フリーランスエンジニアの在宅ワークにおすすめのサービスサイト7選

フリーランスエンジニアの人口が年々増えていく中で、そういった存在に憧れを持ってエンジニアスクールや、教材を購入して学習する方も増えてきました。

フリーランスとして独立するなら、一番にエンジニア職がすすめられるのですがどうすれば会社に属さずに在宅ワークすることができるのか疑問に思っている方も少なくないはずです。

今回はフリーランスエンジニアに憧れて、自分も在宅ワークを始めてみようかと考えている方におすすめのサービスサイトを7つに絞ってご紹介しています。

<この記事はこんな人におすすめ>
  • 現在プログラミング学習中で、フリーランスエンジニアという働き方に憧れている方
  • エンジニア職の方で在宅ワークに憧れている方
  • フリーランスエンジニアだけど在宅ワークは行ったことがない方



フリーランスエンジニアが在宅で仕事する際におすすめのサービスサイト7選

フリーランスエンジニアが在宅で仕事する際におすすめのサービスサイトを7つに絞って、以下にそれぞれ詳しくまとめています。

どれも実際にプロのフリーランスエンジニアが利用しているサービスサイトばかりなので、是非ともまずは一つに絞ってサービスサイトを利用し実績とスキルアップに努めてみましょう。

おすすめのサービスサイト①:ITプロパートナーズ

フリーランスのエンジニアやwebデザイナー等に特化したサービスサイト「ITプロパートナーズ」。

数多くのベンチャー企業の中でも今もっとも勢いのあるサービス会社で、ベストベンチャー100にも選ばれている優良企業です。

提示されている案件の特徴的には、ベンチャーやスタートアップの案件が多く在宅ワークでも取り組める案件も数多くあります。

<こんな人におすすめ>

  • フリーランスエンジニアの方
  • エンジニア職の方で初めて在宅ワークに挑戦しようと考えている方
  • フリーランスエンジニアだけど在宅ワークという働き方をしたことがない方

おすすめのサービスサイト②:Workship

公式サイト:https://goworkship.com/

タスク形式ではなく公開されている案件は全てプロジェクト形式のサービスサイト「Workship」。

「Workship」で公開されている案件の特徴的には、エンジニア、webデザイナー、マーケター、広報、人事といったジャンルが多く、エンジニアに至っては高額な時給4000円の案件もゴロゴロ公開されています。

専属のエージェントが高額な案件を紹介してくれる上に、契約までしっかりとサポートしてくれるので初心者のフリーランスエンジニアでも気軽に利用することができます。

<こんな人におすすめ>

  • 駆け出しのフリーランスエンジニアの方
  • フリーランスエンジニアだけど営業力に自信がない方
  • 高額な案件を探している方

おすすめのサービスサイト③:クラウドワークス

日本最大級の大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」。

「クラウドワークス」では、買い手市場のwebライターに比べて、売り手市場のエンジニアの案件はかなり高額なものが特徴です。

また、専用のアプリケーションでも案件の受注やクライアントとのメッセージのやり取りを行えるので大変便利。

<こんな人におすすめ>

  • 駆け出しフリーランスエンジニアで、実績作りやスキルアップに力を入れている方
  • フリーランスエンジニアで高額案件を探している方
  • 出来るだけ多くの案件を抱えているサービスサイトを利用したい方

おすすめのサービスサイト④: Midworks

2016年にサービスを開始した「Midworks」は、関東園の案件を中心に取り扱っているIT関連のフリーランスに特化した、独立支援サービスサイトです。

公開されている案件の中には、正社員並みの待遇を受けられるものもあり、数は少ないですが在宅でも可能な案件もあります。

「Midworks」のサービスの特徴的には、ある程度の実務経験があるITエンジニアやシステムエンジニア向けのサービスですね。

<こんな人におすすめ>

  • ITエンジニアやシステムエンジニア向けのサービスサイトを探している方
  • フリーランスエンジニアとして、ある程度実務経験がある方
  • 関東園にお住いのフリーランスエンジニアの方

おすすめのサービスサイト⑤:レバテックフリーランス

1100件以上の案件を保有している、IT関連者向けのサービスサイト「レバテックフリーランス」。

専属のコーディネーターがしっかりとあなたと企業をマッチングさせてくれるので、必ずあなたにあった案件が見つかります。

また、フリーランスに対するフォロー体制がしっかりとしているので、駆け出しのフリーランスエンジニアの方でも安心してご利用いただけます。

<こんな人におすすめ>

  • 駆け出しフリーランスエンジニアの方
  • 専属のコーディネーターがしっかりとサポートしてくれるサービスサイトが良い方
  • フリーランスに対するフォロー体制がしっかりとしているところが良い方

おすすめのサービスサイト⑥:フューチャリズム

「フューチャリズム」とはスキルアップと収入アップに特化した案件を、専属の経験豊富なコンサルタントが紹介してくれるフリーランスエージェントサイトです。

フリーランスエンジニアとして安定した収入が欲しい方や、今以上にスキルアップを望んでいる方におすすめのサービスサイトですね。

支払い面に関しては業界1スピーディーに行われるので、急いでお金が必要な方にもおすすめです。

<こんな人におすすめ>

  • フリーランスエンジニアの方で安定的な収入が欲しい方
  • 今以上のスキルアップを望んでいる方
  • 支払い面がスピーディーな方が良い方

おすすめのサービスサイト⑦:ポテパンフリーランス

大手クラウドソーシングサイトと比べて大規模ではありませんが、少数精鋭で質の高いサービスを提供している「ポテパンフリーランス」。

規模がそれほど大きくないため、質の高いサポートをしっかりとフリーランスの方に提供することができ、生きた情報をしっかりと伝えてくれます。

細かな技術の分かる専属のエージェントがサポートしてくれるので、様々な相談にものってくれます。

<こんな人におすすめ>

  • 駆け出しフリーランスエンジニアの方
  • 量よりも質にこだわりたい方
  • 細かな配慮を行なってくれる、専属エージェントにサポートしてもらいたい方

フリーランスエンジニアが在宅で仕事する際に稼げる言語

フリーランスエンジニアが在宅で仕事をする際に稼げる言語としては様々ありますが、それほど昔から変動なくコンスタントに需要があるのは

  • PHP(年収相場:600万円〜840万円)
  • Java(年収相場:720万円~960万円
  • COBOL (年収相場:480万円~720万円)

の3つでしょう。

基本的にはWeb関連のプログラミング言語が日本では人気で、安定的に稼げるプログラミング言語だと言われています。

それ以外だとアプリケーション開発関連のプログラミング言語もかなり需要ありますね。

また、2030年には日本ではIT人材が約80万人も不足すると言われているので、今からプログラミング学習に取り組んでも決して遅くないでしょう。

フリーランスエンジニアが在宅で仕事を受注する際の注意点

フリーランスエンジニアが在宅で仕事を受注する際の注意点としては、どこから仕事を受注するかによります。

フリーランスエンジニアが在宅で仕事を受注する主なケースは、大きく分けて2つあります。

  • クラウドソーシングサイト等から受注する場合
  • 友達や知り合い等から受注する場合

それぞれ特徴が異なるため、以下から詳しくみてきましょう。

クラウドソーシングサイト等から受注する場合

ある程度慣れている方であれば良いのですが、駆け出しのフリーランスエンジニアがクラウドソーシングサイト等から受注する場合は、工数管理や価格交渉の面で苦労することでしょう。

フリーランスエンジニアは仕事を取るためのクライアントに対する提案から、仕事の受注、依頼物の制作・納品、お金の受け取りまで全て一人で行わなければいけません。

そのためクライアントからの要望や修正といった点にも柔軟に対応し答える能力等が必要なため、最初は戸惑うことが多いかも知れません。

ある程度仕事の流れに慣れるためにも最初は簡単な案件から取り組む等の工夫を行い、徐々に高単価の案件に移行していくのが得策ですね。

友達や知り合い等から受注する場合

クラウドソーシングサイト等の仲介なしで、友達や友人または前に勤めていた会社から仕事を受注する場合には、仕事には取り組みやすいと思いますが、逆に価格面で「友達価格」等にしてしまい安くし過ぎてしまう場合があります。

あなたがフリーランスエンジニアとして働いているのであれば、例えクライアントが友達や知り合い等でもプロ意識を持って価格設定を行わなければいけません。

ここで安価な価格設定を行ってしまうと、他のクライアントにも影響が出かねないのでしっかりと相手が誰であっても案件に見合う報酬を頂くようにしましょう。

フリーランスエンジニアが在宅で働くメリットとデメリット

フリーランスエンジニアが在宅で働くメリットとデメリットについて、ここでは詳しくみていきます。

フリーランスエンジニアのメリットについては想像しやすいと思いますが、デメリットは意外と見落としがちな点が多いので改めてここで再確認してみましょう。

フリーランスエンジニアが在宅で働く3つのメリット

フリーランスエンジニアが在宅で働くメリットは、大きく分けて3つあります。

  1. 高収入が見込める
  2. 自分で好きな仕事が選べる
  3. 場所や時間を問わずに働ける

以下からぞれぞれ詳しくみていきましょう。

在宅で働くメリット①:高収入が見込める

今やエンジニアは買い手市場であり、多くの企業が欲している人材です。

そんな中にあるので、フリーランスエンジニアの需要も大変高く、下手をしたら会社員の給料の何倍ものお金を稼ぐことも夢ではありません。

もちろん簡単に稼げる訳ではありませんが、しっかりとフリーランスエンジニアとして営業して優良案件をゲットすることができれば、会社員として働いているエンジニアよりは稼げること間違いなしです。

在宅で働くメリット②:自分で好きな仕事が選べる

フリーランスエンジニアは会社員と違い、あなた自身で案件を見極めて仕事を受注するので裁量権は100%あなた自身にあります。

目の前の仕事を行うも行わないもあなた自身が決めることなので、好きな仕事だけすることも可能ですし逆に苦手な分野の仕事もスキルアップのために引き受けることもできますね。

案件によっては報酬が目的の時もありますし、スキルアップや実績のために受注する場合もあるので、しっかりと目の前の案件があなた自身にどうプラスに働くのかを見極めることがとても大事です。

在宅で働くメリット③:場所や時間を問わずに働ける

フリーランスエンジニアは、場所や時間を問わず働くことができます。

エンジニア職の会社員からしたらとても羨ましい限りとは思いますが、これはフリーランスエンジニアの最大のメリットといっても過言ではないでしょう。

在宅ワークスタイルが基本なのですが、仕事に飽きてきたら場所を変えて最寄りのカフェや図書館等でも作業できますし、中には海外で滞在する国を変えながら仕事に取り組む方も今は大変多いです。

「好きな場所で、好きな時間に、好きな仕事を行う。」まさに最高の働き方ですね。

フリーランスエンジニアが在宅で働く3つのデメリット

逆にフリーランスエンジニアが在宅で働くデメリットにも、大きく分けて3つあります。

  1. 収入が不安定になる
  2. 福利厚生がなく、社会的信用度が低くなる
  3. 税金や保険料を自分で払わないといけない

こちらもそれぞれ詳しくみていきましょう。

在宅で働くデメリット①:収入が不安定になる

当たり前ですが会社員と比べてフリーランスエンジニアは、定期的な収入が約束されていないので収入が不安定になります。

中には上手く継続的な案件を受注して、定期的な収入に繋げている方もいますがそれも会社員のように10年、20年も続くわけないのでかなり収入面で不安を感じると思います。

実際に筆者である私もフリーランスですが、来月仕事がなくなるのではないかと正直不安が拭えませんね。

在宅で働くデメリット②:福利厚生がなく、社会的信用度が低くなる

フリーランスエンジニアは会社員と比べて、福利厚生が保証されておらず、社会的信用度も低いです。

そのためクレジットカードの審査に通らなかったり、何か大きいものを購入する際に分割支払いが出来なかったりと、不便を感じることがあるかもしれません。

福利厚生面では会社員と比べて保証されていないので、各自でそれぞれ必要な保険に加入するしかありませんね。

在宅で働くデメリット③:税金や保険料を自分で払わないといけない

フリーランスエンジニアになると、まず大きく降りかかる壁は「税金」です。

今までは会社がまとめて給料から天引きしてから支払っていた、「住民税」や「所得税」等はフリーランスエンジニアになるとすべて自分で収めなければなりません。

それに年末になると「確定申告」等の準備や申告等もあるので、フリーランスエンジニアは税金に関する勉強も必要不可欠になります。

もちろん国民保険料や国民年金保険料等も、各自自分自身で収めなければなりません。

フリーランスエンジニアはスキルや実績を活かしてガッツリ稼ごう!

独学でフリーランスエンジニアになった方は、バックヤードが弱いため最初から爆発的に稼ぐことは難しいかもしれませんが、元エンジニア職で数年勤めてからフリーランスエンジニアになった方はガッツリ稼げる可能性が高いです。

フリーランスエンジニアは、実務経験やこれまでのあなたの制作物がものをいう世界なので、ある程度会社でエンジニア職として勤めていた方は、かなり優遇されること間違いなしです。

是非とも今回ご紹介したおすすめのサービスサイトを利用して、チャレンジしてみてくださいね。









この記事をかいた人

ライター歴3年目のフリーランスです。普段は海外でお仕事を行っております。お仕事のご連絡はブログもしくはTwitterからお気軽にご連絡ください!