【ブラック企業から脱出】エンジニアがチェックすべき求人サイトまとめ

もっと楽で働きやすい職場に転職したい。

永遠に続くやりがいのない下請け業務、突如始まるデスマーチ、残業なんて当たり前。
他のIT企業やプロジェクトチームは、毎日もっとワクワクしながら仕事を楽しんでいるんじゃないか?
ブラック企業に勤めていれば、苦しいエンジニア生活からは抜け出せません。

今回は、ブラック企業から、理想の職場への転職を目指すあなたに、エンジニア専門の転職サイトをご紹介します。
それぞれのサイトの特徴はもちろん、どうすればより良い職場へと転職することができるのか、についても解説します。



【エンジニア専門求人サイト5選】優良サイトとその特徴を解説

早速、自分に合ったサイトがなにか、特徴も交えてご紹介します!

IT業界にも強い不動の【マイナビエージェントIT】

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

業界大手のマイナビが、ITエンジニアへの求人に特化したサービスです。

マイナビでの実績を武器に、エンジニアを求める大手企業からスタートアップまで、幅広い求人を掲載しています。
マイナビエージェントは『まず、見てみよう』という方にもおすすめできるうちの1つです。
多忙で平日に時間が取れない方のために、土日にもキャリア相談の場を提供しています。

スキルが身に着く環境なら詳細検索で攻める【Green】

Greenは、エンジニア業界に特化し、業界ならではの詳細な条件で、求人検索が可能になっています。
自身の求める職場環境を、細かなスキルや特徴で調べることができるので、明確なキャリアアップやスキルアップをしたい方には特におすすめです。

ITエンジニア転職のプロがサポート【レバテックキャリア】


公式サイト:https://career.levtech.jp/

自社で取り組む社内講習などで、常に業界知識を深める姿勢を忘れないレバテックキャリア。
その甲斐あってか、企業とのマッチング率も高く、評判も高いです。
変化の速いIT業界で、エージェント側が常に情報をアップデートしてくれることは、信頼できるポイントのひとつ。

業界の動向も合わせて転職を考えたい方は、非常に嬉しいサービスです。

webエンジニア特化型求人サイト【TechStars】

公式サイト:https://techstars.jp/

IT業界に特化した転職エージェントを要するTech Starsは、エージェントの専門知識が高くあなたに合った求人を多角的な視点で紹介してくれるでしょう。
初めての転職や、自身のキャリアプランが定まっていない方は、相談も兼ねて利用するのも良いですね。

思っていた以上に、自分の市場価値が高かった、なんて嬉しい発見もあるかもしれません。

フリーランスという新しい人生のスタートを【Midworks】

公式サイト:https://mid-works.com/

この際、独立を目指す!という方におすすめなのが、Midworksです。

ITエンジニアは個人で仕事さえ取れてしまえば、十分に暮らすことができます。
そのため、近年ではフリーランスという働き方の需要も高まっています。

その際、MidWorksでは案件の提供はもちろん、保険や確定申告などの面倒な業務を丸々担ってくれる魅力あるサービスも。
フリーランスを目指す方にとって、知っていて損はないサービスの1つでしょう。

エンジニアは作業環境が命!良いモノが創りたいなら脱ブラック企業


エンジニアはクリエイティブな思考が不可欠。
世の中にないモノを創り、さらに良いモノへと作り変えていく、高度な技術の伴う仕事です。
ですが、気が付くと残業や、上司に気を使って疲れ切る毎日。
本当はあなたにも、理想のエンジニア像がありませんでしたか?

エンジニアにとって作業環境はとても重要な要素です。
理想の仕事をするためには、職場環境にも目を向ける必要があります。

環境スペック、人間関係、過度の残業!これら全てが成果物に影響する

スキルがあるからと言って、良いモノが創れるわけではありません。
人ですから、当然メンタル面の影響も関係してくるでしょう。

  1. 開発プロダクトに釣り合わない作業環境
  2. しがらみが取り巻く人間関係
  3. 生活を犠牲にした日々の残業

これらが成果物に及ぼす悪影響に、もはや説明は不要です。
誰しも生活があり、その中に仕事があります。
生活を圧迫するような作業環境で、良いプロダクトを創り続けるというのはほぼ不可能です。

いちエンジニアではなく、駒にされるブラック企業の特徴3つ


あなたのエンジニア人生を脅かすブラック企業の特徴をまとめます。

プロダクト作成の下流工程にある企業

IT業界にある仕事の流れとして、『多重請負』があります。

A社がクライアントから100万円で依頼された仕事を70万円でB社へと振る。今度はB社が50万円でC社へ振る、というように仕事は次々に下流工程へ流れていきます。これが末端であればあるほど過酷になるメカニズムです。

シンプルに人材不足

業務量に対して、人員が不足している場合。ベンチャーやスタ―トアップ企業であれば、尚、深刻な問題でしょう。

エンジニア業界では、人材不足の環境を改善することは簡単ではありません。こうしたしわ寄せをもろに受けてしまう企業では、辛い状況が長く続くでしょう。

上司や職場の能力値が低い

締めきりの伴う開発業務などでは、スケジュール管理やチームマネジメントがとても重要になります。進行を管理できる上司がいない、スケジュール通りプロダクト開発を進める能力がない、となると地獄を見ます。

残業はもちろん、エンジニア総出のデスマーチも免れません。ブラック企業はいつまでもブラックです。

多くの場合、改善する体力が企業内部の人間に残っていません。これらの特徴に該当しているなら、早急に抜けだすべきです。

エンジニアとなり、何がしたいのか?を改めて考えてみる


あなたはただエンジニアになれればよかったのでしょうか?
違いますよね。

きっと、何か希望や理想があったはずです。今の環境に迷いがあるなら、改めて『自分はどうなれたら幸せか』考えてみましょう。

【脱ブラックエンジニア】実のない長時間労働で失うものは多い


ブラック企業は今後、どんどん淘汰されていくでしょう。

長時間労働に対する社会的な風当たりが強くなっていることや、SNSの普及による情報の透明度が高くなっているからです。もしあなたがブラック企業に勤めているなら、多くのモノを失っていることに早く気付くべきです。

家族や子どもと過ごす時間、恋人との時間、趣味に使える時間も無くなりしまいには健康まで失いかねません。

そして、残念ながら大半のものは取り返すことはできません。果たして過酷な労働から得る報酬と引き換えに、これだけのモノを失う価値がある職場でしょうか?

エンジニアは成長と学びが大切!時間=お金ではなく時間=成長に!

今日最新の技術も、3か月後には過去のものとなるほど変化が激しいエンジニア業界。日々の学びと絶え間ない技術のアップデートに、割く時間の確保は不可欠です。

理想はスキルアップと仕事は表裏一体となっている職場。仕事に割く時間=エンジニアとして成長している時間になれば、効率のいい成長が期待できます。

エンジニアだからこそ、職場環境はシビアに選んでいい


エンジニアは作業環境のスペックや、誰と働くかでも大きく成果物や成長の結果を左右されます。だからこそ、自身が最もパフォーマンスを発揮できる環境に身を置くべきです。

もちろん、あるべきものを活用する力も重要です。

ですが、自身の理想を叶えられる可能性があることを忘れないでください。エンジニアだからこそ、職場環境には徹底的にこだわって良いのです。

【何この求人!?】エンジニアなら誰もが求める好待遇の基準とは


エンジニア売り手市場の現在は、時に驚くほど好待遇の求人もあります。

それだけ需要と供給のバランスが良くも悪くも取れていないということです。ですが、転職の経験がなかったり、業界の歴が浅いと好待遇の基準もいまいち分からないという人もいるでしょう。

エンジニアなら誰もが唸る、好待遇の基準のキーワードは『高報酬』×『スキルアップ』です。

エンジニアの求める理想の職場環境は『高報酬』×『スキルアップ』

なんだ、とても普通じゃないか」そう感じましたか?

そうなんです、高報酬でスキルアップができる職場が良い。ですが、この当たり前をすぐに実現できる仕事は、そう多くはないでしょう。エンジニアは会社との相性がよければ、理想の働き方を実現しやすい職業。

正社員という枠だけでなく、派遣やフリーランスなど、様々な働き方を選びやすいことも魅力です。技術さえあれば、あなたが求める作業環境を好待遇をセットで手に入れることもできるでしょう。

超売り手市場のエンジニア業界!年収をあげるために知っておきたいこと


エンジニアとしてさらに稼ぎたい!という方の為に、転職以外でも年収をあげられる方法ををご紹介します。
転職をするタイミングを見定めるきっかけにもなるかもしれません。

年収アップのキーワードは「働き方」「年齢とスキル」「言語」

エンジニアの報酬は

  1. 働き方
  2. 年齢とスキル
  3. 扱える言語

以上の3つの要素が関係しています。

働き方について

1の『働き方』に関しては、会社員なのか、派遣なのかフリーランスなのか。
ボーナスの有無や、固定給なのか成果報酬なのか。
働く環境によって、年収に差がでてきます。

年齢とスキルについて

2の『年齢とスキル』は、将来性に起因しています。
会社としては、同等のスキルを持つ40代よりも20代を選ぶのは当然です。。
ですが、年齢に関係なく、求められるスキルを持っていれば、稼ぐことはできます。

仮に年齢がネックだとしても、プロダクトマネージャーなどの管理職に就くこともできるでしょう。
エンジニアは、スキルを活かして活躍できる場が豊富にあるため、自分が最も活躍できる環境に身を置くことが年収アップの秘訣です。

扱える言語について

最後に3の『扱える言語』は、プログラミング言語のことです。
TECH ACADEMYの情報によると、上位3つの言語は

  • Python
  • Ruby
  • C++

となっています。

冒頭でもお話してきたように、変化の激しい業界です。順位の変動はあるかと思われますが、現時点ではこちらを参考にしても良いと思います。

特に外資系エンジニアは優秀な人材を得たい為、報酬が高い傾向

働き方に関しては、外資系企業で働くという選択もあります。特に異国の会社が支社を構える際は、優秀な現地スタッフを求めます。

力強く自走してもらわなくてはならないからです。となれば、必然的に優秀な人材には、高い報酬が払われます。

自身のスキルを試すという意味でも、挑戦してみるのも良いかもしれません。

自分に合った活躍できる環境を選べるかどうかが年収アップのカギになる

何よりも大事なのは、『自身が最も活躍できる場所で働くこと』です。

あなたの技術を最大限に活かし、評価してくれる職場を見つける努力をしましょう。仕事をしながらスキルアップができれば、エンジニアとしても成長ができ、更なる高みへと挑戦できます。

年収を上げる為には、スキルを身に着け、正当な評価をしてくれる環境に身を置きましょう。

まとめ


あなたが理想とする『安心して、長く勤められる職場』は実際にあります。現代は業界に対する需要が伴っておらず、エンジニアの超売り手市場です。会社とあなたの相性が良ければ、高報酬、好待遇も夢ではありません。

今回ご紹介したエンジニア専門の求人サイトを、ぜひ一度ご覧になってみてください。

もしあなたが、ブラック企業で過酷な長時間勤務に耐えているなら、尚更です。永遠に続く下請け業務で得られるものよりも、「健康」「家族」「趣味」など、失うモノの方が多いかもしれません。

ご自身の理想のライフプランを叶えるためにも、収入や働き方はシビアに考えて良いと思います。

世の中に必要とされる高度な技術を持っているのですから、活用しない理由はありません。あなたに合った、理想の職場が見つかることを願っております。