最近話題になったデザインに関する6つのエントリー(2016年2月編)

公開日:2016/03/10
更新日:
デザイン

design

3月になりましたので、2月中に話題になった「デザイン」に関するエントリーをご紹介します。

今月は商品の「パッケージデザイン」に関する記事が目立っていたのが特徴で、そのほかにもデザイン組織の作り方、デザイナーとしての自分の幅を広げる方法が記載されたエントリーが話題となりました。

興味がある記事があれば、ぜひ訪れて読んでみてください。

店頭で目立つ容器は古い?

リセッシュ

アスクルが個人向け日用品通販サイトである「LOHACO」で、独自商品の販売を開始して話題となりました。

発売した商品は、花王の消臭・除菌スプレー「リセッシュ」と、キリンビバレッジの新商品「生姜とハーブのぬくもり麦茶moogy(ムーギー)」の2点。
moogy

店頭で目立たせる必要のない“EC専用商品”だからできる独自のデザインを取り入れ、使う人の生活によりなじむデザインを追求。

普段の生活にいかに馴染むか? そんなインテリアのようなパッケージデザインが求められる時代となっています。

リセッシュは、まるでインテリアの一部になるように天然石をイメージしたパッケージに、moogyはアクセサリーのように自分の気持ちを表せる商品としてデザインされています。

家電業界でもこの流れがきていましたが、様々な商品でも今後目にすることとなりそうです。

店頭で目立つ容器は古い? 花王、キリンがEC専用デザイン

パッケージデザインが素敵な、日本の食品・飲料29選

th_1
THE BAKE MAGAZINEで書かれた、こちらの記事も商品のパッケージがテーマです。

日本の綺麗なパッケージデザインの商品を、29個集めた記事が話題となりました。

「人は見た目が9割」と言われるように、商品における「パッケージ」も購入につながるきっかけとして、とても大きな役割を担っています。商品を購入する前に、まずその商品に興味を持つという前段階が必要となるので、そのフックとなります。

th_03_2-1

この記事に並べられた29のパッケージは、眺めているだけでなんだか心が安らぐ商品ばかり。デザインの見せ方、レイアウトの参考になります。

パッケージデザインが素敵な、日本の食品・飲料を集めました <29選>

デザイン組織を作って実行したこと

こちらのスライドでは、DeNAでデザイン組織を立ち上げた時に実行したことの詳細が事細かに書かれています。

今まではグラフィックデザインだけだったデザイナーの仕事を、サービスの価値を高めるためのUI設計まで含む方向へとシフト。

非デザイナーでも理解できるようにいかにデザインを言語化し、環境を変えられるかの重要性について述べられています。

「いいデザインが作れる組織は、エンジニアのモチベーションも上がり品質自体も向上する。」という最終的に描いた思いがあったからこそ、ここまでの組織を作れたんだと思います。

デザイン組織を作って実行したこと

メニューのデザイン「15のUXガイドライン」

menu

メニューのデザインに関する、15のUXガイドラインが話題となりました。

アプリでもWebサイトだったとしても、ユーザーはメニューによってコンテンツを探し出し、機能を利用します。要するにユーザーの移動の手助けは、サービスにおける最優先事項だということ。

どんなにかっこいい機能だったとしても、それをユーザーが見つけることができないなら無意味です。メニューにふれるユーザーの苦労をいかになくすかの方法がガイドラインとして描かれています。

メニューのデザイン:ユーザーを手助けする、15のUXガイドライン

グラフィックデザイナーに学ぶ、表現の幅を広げるためのヒント

expand-designing-expression-with-graphic-design-tips-3

デザイナーとして日々の制作に向き合っていると、アクセントのつけ方がいつも同じだったり、発想やデザインが似たようなものになってしまうことも。

そんなマンネリしているデザイナーの方に向けて、アートディレクター・デザイナーである横山 徳氏が幅の広げ方について話しているエントリーです。

expand-designing-expression-with-graphic-design-tips-4

“◯◯っぽい”を大切にするという考え方や、デザインのアイデアを100案出してみるという具体的な方法や、制作が行き詰ったときは思い入って一切何もしない。といった思い切ったアイデアまで実践に役立つ話がつまっています。

グラフィックデザイナーに学ぶ、表現の幅を広げるためのヒント

制作会社と事業会社のデザイナーの仕事の違い

6b867db9d37038ca5377333a9399a12e_s

女性向け転職サービス「LiB」で働く、灰色ハイジ氏のcreiveへの寄稿記事です。

はてな、博報堂アイ・スタジオ、Lib、フリーランスと様々な形態の会社で働いた彼女が、制作会社と事業会社のデザイナーの仕事の違いを実体験から描いたエントリーです。

もし就職活動や転職活動を考えているデザイナーさんで「制作会社」と「事業会社」どちらに行くのが良いんだろう?という悩みを持っている方がいらっしゃいましたら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

制作会社と事業会社のデザイナーの仕事の違いって? これから就職や転職を考える人へのおすすめポイント

2月のデザイントレンドまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はパッケージデザインや、自分の幅の広げ方、デザイン組織の作り方などユニークなエントリーが多かったです。

今後もcreiveでは、引き続きデザインに関するトレンドを配信していきますのでよろしくお願いいたいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

Kaz Hozmii
creive編集長。Twitter:@hozmii /