発想力がすごい!Facebookの「いいね!」を活用したプロモーションの成功事例4選

公開日:2013/06/08
更新日:
プロモーション

social_pizza

こんにちは。

2006年に一般に公開され、世界中に広まったFacebook(フェイスブック)。

2013年初めの月間アクティブユーザー数は11.1億人(2012年より23%増)を突破しましています。

そんなユーザー数を抱えるFacebookを使ったプロモーションの中でも、アイデアに優れた印象的な成功事例を4つほど選んでみました。

The first car carried by likes!

スクリーンショット 2013-06-08 15.13.26

このプロモーションは、ユーザーのFacebookの「いいね!」を集めてシーソーで車を持ち上げ、みんなで新型の車を手に入れようというキャンペーンです。

Facebookファンページの「いいね!」がクリックされるたびに、実際に存在する箱の中に「リアルいいね!(ボード)」が入っていきます。

もしも成功して車が持ち上がったら、参加者の中から1人に新型クリオをプレゼントするというもの。

「得られた効果」

  • 60,000pv(生放送の視聴数)
  • 12,000人以上の新規ファンを獲得

動画はこちらから(英語)

Social Pizza

sp

こちらは、オーストラリアのドミノピザによるプロモーションです。

「Social Pizza」という企画で、ピザの素材である「パン生地」・「ソース」・「トッピング」の3つを、ユーザーの投票によってを決め、人気のある食材を組み合わせたピザをつくるというものです。

組み合わされたピザは、実際に店舗で販売されるというから驚きです。さらにその後、出来上がった「ソーシャルピザ」のネーミングもファンの投票から選ばれました。

動画はこちらから(英語)

World’s most “liked” showroom

ikea

オランダのIKEAのプロモーションです。

「世界で最も“Like”されたショールーム」と呼ばれるプロモーションで、WEBで展開されている商品にFacebookの「いいね!」ボタンを設置。一定の期間に「いいね!」を集めた人気家具でショールームをつくりバーチャル展示します。

そこに陳列された家具は、翌週ディスカウント価格で購入できるというアイデアです。

動画はこちらから(英語)

(実際にいつ行われるかは未定)

Nescafe – Cover Photo Display

ness1

こちらは、Nescafe(ネスカフェ)の新しい缶コーヒーを発売するためのプロモーションです。

ユーザーがFacebookページの「いいね!」を押せば押すほど、ケースの中に入っているコーヒー豆の数が減少し、新商品が見えてくるというプロモーション。

「いいね!」が1回おされるたびに、コーヒー豆が1粒ケースから取り除かれるというもので、22時間あまりで新商品がお目にかかれたそうです。

豆の減っていく様子をFacebookのカバー画像と連携させて表示しているのは特におもしろいです。

ness2

動画はこちらから(英語)

いかがでしたか?

今回とりあげたのは有名なものばかりでしたが、こういった事例をアイデアの参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

creiveの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

creive編集部
creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。▷ @creivehttp://creive.me