サーチコンソールの「使用するドメイン」設定方法を解説

様々なサイトのURLを見ていると、「http://」や「https://」の後ろに「www」が入っているものと入っていないものがあります。これはサイトのドメインを取得してサイトに設定する際に任意で指定することができます。これを予めきちんとサイト全体のアドレスとして設定していれば問題ありませんが、設定の仕方を間違っていたりすると、同じサイト内で「www」が入っているページと入っていないページが出来上がってしまいます。

こうなってしまうと、「www」が設定されているページなのに、「www」無しでアクセスしたりするとページのリンク切れが発生したりします。また、気がつかずにこのまま放置してしまうと、設定されたURLでGoogle検索エンジンにインデックスされてしまいます。その他にもSEO的な問題などが発生してしまいサイトの順位にも影響を及ぼしかねません。今回はURLを統一すべき理由やサーチコンソールを使っての統一方法等をお教えいたします。



URLを統一すべき理由

Google検索エンジンはURLの一部が違うだけで別サイトだと認識してインデックスしてしまいます。そのため、設定されているURLに「www」があるのかないのかだけでも検索エンジン側からは別サイトだと認識されています。つまり、URLが統一されていない状態でインデックスされてしまうと、「www」ありとなしの二つのページが存在してしまい、重複ページだと認識される可能性が高くなってしまいます。

重複ページだと認識されれば、それだけでSEOの評価に影響が出てしまい、順位そのものが下がる可能性があります。また、冒頭でも書いたとおり、「www」のありなしが統一されていないと、トップでは「www」ありでアクセスできたのに、他のページに「www」ありのアドレスでアクセスしたらリンク切れになってしまうといった現象が発生してしまいます。トップにアクセスできているのに、他のページにアドレスを直打ちでアクセスするような人は少ないかもしれませんが、管理側が勘違いして内部リンクの設定をしていたらそれだけでリンク切れになってしまうこともあります。

そういったリンク切れやSEOとしての評価を落とさないようにするためにも、URLの「www」ありなしは統一すべきです。

サイトの登録方法


サーチコンソールでwww有無の統一を行う前に、対象のサイトのwwwありとVer.となしVer.の二つをサーチコンソール内に登録しておく必要があります。登録の流れは以下のようになります。

  • サーチコンソールにログイン
  • ページ右上の「プロパティの追加」をクリック
  • 表示されたポップアップウィンドウにURL入力
  • 「追加」ボタンをクリック

ここから、サイトの所有権の確認になります。サーチコンソールでは登録したサイトの所有権が確認できないと、その人の所有サイトとして認められません。FTPを接続してhtmlファイルをアップロードできるような環境であるなら、HTMLファイルアップロードによる所有権の確認が可能です。

サーチコンソール側から確認専用のファイルがダウンロードできるので、そのファイルをFTPで接続して自サイトのサーバー内にアップロードして、確認を押しましょう。うまく設定できていれば完了となります。FTPを使ってのファイルアップロード以外の方法で作っているサイトならば、ファイルアップロード以外での確認になります。

WixやJimdoなど利用しているCMSによりますが、大体の場合はHTMLタグの設置になります。サーチコンソール側から専用のHTMLタグが発行されるので、サイトのheadタグ内にそれを設置して確認すれば、所有権が認められます。やり方がわからなければ「CMS名 サーチコンソール」等で調べると分かります。やり方が出てこない場合は、そもそもサーチコンソールが導入できないCMSだと考えられます。

すでに片方登録しているという方

既にどちらかのVer.のサイトを登録しているなら、登録してないVer.のほうを登録してください。以下のようなメールが届いている場合は、「サイトを追加」をクリックすればOKです。

統一方法

www有りVer.と無しVer.それぞれのサイト登録が完了したら、あとはそれぞれのURLを合わせたいほうに設定するだけです。

サーチコンソールにログイン後、URLの設定をしたいサイトを選択します。

右上の歯車をクリックすると、メニューが開くので、その中の「サイトの設定」をクリックします。すると、ページ上部に「使用するドメイン」の項目があり、その中でwwwの有るものか無いものどちらをアドレスとして設定するか選択することができます。

評価してほしい方のサイトを選択して保存をクリックすれば完了です。

www統一の際の注意点

使用するドメインをバラバラに設定してしまうと、統一されないので、必ず同一のURLになるようにしてください。また、設定後、反映されるまでには時間がかかることがあります。

使用するドメインの設定が終わったら、301リダイレクトなどリダイレクトを使って、使わない方のドメインにアクセスされた際にリダイレクトするよう設定しましょう。これを行っておかないと、リンク切れのページが表示されしまいます。

なお、「https://対応」や「リダイレクトの方法」については「WordPressサイトをhttpからhttpsにしよう!【対応手順を丁寧に説明】」をご覧ください。

まとめ

リンク切れページはSEO的にマイナスになるといったことはありません。ですが、ユーザーの利便性といった点で見た場合、エラーページは表示されたら戻るしかないので不便です。リダイレクトによってちゃんとしたページに誘導してあげることで、サイトの利便性向上にも繋がります。

マーケティング面から見ても、URLの統一を行い、リンク切れページはリダイレクトを行うといったことをすることで、よりユーザーが回遊してくれる良質なサイトになっていきます。ユーザーのためにもSEOのためにもURLの正規化を正しく行いましょう。









この記事をかいた人

YURI

Webマーケティングが好きです。(SEO・ASO・ADが得意分野)寄稿依頼もお待ちしております。