【仮想通貨】ハードウェアウォレットのおすすめ3選!安全な仮想通貨の保管に必須!

ビットコインなどの仮想通貨を安全に保管する方法として「ウォレット」と呼ばれる仕組みがあります。ウォレットにはいくつか種類がありますが、その中でも比較的安全性が高いとして人気なのが「ハードウェアウォレット」です。ハードウェアウォレットのしくみやその選び方、特に人気の高いハードウェアウォレットについて紹介します。



ハードウェアウォレットとは?


仮想通貨の取引は、公開鍵と秘密鍵という2つの暗号鍵を使って行われます。

公開鍵は一般にも公開されているもので、管理に注意をする必要はありません。しかし、問題は暗号鍵です。これを第三者に知られると、仮想通貨の取引を勝手にされてしまう可能性があるからです。

ウォレットとは、この暗号鍵を安全に保存・管理する仕組みのことをさします。ウォレットにはいくつか種類があるのですか、中でも「ハードウェア」ウォレットはその名前のとおり、ハードウエア(外部端末)を利用して秘密鍵を保存・管理します。

ハードウェアウォレットは、USBメモリ程度の大きさの端末です。仮想通貨の取引を行う際にはこれをパソコンに接続し秘密鍵を認証させ、取引を行います。

ウォレットの種類とハードウェアウォレットが選ばれる理由

ウォレットにはハードウェアウォレットのほか、ウェブ上の仮想通貨取引所やサイトに保管する「オンラインウォレット」、アプリなどを利用した「ソフトウェアウォレット」などがあります。

ウォレットのうち、最も手軽に利用できるのはオンラインウォレットです。思い立ったときに、パソコンやスマートフォンなどから直接アクセスすれば、すぐに暗号鍵を使い仮想通貨を取引することができます。

しかし、オンラインウォレットにはサイトのサーバーがダウンしてしまえば使えない、万一のハッキングのリスクがあるなどのデメリットがあります。

ソフトウェアウォレットは、アプリでパソコンやスマートフォンなどの端末に秘密鍵を保存します。パソコンやスマホに直接保存しているため、オンラインウォレット同様、したいときにすぐ仮想通貨の取引ができるという利便性の高さがメリットです。

しかしその一方で、パソコンやスマートフォンがウイルスに感染などすると秘密鍵が流出しかねないというリスクがあります。さらに、ソフトウェアウォレットは対応している通貨の種類が比較的少ないなどのデメリットもあります。

ハードウェアウォレットは外部端末に暗号鍵を保管します。そのため、仮想通貨の取引の際には必ずハードウェアウォレットをパソコンなどに接続しなければいけません。わずかな手間ですが、好機を逃さずすぐに取引をしたいという人にとっては不便を感じるかもしれません。

しかし、ハードウェアウォレットは独立した外部端末に秘密鍵を保存するため、ウイルス感染などのリスクが低く、対応している通貨の種類も比較的多いという特徴があります。

安全性という観点から見ると、ハードウェアウォレットにはオンラインウォレットやソフトウェアウォレットよりも大きなメリットがあるといえます。よりセキュアに自分の暗号鍵を管理したいという人にはハードウェアウォレットがおすすめです。

安全性を優先させるならハードウェアウォレットを予備含めて準備がベター

ハードウェアウォレットは比較的小型の外部端末です。こういった外部端末を使用する場合、故障、紛失、盗難などのリスクを心配する人もいることでしょう。確かに外部端末を使っている以上、そういったリスクはつきものです。

ハードウェアウォレットに保管された暗号鍵は、ハードウェアウォレット本体のアクティベーションキーと紐付けられます。そのため、アクティベーションキーさえ第三者に知られなければ仮想通貨は安全に守られます。アクティベーションキーをしっかり管理しておけば、もし手元からハードウェアウォレットがなくなったとしても、誰かに仮想通貨を勝手に取引されてしまうという可能性は非常に低くなります。

とはいえ、万一に対する備えはしておくに越したことはありません。そこでよく使われる方法が、ハードウェアウォレットを複数用意し、それぞれ別の場所に保管しておくという方法です。複数用意しておけば、手元にハードウェアウォレットがなくなったとしてもすぐにスペアを使うことができるので安心です。

ハードウェアウォレットの選び方のポイント3つ


ハードウェアウォレットは、仮想通貨という資産も守るためのものです。そのため、選ぶときは必ずチェックしておきたいポイントがあります。その主なポイントを3つ紹介します。

対応通貨

ひとことで「仮想通貨」と言っても、その種類は何十種類にものぼります。すべてのハードウェアウォレットがすべての仮想通貨に対応しているとは限りません。まずは、自分が扱っている仮想通貨にハードウェアウォレットが対応しているか公式サイトでチェックしておきましょう。

価格

前述のとおり、万一に備えてハードウェアウォレットは複数用意しておいたほうが安全です。しかし、複数購入するとなると気になるのか価格です。人気のハードウェアウォレットの価格帯はだいたい1個1~2万円ですが、機種によってより手頃な、あるいはより高めの金額が設定されています。また、店によっても異なるケースがあるため価格はしっかりチェックしておきましょう。

複数アカウントに対応できるか

仮想通貨の取引に複数のアカウントを使用している場合は、ハードウェアウォレットが複数アカウントに対応しているかどうかをチェックしておきましょう。

ハードウェアウォレットを購入するときの注意


ハードウェアウォレットを複数用意したいので、少しでも安く売っている店を探したい。中古や並行輸入品でも構わない。そう思う人もいるかもしれませんが、ハードウェアウォレットは必ず「新品を」「正規代理店で」購入するようにしてください。

ハードウェアウォレットでは、暗号鍵とアクティベーションキーが紐付けられている、という話はすでにしました。一般的にはアクティベーションキーさえ知られなければ、ハードウェアウォレットを勝手に第三者に使用されることは考えにくいでしょう。

しかし逆にいうと、万一アクティベーションキーも知られてしまえば、第三者があなたのハードウェアウォレットを使って勝手に仮想通貨の取引を行うリスクは高くなります。

どういった経路で流通していたかわからないハードウェアウォレットの場合、ハードウェアウォレットそのものに暗号鍵とアクティベーションキーが流出してしまうような細工がしてある可能性があるからです。

たとえば、悪意をもった第三者が新品のハードウェアウォレットを購入し、それに何かしらの細工を加え、中古品として販売し、それを購入した人の情報を盗み見るという可能性が否定できないのです。

正規代理店で取り扱っている、新品のハードウェアウォレットであれば、そういった心配はありません。安全性をきちんと確保し安心して使うためにも、中古品や並行輸入品は避け、正規代理店で新品を購入するようにしてください。

おすすめハードウェアウォレット3選


ハードウェアウォレットの中でも人気が高いものを3つご紹介します。どのハードウェアウォレットも日本に公式代理店があり、サポートも日本語で受けられますので、安心して購入することができます。

Trezor


TREZOR(トレザー)には、Trezor oneとTrezor Model Tの2種類のハードウェアウォレットがあります。価格はTrezor oneが69ユーロ、その上位機種であるTrezor Model Tが149ユーロで、公式サイトから購入する場合は日本への送料として別途26ユーロが必要です(2018年11月現在)。

海外通販が不安な場合は、日本の正規代理店から購入することになります。Trezorの日本代理店は2018年11月現在12社あります。公式サイト内Resellersのページにて「japan」と検索すると、その一覧をみることができます。

日本の正規代理店では、Trezor oneが1万円前後、Trozor Model Tが2万円をやや超える程度の価格で販売されています。また、一部代理店では日本語のマニュアルのほか購入後のサポートにも対応しています。代理店から購入する場合は、価格やサポートを比較してからにするといいでしょう。

Trezor one、Trezor Model Tともに日本国内で人気の仮想通貨であればほぼ対応しています。ただし、Rippleなど一部未対応の仮想通貨もあるので、必ず公式サイト内Supported coins & tokensのページで確認してください。

Trezorでは、起動時には必ず10桁のPINコードを入力する必要があります。そのため、万一の紛失・盗難などで第三者の手に渡った場合でも、勝手に使われ仮想通貨が取引されてしまうというリスクは低いです。

また、複数アカウントにも対応しています。

Ledger Nano S


Trezorと並んで人気があるのが、Ledger(レジャー)のハードウェアウォレットです。なかでもLedger Nano Sは、そのコンパクトさとデザインのスタイリッシュで人気が高いもののひとつです。

Ledger Nano Sの価格は、公式サイトで12,490円です。価格は日本円で表示されますが商品説明などはすべて英語での記載になるので、不安な場合は日本の正規代理店を通じて購入するといいでしょう。

正規代理店は公式サイト内Retailersのページで調べることができます。ここによると、日本語のオフィシャルストアとしてAmazonのストアが、正規代理店としてハードウェアウォレットジャパンハードウェアウォレットが挙げられています。

なお、価格は代理店ごとに違うので、購入時には価格の確認を必ずするようにしてください。

Ledger Nano Sも、人気の仮想通貨にはほぼ対応しています。対応している仮想通貨については公式サイト内Supported Crypto Assetsのページにてアナウンスされていますので、ぜひこちらもご確認ください。

セキュリティ面については、起動時に入力するPINコードを設定することで、第三者による不正利用を防ぐことができます。また、専用の無料アプリが用意されていて、仮想通貨をより安全に保管することができるようになっています。無料アプリは日本語化もされているので、安心して使えます。

Digital BitBox


お手頃な価格でハードウェアウォレットを購入したいという人に人気なのが、Digital BitBoxです。

Digital BotBoxの価格は、公式サイトでは59ユーロです。日本の公式代理店はリベルタジャパン1社のみで、ここでの価格は1個8,980円、2個セットで15,960円です。今まで紹介したほかのハードウェアウォレットと比較しても、かなりお手頃な価格で購入することができます。

Digital BitBoxの特徴は、マイクロSDカードを使用していることです。

ハードウェアウォレットはリカバリ用にリカバリーシードを用意しておくのですが、これは一般的には手書きで、メモで保管することがほとんどです。そのため、まれに転記ミスなどでリカバリがうまくいかないケースが起こります。しかし、Digital BitBoxの場合はリカバリーシードをマイクロSDカードに記録させておくため、万一のときでもスムーズにリカバリを行うことができます。

Digital BitBoxの対応通貨は ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ERC20トークン(TRX、NOAH等)、ライトコイン、ビットコインキャッシュです(2018年11月現在)。今後は増えていく予定もあるそうですが、自分の持っている仮想通貨に対応しているか、必ず確認するようにしてください。

ウォレットやマイクロSDのバックアップデータにアクセスにはその端末ごとのパスワードが必要であるため、第三者が勝手に使用する可能性は低いです。また、スマートフォンを使用した二段階認証も行うことができます。

まとめ

仮想通貨を安全に保管し、取引するためにはウォレットは欠かせません。中でもハードウェアウォレットは安心して仮想通貨を保管することができるツールです。適切な購入方法を知った上で、自分に合ったものを選ぶようにしてください。









この記事をかいた人

フリーライター。ビジネス系からスピリチュアル系まで、さまざまなWEBコンテンツを書いています。京都中心に関西方面での取材もたまに。