パスワードiPhoneアプリ作成してみよう(Part2)

公開日:2016/03/18
更新日:
iPhoneアプリ開発

top

みなさんこんにちは。Yuta Fujii(@HofuCamera)です。

今回は「パスワードiPhoneアプリ」の続きでSNSへ投稿するという部分を開発していきたいと思います。前回の続きは(こちら)

このアプリはパスワードをあらかじめ設定しておいて、そのパスワードが合っていたら次の画面へ、違っていたら現状維持という概要のアプリになっています。

《前回までの講座》


iPhoneアプリ開発の環境を整えよう
iPhoneアプリ開発に必要なこと
プログラムなしで、 レッドカードiPhoneアプリを開発してみよう
プログラムなしで、カラフルカードアプリを開発してみよう
お気に入りのサイト集アプリを開発してみよう
ノートメールアプリを開発してみよう(Part1)
ノートメールアプリを開発してみよう(Part2)
10秒で止める「ジャストタイムiPhoneアプリ」を開発してみよう(Part1)
10秒ジャストで止めるゲーム、ジャストタイムアプリを開発してみよう(Part2)
嘘電話アプリを開発してみよう
【超かんたん!】パスワードiPhoneアプリ作成してみよう(Part1)


SNSへ投稿する準備

フレームワークを使用する

それでは作成していこうと思います。

まず、下記のように左側passwordという箇所をクリックした後、下の赤い部分(+の部分)をクリックします。
xcode_pass1

すると、Social.frameworkと検索し、Addをクリックします。これで、SNSへ追加する準備が完了しました。
xcode_pass2

xcode_pass3
続いて画面を構築していきます。

SNSへの投稿用ボタンを画面の上へ追加しましょう。Buttonを右側からドラッグ&ドロップしていきます。
xcode_pass4
そして名前を「SNSへ投稿する」と変更します。ダブルクリックで変更可能です。
続いてプログラムを同時に見たいので、右上の赤い箇所をクリックします。
xcode_pass5
これでプログラムをみることができるようになりました。
xcode_pass6
次にSNSへ投稿するボタンをクリックした際に動作させる箇所を作っていきます。
左側SNSへ投稿するボタンを選択した状態でキーボードでcommandを押した状態でプログラムの方へドラッグ&ドロップします。
xcode_pass7
メソッドの名前を決めます。ここではshareと名づけました。
xcode_pass8
最後に下記もようにプログラムへSocial.frameworkを使うことをしめしてあげます。
これで使えるようになりました。
xcode_pass9

パスワード突破後SNSへ通知する

xcode_pass10 
更に下記のようにコードを加えます。

   SLComposeViewController *vc = [SLComposeViewController composeViewControllerForServiceType:SLServiceTypeFacebook];  
  
    [vc setInitialText:@"パスワードを突破しました"];

    [self presentViewController:vc animated:YES completion:nil];

Social.frameworkを使用してSNSへ投稿する際は、このコードがテンプレートとなっています。

重要なのはSLServiceTypeFacebookという箇所です。

このSLServiceTypeFacebookはFacebookへ投稿することを明示してあるのですが、これをTwitterやWeiboに変更することもできます。試しに変更してみたい方は、SLServiceTypeFacebookのSLServiceTypという部分でeを押してみてください。すると、予測でいろいろなTypeが出てきます。

コードの説明をします。

1行目で投稿準備画面のタイプを決めます。(FacebookなのかTwitterなのかWeiboなのかなど)

2行目で実際に投稿する際にはじめから入力しておく文字を決めておきます。もしここが空の場合、何も文字がセットされていない状態になります。

3行目でこの準備された画面を呼び出しています。

シミュレーターで確認してみよう

それではシミュレーターで確認してみましょう。
まず、パスワードをaiueoと決めたので、Textfieldへaiueoと入力してパスワードを突破します。
xcode_pass11
すると、SNSへ投稿するボタンを画面が遷移しました。
xcode_pass12
そしてSNSへ投稿するボタンをクリックすると、通常は投稿画面が現れます。

また、シミュレーターで試す場合は、このようなアラート画面が出てきます。

これはシミュレーター内にFacebookアカウントを登録してくださいということを意味します。
xcode_pass13
Settingをクリックすると、このような画面が出てくるので、User NameとPasswordを入力してSign inをします。
xcode_pass14
すると、今度はちゃんと投稿準備画面が表示されました。
Postをクリックすると実際に「パスワードを突破しました」と投稿されていることがわかります。
xcode_pass15

最後に

どうでしたか?
このようにSocial.frameworkを使うことで簡単にSNSへ投稿することが可能になります。
さらに、FacebookやTwitterなど、さまざまな場所を選択できるようになったこともよかったと思います。
ぜひオリジナルアプリを作成する際は、参考にしてみてください。

この記事を書いた人

yuta
知識ゼロからプロのInstagram風画像加工iPhoneアプリを作る 特別クーポン配布中! 詳しくはこちらから! エンジニアでプロデューサー ピーターティールが大好きです! Twitter:Yuta Fujii 質問はお気軽にどうぞ!