目の疲れで悩むあなたに!疲れ目を解消&予防できるおすすめグッズ

公開日:2014/01/27
更新日:
身体・健康

origin_8385422957

こんにちは!

長時間のデスクワークで、PCの画面を何時間も見ている人は、目を労っていますか?
特に、デザイナーやエンジニアなどのクリエイター職の人は、長時間同じ姿勢で、同じ距離でピントを合わせたままになり、目の疲労、いわゆる「目疲れ」を起こしやすい人が多い傾向にあります。

疲れ目は、頭痛や肩こり、吐き気などの症状にもつながる場合もあるので、適度に目の疲れを解消してあげることが大切です。

今回は、そんな疲れ目解消におすすめのグッズを紹介します。

疲れ目の解消といえば「目薬」

定番中の定番ですが、目の疲れといえば目薬は外せません。

目の疲れを手軽に解消できる目薬には、いくつかのビタミンが含まれており、目に潤いを与えるのは勿論、炎症を鎮める作用があったり、血行促進など目に良い様々な効果をもたらしてくれます。

目薬を使う際は、自分に合った目薬を、用法用量を守って使用しましょう。

ロートの目薬・ロート製薬株式会社

筋肉をほぐして目疲れ解消!「あずきのチカラ 目もと用」

あずきのチカラ 目もと用
桐灰化学 (2008-10-14)
売り上げランキング: 47

目の疲れを解消する方法のひとつとして、眼球や眼球の周りを温めることにより筋肉をほぐし、血液の流れを良くしてあげるというのが効果的です。

このあずきのチカラは、アイマスクの中にあずきが入っており、電子レンジで温めて使用することができます。
あずきは、他の穀物や豆類とくらべても水分が圧倒的に多いため、レンジで温めることにより大量の天然蒸気が出て目の周りの筋肉をほぐしてくれます。

レンジでちょっと温めるだけで使用できますし、繰り返し使うこともできる(約200回!)ので、とても経済的です。

本格的に目疲れ解消!「Panasonic 目もとエステ シルバー調 EH-SW50-S」

Panasonic 目もとエステ シルバー調 EH-SW50-S
パナソニック
売り上げランキング: 3,519

アイマスクだけじゃ物足りない!そんな人におすすめなのが、この目もとエステです。

ほどよいスチームによって目もとをしっかりと保温してくれ、エステティシャンの手技に学んだというリズムタッチで目の疲れを癒してくれます。

少し値段は高いですが、サイズもコンパクトでどこでも気軽に本格的なマッサージできるので、一つ持っておくと良いかもしれません。

オフィスや外出先で気軽に目を労れる「USBホットアイマスク」

レンジで温めるのは煩わしいし、目もとエステほど本格的じゃなくてもいいという人には、USBホットアイマスクというものがあります。

値段も安く、USBにつなぐだけで目の周りを温めることができます。
また温度調節機能もついているので、自分にあった温度で使用できるのもポイント。

会社や外出先などで、ちょっとした休憩にすぐ使えるのが良いです。

疲れ目予防の定番!「JINS PC チタンハーフリム クリアレンズ」

少し前に様々なメディアで取り上げられ話題になったPCメガネ、「JINS PC」です。
PCやスマートフォンから発せられるブルーライトを約35%カットしてくれ、目の負担を軽減してくれます。

デザインも様々で、一見普通のメガネと見た目が変わらないので、まだ使ったことがない人で日常的にPCやスマホを触る人は、使用してみてはいかがでしょうか?

目の疲れもフィルムで簡単予防「ブルーライトカットフィルム」

上記であげたPCメガネでブルーライトをカットするのも良いですが、普段メガネをかけない人の中には煩わしく感じる人もいるかと思います。

そんな人は、PCのスクリーン自体にブルーライトをカットするフィルムを貼ってみてはいかがでしょうか。

大体のPCにフィットするサイズのものが販売されていますので、切らずにそのまま使用できる場合が多いです。

できるだけ目を疲れさせないように気をつけよう

いかがでしたか?

もしまだ使ったことがないグッズがあれば、是非一度試してみてはどうでしょうか?

目は非常に大切なので、常に労ってあげたいですね!

以上、「目の疲れで悩むあなたに!疲れ目を解消&予防できるおすすめグッズ」の紹介でした!

【オフィスで眠くなったら下記の方法を試そう】
どうしても眠い!そんな時にオススメな眠気覚ましの方法12選

【デスクワークで肩が凝ってきたら・・】
肩こりを5分で解消!デスクワーカー必見のストレッチ・体操方法をご紹介

この記事を書いた人

           
        creive編集部            
           
            

                    

          
  creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me