ピクトグラム制作を競う「Pictathon(ピクタソン)」の第3回目が開催決定!

公開日:2014/02/23
更新日:
PR

pictathon

過去に2回開催され好評だった、ピクトグラムの制作をハッカソン的に競うクリエイターのためのイベント「Pictathon(ピクタソン)」の第3回目が、2014年3月9日(日)に開催されます。

2014年3月9日にco-ba libraryで開催!

スクリーンショット 2014-02-23 15.05.24
Pictathon – Pictogram × Hackathon「ピクタソン」 / 2014年3月9日に第3回開催決定!

ピクトグラムといえば、トイレや非常口などの公共施設でひろく利用されている、シンプルなグラフィックデザインで表された記号のことです。プログラミングのスキルを競う「ハッカソン」と、この「ピクトグラム」を組み合わせたのが、今回開催される「Pictathon(ピクタソン)」です。

エンジニアたちがアイデアと、プログラミングのスキルを競うハッカソン。シリコンバレーではもちろん、いまや日本でも様々な企業が主催し行われています。このハッカソンと、ウェブサイトやアプリケーション、公共施設等のナビゲーションとしていまや欠かせぬ存在のピクトグラムを組み合わせたのが「Pictathon(ピクタソン)」です。2013年7月27日に第1回が開催され、その後も定期的に行われています。

非言語コミュニケーションの鍵とも言えるピクトグラムは、世界的に見てもユニークな言語を使っている日本人こそが積極的に向かい合っていくべきものです。Pictathonでは設定されたテーマのピクトグラム制作で競い合っていただくことで、クリエイターのスキル向上、ピクトグラム文化の振興を目指します。

過去に2回開催され、前回の様子はアスキークラウドでも紹介されていますので、参考にどうぞ。
ASCII.jp:ピクタソンはデザイナーよりも社員教育に活かすべき。

プログラミングやグラフィック系のソフトの操作が出来なくても紙に絵を書くことが出来る人であれば、誰でも参加できます。前回は、15歳〜40代まで幅広い年齢層の人が参加し、大盛況だったようです。

主催者のカズワタベ氏(@kazzwatabe)は、自身のブログで下記のように話しています。

2020年に東京オリンピックの開催が決まり、ピクトグラムの重要性は今後増していく一方だと思います。デザイナーのみなさんにはぜひPictathonにご参加いただき、その制作スキルを向上させていただければと思います。
2014年3月9日にPictathon vol.3開催決定。参加デザイナー、イベントスポンサー募集中です! | カズワタベ / kazzwata.be

ちなみに、優勝賞品はiPad mini Retinaです。

スクリーンショット 2014-02-23 15.33.24

「無駄なものを削る」能力、「本質を見極める」能力が必要とされる現代で、ピクトグラム制作の重要生はますます高まってくると思います。こういった能力を身につけたい、ピクトグラムを制作したい方々は、是非参加申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

Pictathon – Pictogram × Hackathon「ピクタソン」 / 2014年3月9日に第3回開催決定!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me