アイデアが秀逸!Vineを用いた企業のプロモーション事例12選【国内・海外】

公開日:2014/09/01
更新日:
プロモーション

スクリーンショット 2014-09-01 2.39.43

Twitter社が運営する最長時間6秒のショートムービーサービス「Vine(ヴァイン)」

個人が手軽に思い出やクリップしたい瞬間などを撮影し、6秒という短時間で表現できることから、世界中で爆発的にヒット。
日本でも、Vineを上手く活用して女子高生が有名になるなど、学生などの若い層にもどんどん広まってきています。

スクリーンショット 2014-09-01 2.38.25

一見、個人のユーザーばかりが使っているイメージですが、実は企業もVineを使ってプロモーションを行う事例が増えてきています。
なぜならば、6秒という短時間だからこそ、端的に魅力を伝えることができ、見ているユーザーを飽きさせずに短時間でプロモーションができるというメリットがあるからです。
そこで今回は、Vineを上手く活用している企業のプロモーション事例をご紹介します。

(今回は、ユーザー参加型ではなく、企業が公式で作っているプロモーション動画の紹介です。)

森永製菓

Vineを上手く活用し、自社で数々のVine動画を出している森永製菓。
自社の製品であるお菓子を使用し、面白いテーマで動画を作成。
6秒で、お菓子の魅力が伝わります。

他にも、特設ページからたくさんの動画を見ることができます。

UNIQLO

UNIQLOが始めて話題になったアプリ「UTme!」の使い方を説明する動画です
UTme!は、スマホで絵を描いてシェイクするだけで、簡単にオリジナルデザインのTシャツをつくることができるアプリで、その手軽さという点を6秒で上手く伝えることができています。

Dunkin Donuts

アメリカのファストフードチェーン、「Dunkin Donuts」が自社製品であるドーナツを使って、記念日である「ナショナル・ドーナツ・デー」のプロモーションをしている動画です。
トッピング用のとチョコの上にドーナツを置いたとおもったら、トッピングチョコが流れて、ナショナル・ドーナツ・デーの文字が出現する楽しい動画です。

Burberry

イギリスの有名ファッションブランド「Burberry(バーバリー)」のバッグを使ったプロモーション動画。
2013年に発売された秋冬コレクションのバッグを6秒間で紹介。
短時間ですべてを見れて、気になるバッグがあれば後からチェックできる点で、ユーザーにとっても楽しくラインナップがチェックできるメリットがあります。

メンズウェアの2014年春夏のファッションショーを使ったVine動画もあります。

NordStorm

世界的に有名な老舗高級デパート「NordStorm」の、ファッションショーを利用したプロモーション。
ファッションショーで次々に入れ替わるモデルたちを同じ場所で撮影し、次々とファッションが切り替わっていく様子を表現。
Vineの特性でもある無限ループを上手く活用している好事例です。

フォード

アメリカの有名自動車メーカー「フォード」の製品である自動車を使用したプロモーション。
遠近法を上手く利用し、まるで指で自動車を押しているように見せる面白い動画です。

絵に描いた自動車がリアルなミニカーになり空を飛んで行くという非常にユニークで楽しい動画もあります。

Revlon

アメリカの化粧品メーカー「Revlon(レブロン)」の新作口紅を紹介するVine動画。
紹介されている新作口紅は、「食事をしても1日中口紅が落ちない」ことが特徴。
それを伝えるために、時計の秒針に見立てた口紅で、1日の流れを6秒に凝縮しています。

大塚製薬

大塚製薬から発売されている清涼飲料水「ポカリスエット」のプロモーション動画。
「日常の渇きと、それを潤すポカリスエット」というテーマのもと、ミニチュアのような情景を表現する建築模型のブランド「テラダモケイ」の強力のもと、日常の乾きを表現しているVine動画を、特設ページにアップしています。

ナビスコ

ナビスコのクッキー「オレオ」ですが、そのまま食べても勿論美味しいのですが、牛乳にひたして食べると更に美味しいです。
しかし、いつでもコップがあるとは限りません。
そんなときにどうすればよいかという解説動画をVineで紹介しています。

ちなみに、マジック動画や、面白ネタ動画などもあります。

Trident Gum

トライデントガムのプロモーション動画。
道に落ちていたトライデントガムを女性が拾った瞬間に、後ろのダンボールの山から突然男性が。
驚きと面白さ、楽しさを上手く6秒におさめたアイデア動画です。

Lowe’s

アメリカの住宅リフォームや家電チェーンの「Lowe’s(ロウズ)」の事例。
床に汚れをわざとまき、商品である布1枚だけで床を綺麗にすることができるということを簡単に紹介した動画です。
Vineを使えば、たった6秒で製品の魅力や強みをアピールできるということを証明しています。

ウルヴァリン

2013年9月に公開された映画「ウルヴァリン: SAMURAI」の告知を、Vineを使ってプロモーションした事例。
いちはやく公開され、監督自身がTwitterで発信したことで、Twitterを中心に大きな話題になりました。
お金がかかる映画のプロモーションを、ミニマムに行い成功した好事例です。

最後に

いかがでしたか?

アイデア次第で、お金を極力使わず手軽に商品や企業の魅力を伝えることができるVine。
まだまだ国内では事例が少ないのが現状ですが、海外では様々な業界の企業がVineでのプロモーションに力を入れています。

もし、あなたの会社でもできそうなことがあれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ほづみかずゆき
1989年兵庫県出身。SEOと編集を主な領域としつつ、WordPressからフロンドコーディングまでやります。ベンチャー2社でWebディレクター兼マーケターを経て、株式会社IREMONOを創業。 @hozmii