【速報】アップル新iPhone発表!4から5S&5Cまで詳細比較リスト《何が変わったのか》

公開日:2013/09/11
更新日:
ガジェット

iphone_top

こんばんは。

本日(2013年9月11日)行われた、Appleの新iPhoneの発表の速報をお送りします。

〜今回の発表のポイント〜

・5Cと5Sの発売!
・カラーバリエーションが豊富に!
・ドコモからも発売が決定!

5S&5Cスペック表

ag

iOS7は9月18日にリリース

フラットデザインで話題を呼んだ「iOS7」は、2013年9月18日にリリースされるそうです。

200もの新機能が搭載され、バグも修正。

対応端末は、iPhone 4以降、iPad 2以降、iPad mini、iPod touch 5代目以降。

iOS7の機能紹介

今回のiOS7で、追加される機能及び進化する機能は下記のとおり。

検索機能

ホームスクリーンをプルダウンすることで、すぐに検索ができるようになる。

Siriがアップデート

Siriがより賢くなるとのこと。

ツイッターからツイートの検索や、ウィキペディア検索、写真検索など、現在のSiriより検索機能が進化するそうです。

着信音

着信音やアラート音が追加、及び変化します。

より自分好みの設定が可能になるとのこと。

カメラ

撮影した写真をその場で加工できるフィルター機能や、簡単に綺麗な写真が撮影できるイージーモードを搭載。

また、カメラロールが進化し、「Moments」というグループ振り分け機能に入れ替わります。

これは、撮影した写真を自分好みに簡単に振り分けができる機能です。

iWork

Keynote、Pages、Numbers、 iPhoto、iMovieが新iOS7で全て無料ダウンロード可能になります

iPhone5Cは9月20日発売!

5C

注目のiPhone5Cですが、予約は9月13日よりスタートし、9月20日に発売です!

カラーは、ホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーンの5色。

なんとブラックはないとのこと。

また5Cは廉価版という位置づけなこともあり、容量は16GBと32GBのみ。
プロセッサも5と同じくA6チップを搭載です。

5と違うのが、丸みを帯びた独特のデザインです。
1パーツでできた繋ぎ目のないデザインで、色鮮やかなカラーがより魅力的にうつります。

ボディに合わせて、Apple公式のカスタムケースも発売され、完全オリジナルのデザイン。
値段は$29から発売。

肝心の5Cの価格ですが、16GB、32GBともに2年契約で、

16GB → $99
32GB → $199

となっています。

iPhone5Sも9月20日より店頭発売!

5S

本命のiPhone5Sですが、カラーバリエーションは、ブラック、ゴールド、シルバーの3色。

なんといっても特徴は最新のA7チップ搭載と、指紋認証センサーです。

A7チップでより高速に

今までのCPUの、なんと2倍の速さを実現したというA7チップが搭載されています。

よりハイスペックになったことで、繊細なグラフィックを使用したゲームも、カメラの性能も、非常に快適になっているのは間違いありません。

もはやデスクトップに近い性能を誇っている模様。

近未来的な指紋認証センサー

一日に何十回もiPhoneを触る人にとって、パスワード入力は非常に手間です。
しかしセキュリティは大事ですよね。。

そこで搭載されたのが、指紋認証でロックが解除できる「Touch ID」です。

指でホームボタンに触れるだけでロックが解除され、より簡単に、より安全にアクセスできます。

美しいボディ

また、iPhoneといえば、その見とれてしまうほどの美しいボディ。

iPhone5Sは、美しいアルミニウム製のボディと、ホームボタンに組み込まれたサファイアクリスタルでより洗練されたデザインとなっています。
今ままで以上に美しいボディをはやく見てみたいですね!

ちなみに価格は

16GB →$199
32GB →$299
64GB →$399

となっています。
(勿論2年契約前提での話ですが)

新iPhoneはdocomoからも発売!

そして、前々から噂されていた通り、Docomoからも発売されることが決定しました!

これで、au、Softbank、docomoの3キャリアが取り扱うということになります。

価格についての詳細は現時点では不明ですが、今まで以上に価格競争が繰り広げられるのでしょうか。

Apple Press Info(docomo)

【Apple公式サイト】
http://www.apple.com/jp/

【Apple Store】
http://store.apple.com/jp

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me