世界が注目するグロースハックとは?理解に役立つ3つの記事と4つのスライド

公開日:2014/03/15
更新日:
学び

iphone

こんにちは。

今日は、製品やサービスを急速に成長させる手法として注目されている、グロースハック(Growth Hack)についてご紹介します。

グロースハックとは?

グロースハック(Growth Hack)とは、企業における新たなマーケティング手法のことで、製品やサービスを急成長させる手法を意味する言葉です。広告費やマーケティング費用を大量にかけずにすむ方法としても注目されています。

Growthは「成長」、Hackerは「コンピューター技術に精通した人」という2つの言葉を合わせた造語で、ショーン・エリス氏(Qualaroo CEO)によって2010年に提唱された言葉です。現在では、シリコンバレーを中心に主にIT業界で用いらる言葉ですが、本来はITに関わらずどんな商品でもグロースハックの対象となります。

growth hack

具体的にいうと、プロダクトやサービスの成長のために、ユーザーのことや市場のニーズを把握し、数値などを分析して仮説をたて製品の改善を繰り返す行為です。しかも高速にまわしてユーザー増に貢献し、次の施策へつなげてきます。

そしてグロースハックを行うことのできる人物を「グロースハッカー」と呼びます。(そういったキャリアも2010年あたりに登場)

海外の事例

イメージをわかせるために、海外で行われた事例をいくつかご紹介します。

Hotmail
文末に一行の文言とURLのリンクを載せ、半年以内に100万人のユーザーを獲得する。(ユーザーが使う全てのメールの最後に「Get your free email at Hotmail」 という文言をのせる)

Twitter
新規登録時に5人のユーザーをフォローさせることによって、MAU(ある月に1回以上活動のあった利用者の数)が4倍になる。

Dropbox
Dropboxを紹介すると、紹介した側もされた側も500MBの容量が追加される。Dropboxの登録数の60%が友人による紹介になる。

Quora
新規登録の際のボタンの横に、すでにアプリを使っている自分の友達のアイコンを表示させ新規登録率が20%向上する。

などなど、上記のように広告費やマーケティング予算を大量にかけず、アイデアや仕組みでユーザーを増やすことに成功したサービスが多くあります。

それではグロースハックについて書かれた、参考になるスライドと記事をご紹介します。

グロースハックに関するスライド

クックパッドとZaimのグロースハックについて

桜新町の主婦が教えるGrowth Hack

有名サイトのGrowth hackテクニックいろいろ

ボケてが300万DL到達までに行ったグロースハックを少し紹介

基本的なところから実例まで、実際に行われたグロースハックが紹介されているスライドです。

グロースハックに関する記事

月間34億PV、新規会員登録1日1万人! pixiv片桐代表が明かす、驚異のグロースハック術

nanapiが人力でやっている細かすぎるが効果的なグロースハック #on_lab

スマホUI考(番外編) UIやUXを劇的に改善する、『ビッグオー駆動型開発』とは

こちらの記事は有名なので知っているかもしれませんが、サービスを大きくする上で必要なことがわかりやすく描かれています。

いかがでしたか?

こういった成功事例を参考に、自分が関わる製品やサービスにいかしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me