この記事を書いた人:

サーチコンソールを利用して、検索クエリを見る方法をご紹介します

SEO,マーケティング

自サイトにサーチコンソールを導入したもののsitemapの送信とクローラーの呼び出しのみにしか利用していなかったりしませんか?サーチコンソールにはこういったサイトのインデックスを促す仕組みと共に、検索クエリというサイトの運営に役立つ機能がついています。

今回はこの検索クエリについてご紹介いたします。(検索クエリは、「ユーザーが実際に検索しているワード」という意味です。)

検索クエリをなぜ見ないといけないのか

サイトの制作・開設を行う際にキーワードプランナー等を使ってキーワードを選定した人は多いと思います。コンテンツや記事の追加後にキーワードプランナー等のキーワード選定ツールを使うのはよいのですが、実際にどういったキーワードで調べられたときにサイトが表示されているかを知らなければサイトの状況を可視化して改善することはできません。

サーチコンソールでは、どのキーワードで調べられたときにどれぐらいの順位で掲載されて、どれぐらいクリックされているかといった情報がサーチコンソールの検索クエリで確認することができます。(Googleアナリティクスでも確認することができますが、ほとんどデータが取ることができず「not provided」というデータで表示されるためサーチコンソールほど正しいデータをチェックすることはできません。)

検索クエリを活用することで、よりアクセスUPへ繋げるためのサイトの改善やサイトの方向性の修正に役立たせることが可能です。サイトの改善やさらにアクセスを伸ばすための施策を考えている方はぜひチェックしてみてください。

検索クエリの確認をする

それでは検索クエリの見方についてご紹介していきます。検索クエリに表示されるものはどういったキーワードで検索されている以外にもあります。

どういった情報が表示されているかを把握することで、より詳細にデータを読み取りサイトへの反映もやりやすくなると考えられます。しっかりと見方を覚えてデータを読み取り、サイトへの反映を行っていきましょう。サーチコンソールとアナリティクスで、画面により表示されているデータが違うため、それぞれについて紹介します。

サーチコンソールでの検索クエリ

表示されるデータとしては以下の4つがあります。

  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位

クリック数は検索結果に表示されてどれぐらいクリックされたかの数で、サイトへの訪問数です。表示回数は検索結果に表示された回数で、1回でも検索結果に表示されれば1回とカウントされるため、クリックされていない回数も含まれます。

CTRはクリック率のことで、クリック数÷表示回数の計算式で出た結果を確率で表しています。掲載順位はそのまま掲載順位のことでどれぐらいの順位に掲載されているかがわかるのですが、サーチコンソールの情報は最新のものでも数日前だったりすることがあり、実際に順位を確認してみると順位が相違していることがあるので注意が必要です。

アナリティクス

サーチコンソールの検索アナリティクスでは「クエリ」だけでなく「ページ」や「国」ごとの情報も集計しており、検索アナリティクス内で切り替えが可能です。集計している情報は以下のようなものになります。

  • クエリ
  • ページ
  • デバイス
  • 検索タイプ
  • 日付

クエリではどのキーワードで検索されているかが分かり、ページではページごとの検索表示回数やクリック数がわかります。国は日本やアメリカ・中国といった国ごとで、デバイスはモバイル・PC・タブレットの三つの項目ごとのデータとなります。検索タイプはウェブ・画像・動画のどの検索から調べられているかで、日付は日付別でのデータとなります。

集計しているデータはGoogleアナリティクスのデータと項目は似ていますが、Googleアナリティクスはアクセスがあったものなのに対して、サーチコンソールの検索アナリティクスでは、検索結果に表示されたものになります。

サーチコンソール、検索アナリティクスの機能

検索クエリを確認することができる検索アナリティクスにはただ検索クエリや表示順位などを表示させているだけではありません。検索アナリティクス画面上部には「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」の4項目が掲載されたチェックボックスが用意されており、こちらのチェックの入れ外しで必要な情報の表示非表示を変更することができます。

その下の「クエリ」や「ページ」はクエリごとの情報、ページ別の情報といった感じでデータの表示を切り替えできるようになっています。また「クエリ」や「ページ」の下側には「フィルタなし」とか書かれた部分があり、ここにURLを入力することでフィルタをかけたり、比較を行うこともできます。

サーチコンソール「検索アナリティクス」の便利な使い方

サーチコンソールの検索アナリティクスは、各項目のフィルタはその項目を指定したときに反映されるのではなく、フィルタを設定した時点でデータ全体に反映されます。これらの機能を上手く応用することで、特定のページがどのキーワードでより多く表示されているかといった情報も取得ができ、より詳細なデータを読み取ることができます。やり方は、「クエリ」を指定した状態で、「ページ」のフィルタに調べたいページのURLを入力するだけ。これで入力したページがどんなキーワードで調べられて表示やクリック・掲載順位のデータがわかるようになります。

検索順位やクリック率をチェックしながら、サイトタイトルや記事内容を見直すことでさらなるアクセス数向上に役立てられます。なお、ライティングについてはこちらの記事をチェックしてみてください。
>> 「SEOのためのライティング」を行う上で最低限やっておきたい事

まとめ

サイトリリース時には、検索クエリはサーチコンソールを導入して2~3ヶ月ほど経過していないとデータがあまりたまらず、分析できる母数が溜まっていないケースが多いです。サイトを開設し、サーチコンソールの導入して2~3ヶ月経過してから細かく分析することをオススメします。
また、サイト運営を長くやられている方の中でもサーチコンソールを定期的にチェックできていない人は、取れるはずだったアクセスを逃している可能性があります。

Googleの検索エンジンから集客する人たちにとって必須のツールになっているサーチコンソール。検索クエリデータを上手く使ってサイトのアクセスUPに繋げて行きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

YURI
Webマーケティングが好きです。Twitterはこちら、Blogはこちら。寄稿依頼もお待ちしております。

関連する記事

Recommended by