなど
  • 勤務曜日
    ※非常勤のみ
  • 勤務体系
    ※非常勤のみ

公開求人の他に、1万件以上の非公開求人も提供しています。全国に7カ所ある医師転職ドットコム拠点のコンサルタントが、病院から直接聞いてきた内部情報の提供もあるので、就職してからの「こんなはずでは…」を防ぐことができるでしょう。

医師転職ドットコムの転職アドバイザーについて

医師転職ドットコムの転職コンサルタントは、地域密着タイプ。北海道から福岡まで日本全国を網羅しています。

医師転職ドットコムに登録すると、対面でのキャリアカウンセリングがありますが、転職コンサルタントが先生のところまで出張してくれるので、都合のいい時間・場所で受けることができますよ。場所もプライバシーが保護されるようなホテルのラウンジなどを選んでくれるので、転職相談が他にもれる心配もありません。「出張してもらったとしても、時間の都合がつきそうにない」という先生には、電話やメールでの相談も受けてくれます。

新しいクリニックに入職した後のフォローが手厚いのも医師転職ドットコムの転職コンサルタントの特徴です。具体的には以下のようなサービスがあります。

  • 入職までの書類手続き
  • 引越し手続きや医療機関とのつなぎ
  • 保育園入所などに必要な書類の手配
  • 入職前の事前訪問の準備
  • 入職日初日に必要なことの確認
  • 退職調整、引継ぎ相談
  • 入職後の定期連絡・フォロー
  • スキルアップ相談

転職活動中の書類作成や面接フォローはどの転職エージェントでも行っていますが、入植先が決まってからのフォローをここまで具体的にしてれる転職サービスはあまりありません。

入職後に「その後どうですか」と定期フォローをしてくれるので、何か不都合があった場合の相談もしやすいです。

民間医局

医師,フリーランス

公式サイト:民間医局

民間医局は、ドクターの将来や日本の医療について考える情報誌「DOCTOR’S MAGAZINE」を発行しているメディカル・プリンシプル社が運営している医師専門の転職エージェントです。2019年12月時点での登録ドクターは、約12万4,000人、契約医療機関は1万3,000施設あります。

常勤、非常勤、スポット求人紹介・転職支援に加えて、医師専門の賠償保険や家事代行サービスも提供しています。

民間医局の求人について

民間医局の求人は、常勤、定期アルバイト、スポットの3パターンから検索できます。それぞれのパターン別に詳細検索の指定画面が異なり、使いやすいようになっています。

常勤検索の場合は、診療科目、勤務地、希望年収、週の勤務希望日数が指定できるシンプルな仕様。定期アルバイトは、常勤検索にプラスして、勤務時間帯の指定が可能になっています。スポット検索は、カレンダーと曜日で日程を指定し、検索できます。曜日は、半年先まで指定可能です。

医師,フリーランス

求人特集も組まれており、検診アルバイトや常勤産業医、U・Iターン、年末年始のスポットなど、自分で条件を設定しなくても求人情報を閲覧できます。

民間医局の転職アドバイザーについて

民間医局の転職アドバイザーは、地域密着タイプ。全国17拠点の担当者が先生の希望に合わせてオーダーメイド求人を紹介してくれます。現在の居住地ではない場所に勤務希望の場合は、勤務希望先の担当者が転職をサポートします。

民間医局の転職アドバイザーは、気になる施設の見学や応募先施設の面接のときに同行してくれるのが特徴です。入職希望の施設が複数あり、複数回見学したい場合でもアドバイザーが調整してくれるので安心できますよ。

入職するべきか悩んでいる場合は「トライアル勤務」や「定期非常勤」からの勤務に変更することも可能だそう。多少の無理もなんとかしてくれるのは、医療機関との信頼関係が厚いからですね。

まとめ

現状の働き方に不満を抱えている場合は、フリーランス医師になることも可能です。しかし、ご存知のようにドクターXのような活躍ができるフリーランス医師は、現実にはごく少数。先生自身がフリーランスを検討する場合は、勤務医という立場で得られるメリットとデメリットを考えた上で選択した方が無難でしょう。

転職エージェントなら、現状に対する不満から今後のキャリアプランの選択肢まで医療転職のプロがアドバイスをしてくれます。フリーランスになる場合の仕事の紹介も嫌な顔一つせずにしてくれますので、一度相談してみることをおすすめします。

先生自身が忙しくても、先生に都合のいい時間・場所に出向いてキャリアカウンセリングをしてくれる場合が多いです。海外に勤めている場合でも、電話やメールで相談できますよ。









医師,フリーランス