見せ方がうまい!インフォグラフィックを利用した7つのWebサイト

infographic02

こんにちは。

今回は、インフォグラフィック(情報やデータを視覚的に表したもの)を利用した見せ方が上手な7つのWebサイトをご紹介します。

日本の人口推移

infographic01
日本の人口推移 1950~2050

日本の人口推移は、1950から2050年にかけての日本の人口推移をわかりやすく表示したWebサイトです。

年代をすすめていくと若者世代が減っていき、考えさせられる表現になっています。

NIPPON COLORS(日本の伝統色)

infographic00
NIPPON COLORS(日本の伝統色)

NIPPON COLORSは、日本の伝統色がリストで表示されるWebサイトです。

ある色をクリックすると、全画面にその色合いが表示され、色の名称やCMYK、RGBが一目でわかります。WebKitを用いたウェブブラウザがサポートする技術を使っているために、ChromeとSafariでのみで閲覧可能となっています。

物語の可視化

infographic06
物語の可視化 – ドラゴンボールの物語と戦闘力化

ドラゴンボールに登場するキャラクターを1つの「円」として表現し、その場面ごとに円の大きさでキャラの強さを表しているWebサイトです。おもしろい。

宇宙ヤバイを可視化

infographic03
宇宙ヤバイを可視化

上記のドラゴンボールの物語と戦闘力を創ったantlabo(あんとらぼ)氏の次の作品です。

サイトを開くと「月」と書かれた円形が最初に落ちてきて、それから「地球」などの様々な惑星が降ってくるWebサイト。恒星の直径を円の大きさで比較しています。

市場規模マップ

infographic05

→ 市場規模マップ (HTML5版)

市場規模マップは、様々な市場規模をマッピングし表現したWebサイトです。

データ自体はxlsファイルでダウンロードすることも可能です。見ているだけで何か事業のヒントになるかもしれませんね。

Music Timeline

infographic04
Music Timeline

クリックするだけで、視覚的に音楽の歴史をジャンル別に表示してくれるWebサービスです。

アーティストのアルバムを時系列に並べることもできます。

ウェブの進化

infographic02
ウェブの進化

ウェブ技術とブラウザの関係と歴史が、一覧できるWebサイトです。

World Wide WebやHTMLの仕組み、Cookie、JavaScript、Flashなどの技術と、それらを実装してきたブラウザの技術の歴史がまとめられています。(Google Chromeチームが協力して制作されています)

いかがでしたか?

見せ方がユニークでインスピレーションを受けるサイトばかりでした。インフォグラフィックの参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me