この記事を書いた人:

「SEOのためのライティング」を行う上で最低限やっておきたい事

SEO,マーケティング

オウンドメディアやブログ、アフィリエイトサイトなどWebサイトを持つ方や運営に携わる方にとって、ユーザーをサイトに導くためにGoogleやYahoo!JAPANからアクセスを集められるライティング方法はいつの時代も重要なトピックです。

数年前から、たくさんの記事を書いてアクセスを多数集めるのが有効な施策と言われていますが、その際、何も考えず文字を書くだけでは上手くいかず伸び悩むケースが多いです。

SEOライティングにおいて、一番大事なのはユーザーのことを意識して書くということです。今回は、実際にcreiveでもライティングの際に心がけているSEOライティングについて紹介します。

SEOのためのライティングをなぜ行うのか?

SEOライティングは、紙媒体や手紙などと違い検索エンジンを意識したライティングを行う必要があります。意識をしなくても、対策キーワードで上位化するケースは多数ありますがそれ以上に上手くいかないケースもたくさん目にしてきました。

SEOのライティングは、書き方ではなく書き始める前に何をするかが非常に大切です。海外旅行に行く前と同じように、「まず情報を整理し、何が必要なのか、何を準備したらいいのか」を事前に把握してからライティングを行いましょう。
事前準備をすることで、闇雲に書き始めるのに比べてライティングする実働時間を短縮することにもつながります。

ライティングを始める前にチェックする事

 

ライティングを実際に始める前に以下の項目だけは必ず行うようにしましょう。

  • 競合分析
  • サジェスト
  • 検索ニーズの深堀
  • マインドマップ

取り組むか取り組まないかで、記事の納得度や読みやすさ、何より検索エンジンの上位表示率が全く異なります。

競合分析

競合分析というのは、対策したいキーワードで今どんなサイトが上がっているのか確認する作業です。その際、検索結果の1−10位に共通して書かれている項目をチェックするようにしましょう。
Googleは検索結果でユーザーニーズを満たすような設計になっているため、「共通して書かれているもの=検索ユーザーが求めていること」と考えて問題ありません。

例えば、「脱毛 メンズ 注意点」というキーワードの場合、

  • 日焼けできない
  • 待合室で他の人とあう
  • 店舗でやったほうがいい
  • 追加料金を取られないように事前に見積もりをもらう
  • もう一回生やしたいと思うところは脱毛しない

が共通項としてあげられます。同じキーワードを対策する場合には、この項目は必須でライティング項目に入れたほうが無難です。

このように対策ワードに対する検索ニーズを競合サイトから下調べし、ライティングの際に必ず書くようにしましょう。

サジェスト

サジェストという言葉に馴染みのない方もいるかもしれません。サジェストは、検索ワードを入れた際に下に出ている検索予測候補・関連ワードのことです。Yahoo!JAPANのユーザーの4割ほどがサジェストを利用しており対策ワードを調べた際に、サジェストが出ていればそれもまた検索ユーザーのニーズと判断して問題なさそうです。(もし誰からも使われていなければニーズとは違いますが、多くのユーザーが利用していることからニーズだということが理解できます。)

・使えるサジェストツール
サジェストをうまく活用し、検索ワードのニーズを顕在化してくれるツールがたくさんあります。まずは、「おむすび」というツールです。キーワードを入れると日本とアメリカのサジェストを出してくれます。

もう一つおすすめなのは、「Keysearch Beta」です。サジェストはもちろんのこと、Googleトレンドなどから他にどういったキーワードでのライティングもおすすめかワードを教えてくれます。

検索ニーズの深堀

昔のSEOライティングはここまでやっておけば問題ありませんでした。しかし今は、SEO戦国時代。これだけでは競合に勝つことはできません。そのため、検索結果に出ていないニーズも調査が必要になります。
調査のためには以下の方法を利用するのがおすすめです。

  • Q&Aサイト
  • SNS
  • 近場にペルソナが近い人がいれば聞く

Q&Aサイトというのは「発言小町」「Yahoo!知恵袋」などの質問投稿型サイトのことです。対策ワードを調べることで悩みを抱えている人が多くいるため、その中から潜在的なニーズを判断しましょう。またSNSの投稿検索から、ニーズを知ることもできます。全ての投稿を拾うわけではなくたくさんの人が同じことを呟いている場合はそのニーズをしっかりとコンテンツに入れ込みましょう。

もしQ&AサイトやSNSで情報を収集できなかった場合は、近場の人に頼ってみるというのも一つの手です。自分が書くコンテンツを調べるであろうユーザー層に近い人に、どういうことで悩んでいるかどういうことを解決したいのか聞いてみてください。意外なニーズに気がつけるはずです。ちなみに前述例の「脱毛 メンズ 注意点」というキーワードでヒアリングをしたところ、「値段が気になる」「できればサポートが厚い会社を知りたい」という検索ニーズからは判断できなかったニーズが見つかりました。

マインドマップ

ここまでライティングの市場調査ができたら次はその情報をどの順番でユーザーに伝えるか検討しましょう。

ちなみにこの記事を書くために以下のようなマインドマップを作成し、ユーザーが読んだ時にスムーズに情報が入るように順番を考慮してライティングを行なっています。

このマインドマップを作成することで、ライティングの抜け漏れ防止にもつながるため必ず作成しましょう。

SEOを意識したリライト方法

ライティングが終了しても、SEOライティングは終了ではありません。書いた記事の順位を日々チェックし、もし上位表示しない場合にはテコ入れが必要になります。

上位表示している記事の多くは、リリースから時期をみて更新が行われています。SEOを意識した更新はもちろん、情報が古くなったものは新しい情報を入れて書き直しています。SEOはビジネスと同じで、停滞しているとなだらかに順位が落ちやすいのです。

リライトのタイミング

リライトするタイミングですが、すでにSEOを意識せず書いた記事がある場合、上記の競合分析を1からやり直しSEOを意識したコンテンツに書きかえましょう。SEOを意識せず上位に表示されているのならさらなる上位化の可能性があります。

「SEO意識して書いたが上がってこない記事」の場合、数ヶ月後にGoogleが評価していきなり上がってくるというケースも少なくありません。そのためリリースから1−2ヶ月は様子をみて、それでも上がらない場合については再度競合分析をし直して、自分の漏れているところを確認しましょう。

SEOライティングの際に気を付けること

ライティングの際、初心者の方がミスしがちなポイントをまとめました。

  • コピーコンテンツはダメ
  • ただ文字数を多くすればいいわけではない。
  • 語尾は統一、オススメはですます調
  • 真似だけではなく、自分なりの見解を添える
  • 言いたいことではなく知りたいことに答える

この中で、一番大事なのは、「言いたいことではなく知りたいことに答える」ということです。よく、「自分の商品を知ってほしいからそのページを作って、タイトルに対策キーワードを入れればいい」という方がいますが、今のGoogleはそれでは上位表示しません。

 

まずは、自分がいいたいことではなく相手が知りたいことにフォーカスして記事を書いてみてください。

まとめ:SEOはユーザーのことを最後まで考えた人が勝つ

SEOは毎年、どんどん難しくなっています。片手間で成功するほど甘い世界ではありません。自己中心的な記事ではなく、どんな人にも満足される記事を書いて安定した上位表示を目指しましょう。

creiveも引き続き、検索ユーザーを意識した双方が満足する記事を発信してまいります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

YURI
Webマーケティングが好きです。Twitterはこちら、Blogはこちら。寄稿依頼もお待ちしております。

関連する記事

Recommended by