見るだけでリーダーシップ論が学べるおすすめTEDプレゼン動画4選

アイデア

近頃「リーダーシップ」という言葉が飛び交っています。

スポーツ界だけでなく、政界にしても、身近なコミュニティにしても、先行きの見えない時代だからこそ、率先して方向を指し示すリーダーが求めらています。

では、そもそもリーダーシップとは何なのか?どうすればリーダーシップをとることができるのか?

今回は、見るだけでリーダーシップについて学べる4つのTEDの映像をご紹介します。経営者や部長、課長だけでなく、Web業界、看護師やアパレル業界まであらゆる集団に属する人にとって役立つ内容ばかりです。

リーダーシップ とは

では、そもそもリーダーシップとは何か?リーダーとは何か?ということを定義しておきます。

リーダーシップの意味

リーダーシップとは、自己の理念や価値観に基づいて目標を設定し、その実現する体制を構築しながら、様々な課題を解決する行動力のことを指します。別の言い方をすれば、目標を達成するために、人を巻き込み動かす力とも表現できます。

リーダーシップは、天性に基づくものだという主張が強かったですが、最近では日々の努力の積み重ねによって「後天的」に磨かれるものだいう認識も広がってきています。

リーダーとは

リーダーシップをとる「リーダー」という人物像は、最も地位のある人や偉そうにしている人を指すのではなく、チームについての責任を最も負っている人のことを指します。

リーダーはまず現実を定義し、それから、自分たちが向かう方向性、組織の目的やビジョンを掲げるのが役割です。そのビジョンを成し遂げるために、集団をつくり実行に移すリーダーシップが求められます。

それではリーダーシップに関する4つの映像をご紹介します(PCの場合映像右下にある字幕を日本語に設定してください:スマートフォンではうまく字幕が表示されない場合があります)。

優れたリーダーはどうやって行動を促すか

サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか

人間は「何を」ではなく、「なぜ」によって動かされます。

スティーブ・ジョブズ、キング牧師、ライト兄弟はなぜ成功したのか?サイモン シネック氏は、偉大な人々の考えや行動にある共通点を見つけました。

説明する時や、想いを伝えるとき
「What」→「How」→「Why」
ではなく、
「Why」→「How」→「What」
という形で伝えるべきだということです。

それを定式化したものが「ゴールデンサークル」という方式。その方式に従って、なぜAppleが売れて、DELLが売れないのかという具体例とともに説明します。

単純な商品の機能的説明ではなく、「何をしたいか」によって語られる商品は、その考え方に共感する消費者が、会社のためではなく「自分のために」に商品を購入します。

社会運動はどうやって起こすか

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」

人を巻き込んだりしたムーブメントを起こすのはどうするべきか?

とある3分間の有名な動画を例にあげ、デレク・シヴァーズがリーダーシップの在り方について語ります。

リーダーは1人ではリーダーにはなれないということ。リードする相手がいるからこそ「リーダー」となります。ということは、フォロワーは何でも無い人を、リーダーに変える力をもっています。ここで大事なのはリーダーは、最初のフォロワーを対等に扱わなければならないということ事です。

リーダーをリーダーにしたのはフォロワーであり、 あなたが本当に運動を起こそうと思うなら、すごいことをしている孤独なバカを見つけてについていき、他の人々にもその方法を示すことかもしれません。

偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ

イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」

指揮者であるイタイ・タルガム氏が、タイプの異なる偉大な5人の指揮者を例にとって、それぞれのリーダーシップの特徴や問題点について語る映像です。

威厳や権威だけで、人々をあなたのパートナーにすることはできません。それでは、オーケストラの演奏家、1人1人の個性を引き出しながら最高の演奏に仕上げるようにするためには、どういったリーダーシップが必要なのか?

この映像では、トップに立つすべての人にとって、リーダーシップに大切なこととは何かが学べます。

集団のリーダーシップ

私たちは誰もが「集団」を形成します。

集団とはチームよりは大きく、20人から150人ほどの集まりのことで、社会では、このような集団内でいろいろな仕事が行われています。

経営学の教授であるデビッド・ローガン氏が、学校や職場、そして運転免許センターなどで人間が自然と形成する、5種類の集団について説明します。

リーダーは、5つの文化ステージを理解して、そのステージに合わせた話し方ができるかどうかが大切だと述べています。

大事な問いは「あなたが属している集団は、どういう種類の影響を与えてるのか?」ということです。

最後に

いかがでしたか?

4つの映像から「リーダーシップ」が何なのかということについて学べたかと思います。

集団に属している限り、自分がリーダーになる可能性が常に目の前にあるので、機会があれば思い出して見直してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me